転倒や凍結の危険も!寒波が来た時の10の対策と保存食3選

     
転倒や凍結の危険も!寒波が来た時の10の対策と保存食3選

毎年一度は日本に訪れる大寒波。大雪が降ったり、都市部でも積雪したりして大きな被害が出ていますよね。寒波はわたしたちの日々の暮らしをストップさせてしまう災害のひとつです。

この記事では、被害を受けないために、寒波が来る前に備えておきたいポイントについてご紹介します。

目次

慣れていないと危ない凍結路面を歩く3つのポイント

寒波が来たときには、路面が凍結したり雪が積もったりして歩いた時の転倒の危険も高まります。寒波のときだけでなく、降雪する地域に旅行にする際にも役立つ知識をご紹介します。

1.凍結した横断歩道は危険!ゆっくり歩いて

横断歩道は、たくさんの人や車が通るため雪が踏み固められやすく、つるつる路面になりやすい場所です。

一歩踏み出すときは特にバランスを崩しやすいので、足をそっと出してゆっくりと渡りましょう。信号が点滅しているときは渡らないように。

2.靴には後付けできる滑り止めを

裏面のゴムがしっかり効く冬用の靴がなかったり、冬靴があってもゴムがすり減っていたりして滑りやすくなっている場合におすすめなのが、後から付けられる滑り止めです。

着脱も一瞬なので、室内に入った時もすぐに取り外せます。

3.転ばない歩き方のコツは「ペンギン歩き」

凍った路面で歩いても転ばないコツは、「ペンギン歩き」です。ペンギン歩きとは、小さな歩幅で、足を高く上げず、靴の裏全体を地面につけるようにしながら歩くこと。

焦らないように時間に余裕を持ったスケジューリングも大切です。

破裂の可能性も!水道管凍結防止のための2つのポイントと備え

寒波の際には水道管の凍結にも注意しなければなりません。大丈夫だろうと何も対策をしておかず、水道管が破裂すると修理に費用がかかります。

そうならないためにしておきたい水道管凍結の対策をご紹介します。

1.家を空ける場合は「水抜き」をしてから

旅行や出張などで家を空ける場合、家の暖房を付けない日が数日続く場合は水抜きしてから出かけましょう。水道管の中に溜まっている水を出しておくことで、凍結の可能性を減らすことができます。

日中でも冷え込みそうなら外出前でも水抜きを

日中に出かける場合でも、最低気温が氷点下の場合や帰りが遅くなり冷え込みそうな場合はこまめに水抜きをしておきましょう。

水抜きの方法は、部屋の機器の説明書などを見ると書いてあるほか、賃貸であれば借りるときに管理人さんから説明を受けておきましょう。

2.蛇口を開けて少しずつ水を流し続ける方法も

水道代はややかかってしまいますが、水は流れ続けていれば凍らないため蛇口をほんの少しだけ開けて水を流し続けるというのも一つの手段です。

詳細は札幌市公式サイトへ

3.もしも水道管が凍結してしまった時のために

もしも水道管が凍結してしまった場合は、水が使えなくなってしまうため毎日の暮らしがとても大変。水道が使えないと、トイレや飲み水も出なくなってしまう場合があります。

事前に備えて他の災害でも使える、防災用の携帯トイレなどを備えておくのがおすすめです。

長期保存ができる飲料水もあると安心

生きていく上で欠かせない水は、水道が出ないからといって飲まないでいると体調が悪くなるなど身体の負担にも。長期保存ができる水があると、心持ちも安心です。

保存水と一緒に用意しておきたい!おすすめ保存食3選

寒波が来ると、鉄道が止まったり飛行機が欠航になったりするため、食べ物や日用品が品薄になることがあります。保存水と一緒に、2〜3日間の食事をまかなえる非常食があると安心です。

1.IZAMESHI Deli は素材本来の味がおいしい

 

View this post on Instagram

 

Izameshi(イザメシ)さん(@izameshi)がシェアした投稿

いつでも、どこでも、おいしく食べられるがテーマの「イザメシ」は、備蓄用としてだけではなく、アウトドアや海外旅行の携帯食としても利用されていておいしさに定評のある商品。

見た目もおしゃれで、毎日の暮らしにも馴染むデザインです。

2.長期保存できるパッケージがキュートなデニッシュ缶

 

View this post on Instagram

 

