初めて手作りおせちに挑戦!定番レシピ13選と上手な詰め方

     
初めて手作りおせちに挑戦!定番レシピ13選と上手な詰め方

サワラの西京焼きは飾り包丁で上品に仕上げよう

出典:ナディアロゴ

冷めても美味しく日持ちもするサワラの西京焼きは、サワラの漢字が魚編に「春」と書くことからおせちによく使われます。

味噌床を作ってサワラを1日以上漬け込むので、早めに取りかかって下さい。おせち用には、飾り包丁を入れて上品に仕上げましょう。

柚子は添え物だけでなく、果汁を味噌に混ぜ込んでも風味が出て美味しく出来るのでおすすめです。

サワラの西京焼き(動画あり) by  YOSHIRO|レシピサイト「Nadia|ナディア」

塩麹&甘酒がふんわり香るブリの漬け焼き

出典:ABC Cooking Studio

塩麹と甘酒に漬け込んだブリの漬け焼きです。ブリは「出世魚」として知られている縁起物です。特に九州では「おせちにブリ」は定番と言えるほど、よく食べられています。

ブリと言えば照り焼きにすることが多いですが、漬け焼きも美味しくいただけます。フライパンではなく網で焼くと、あっさりした焼き上がりになるのでおすすめです。

詳細はレシピサイト/ABC Cooking Studioへ

常備菜にも活用できるおせち3選

おせち料理の中には普段の常備菜として活用できるものがあります。おせちにも常備菜にも「冷めても美味しく日持ちがするもの」という共通の基準があるからですね!

おせち用には飾り包丁やお正月向きの具材を使うなど、華やかに仕上てして下さい。

いろいろな山の幸が楽しめるお煮しめ

出典:ナディアロゴ

「煮汁がなくなるまで煮しめる」ことから名前がついた「お煮しめ」も意味がキチンとあります。

鶏肉やゴボウやレンコンなどの山の幸の具材を一つの鍋で一緒に煮ることから「家族が仲良く一つになり末永く繁栄しますように」という願いからきています。

この意味を知れば、野菜嫌いの子供たちも好き嫌いせずに全部食べてくれるかもしれませんね。

昔からの調理法は具材を炒めずに煮ますが、レシピではコクを出すために炒めています。どちらも美味しくいただけますよ。

煮しめ お正月用 甘くないおせち料理レシピ by  豊田 亜紀子|レシピサイト「Nadia|ナディア」

食物繊維もゴマもたっぷり♪たたきごぼう

出典:ナディアロゴ

たたきごぼうは食物繊維が豊富なゴボウをゴマで和えたおせちです。ゴボウは「地中に細く長く伸びて根をしっかり張る」ことから、お正月に限らず縁起物とされています。

また柔らかく煮たゴボウをたたいて身を「開く」ことから「運を開く」という開運の意味があります。

レシピでは叩いていませんが、茹で上がりのゴボウを身が崩れない程度に叩くのがおすすめ。開運だけでなく、調味料がゴボウによくなじみますよ。

たたきごぼう by  manngo(河野ひとみ)|レシピサイト「Nadia|ナディア」

柚子の器で風味がアップの紅白なます

出典:ナディアロゴ

紅白なますは「赤と白のおめでたい色」と「しっかり根を張る根菜」を使うことで縁起物とされています。酢と柚子の果汁を効かせた酸味は、箸休めにピッタリですね。

おせちには西洋ニンジンではなく、赤い金時ニンジンがおすすめ。鮮やかな「紅白」になります。

我が家のお節 紅白なます by  バリ猫ゆっきー(吉田由季子)|レシピサイト「Nadia|ナディア」

覚えておきたい重箱のキレイな詰め方

おせち料理には詰め方にもルールがあります。一の重、二の重、三の重と、それぞれどんなもの詰めるか決まっています。

彩りのバランスなどは普段のお弁当と変わりませんが、決まりを守ってキレイに詰めて下さいね。ここでは一般的な三段重の詰め方をご紹介します。

「祝い肴」や「口取り」が入る一の重

一番上の一の重には、「祝い肴」や「口取り」を詰めます。「口取り」とは前菜のようなもの、かまぼこや伊達巻、栗きんとんなどが一般的です。

縁起のいい焼きものや「口代わり」の酢の物が入る二の重

真ん中の二の重には、「豪華な一品おせち」でご紹介したような海老やサワラ、ブリなどの焼きものと、紅白なますのような酢の物を詰めます。八幡巻きなどの肉料理もこの段です。

お煮しめや筑前煮など煮物が入る三の重

一番下の三の重には、お煮しめや筑前煮といった煮ものを詰めます。お煮しめは箱一面に入れるのもいいですが、具材別にキレイに並べて詰めてもおすすめです。

初めてでも大丈夫!センス良くキレイに詰めるコツ

 

出典:ナディアロゴ

おせち料理をセンス良く詰めるコツは、前もってどこに何を入れるか決めることです。重箱の仕切り方にも「市松」「七宝」などのパターンがあります。詰めるおせちの種類と量を考えて決めて下さい。

初めてでもできる!「おせち」の詰め方 |レシピサイト「Nadia|ナディア」

奥が深いおせちを手作りでワンランク上のお正月を迎えよう

おせち料理には一品一品、それぞれに意味と願いがあります。「おせちは難しくてハードルが高い」と先入観を持ってしまいがちですが、深い意味合いがあると分かれば挑戦してみる気になりませんか。

全てを作るとなると大変ですが、まずは一品からでも!ぜひ「我が家のおせち」を作ってみて下さい。

こちらの記事も読まれています

1 2

レシピカテゴリの最新記事