アンジェ web shopさん(@angers_web)がシェアした投稿

行列のできる京都祇園のパン屋さん「ボローニャ」発祥のデニッシュが缶詰になったデニッシュ缶は、備蓄用だけでなく、普段のおやつとしても食べたくなる優しい味わい。

雑貨屋さんなどとコラボした限定パッケージも販売されています。

詳細はBONZSHOP公式サイトへ

3.「そのまま食べられるおにぎり」は調理いらず

出典:あんしんの殿堂防災館

水もお湯もいらず、封を開けてそのまま食べられるおにぎりは特許技術により製造日より5年保存が可能。

かさばらないので持ち運びにも便利で、だしが効いた香ばしいおにぎりはほっと安心する味です。

そのまま食べられるおにぎりの詳細はあんしんの殿堂防災館公式ページへ

体調を崩さないために!お部屋の寒さ対策3選

寒波がくると室内にいてもぐっと冷え込みが厳しくなります。お部屋の中が寒いと、風邪を引きやすくなるなど体調を崩す原因にも。寒い日でもお部屋を温かく保つ方法をご紹介します。

1.寒さ対策にはまず湿度をあげることから

お部屋の温度を上げるために、まず湿度を上げるというのが意外に思う方もいるかもしれませが、同じ気温でも、湿度が高いお部屋の方が体感温度がより温かくなります。

冬場はお部屋が乾燥しがちなので、加湿器やお鍋に水を張るなどして乾燥対策をすることもお部屋の保温につながります。

手軽で可愛いペーパー加湿器がおすすめ

出典:amazon.co.jp

電気を使わず、外出時や就寝時も安心なペーパー加湿器も流行しています。インテリアにもなって可愛いアイテムです。

2.窓からの隙間風をテープでシャットアウト

お部屋の寒さの原因となるのが、窓からの隙間風。ほんの小さな隙間からでも、外の冷たい空気はせっかく温まったお部屋の気温を下げてしまうので、秋の終わり頃には対策をしておきたいですね。

たった200円でできるお部屋の寒さ対策

たった200円でできるすきまテープによる室内の保温は、簡単で安いのに効果は絶大のコスパの良い防寒対策です。さらに、モコモコのルームソックスなどを履けば寒い日でも温かく過ごせます。

3.寝る前に温かい飲み物を飲んでぽかぽか

冬の夜は寒いので、寝る前に身体を内側から温める飲み物を飲んでから寝るのも効果的です。生姜入りなどのドリンクを飲めば手足の先まで血の流れが良くなり、ぽかぽかしたまま眠りにつけます。

カフェイン入りは眠れなくなるので注意

いくら温かい飲み物でも、カフェインが入った飲み物は脳が目覚めてしまって寝られなくなるので気をつけて。コーヒーなどではなく、ホットミルクや紅茶などカフェインレスのものを選びましょう。

温度差でヒートショックにならないための2つの対策

室内でもブルブルと震えてしまうほど寒い日は、身体が急激な温度差についていけず心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方もいます。

ご高齢の両親などはもちろん、自身でも注意したいヒートショックの対策についてです。

1.脱衣所は服を脱ぐ前にシャワーで暖かく

ヒートショックに注意したい1つ目のタイミングは、脱衣所で服を脱ぎ浴室に入るとき。脱衣所の寒さが血圧が上がる原因になります。

小型の暖房の設置や、暖房が無い場合はお風呂のドアをあけて少し置いて寒暖差を小さくしてから入りましょう。

可愛いデザインで5000円以下の小型ファンヒーターもたくさん発売されているのでお気に入りを探すのもおすすめです。

2.お湯の温度は41度以下に設定

高温のお風呂に急につかることもヒートショックの原因になります。お湯の温度は41度よりも低く設定しておくと、体への負担が少なくなります。

詳細はOMRON公式サイトへ

都市部でも寒波にはしっかりとできる対策を

山間部が大雪になるのも大変ですが、都市部でも交通機関がストップしてしまうなど毎日の暮らしに与える被害は大きい寒波。

年に何度も来るものではありませんが、備えあれば憂いなしという言葉があるように、いつ起きても大丈夫なようにしておくことが大切です。

いざ寒波が来たときに慌ててしまわないように、今から対策をしておきましょう。

こちらの記事も読まれています

ライフスタイルカテゴリの最新記事