ローリングストックで賢く防災!上手に活用してしっかり備えよう

     

地震や台風など様々な災害が続き、“防災”について考える機会も増えています。すでに防災グッズや非常食などを揃えて備えているという家庭も多いですが、あなたのお家ではいかがですか?

最近では防災の一つとして「ローリングストック」という備蓄方法が注目されています。今回は注目のローリングストックについてご紹介します。

今からお家の備蓄を見直してしっかり防災

自然災害が頻発している日本。いつ何が起きるか分からないという不安を日々抱えている方も多くなっています。防災グッズを準備したり非常食を揃えたりすると万が一の時の安心にもつながります。

しかし、一度準備をしただけで安心してはいけません。平常時だからこそお家の防災を見直して、常に防災意識を高めたいものですね。

非常食の買い込みはよくある失敗につながることも

災害時にはケガや寒さなどから身を守ることも大切ですが、飲食も命を繋いでいく上で非常に大切なことです。水や電気、ガスなどのライフラインが満足に使えない状況で便利なのが非常食です。

非常食と言えば、3年や5年といった長期保存が効く食料を大量に保存しておくものと考えている方も多いのではないでしょうか。これは非常食の備蓄方法の一つとして最も一般的な考えで、間違いではありません。

しかし、この備蓄方法では「気がついたら非常食の賞味期限が過ぎていて廃棄することになった」「賞味期限が間近で毎食非常食を食べて消費した」といった失敗談を耳にすることもしばしばです。

防災を日常化して万が一に備える

長期間の保存は安心につながりますが、逆にこの期間は備蓄している食品のことを考えることがなくなり、非常食を非日常のものとして記憶のかなたに追いやってしまうことにもつながります。

これは非常食に限らず、防災への心構えもおろそかにするといっても過言ではなくなってしまいます。そこで大切なのが「防災の日常化」です。

日々防災について考える機会を作り、災害に対する意識をもって生活することが大切です。

新たな備蓄法「ローリングストック」

ここ最近で注目されている非常食の備蓄方法が「ローリングストック」という考え方です。

「ローリングストック」とは、非常食を毎月数回食卓に取り入れて、使用した分を新たに買い足して備蓄する方法のことを指したり、普段食べているものを少し多めに買って、食べた分を買い足して一定量の食材を常に備蓄する方法のことを言います。

消費と購入を繰り返すことで鮮度を保ちながら、万が一の時に備えることができます。

ルールは2つだけ!続けることが大切

View this post on Instagram

A post shared by 生鮮館やまひこ赤尾店 (@yamahiko_akou)

ローリングストックは継続的に日常に取り入れることがポイント。それを守るためのルールは2つだけです。

1.古いものから使う

備蓄する食料が古くなってしまわないよう、消費するときには必ず一番古いものから使用しましょう。新しいものを奥に仕舞って、前から使用するというように自分にあった備蓄方法で循環させていきます。

2.使った分は必ず補充

備蓄品はいつ食べてもOK。ただし、消費したら必ず買い足しをして常に一定量が備蓄されている状態にしましょう。

買い忘れが続いた時に災害が起こってしまったら意味がなくなってしまいますので、使用したらすぐに補充を心掛けましょう。

ローリングストックの運用例

View this post on Instagram

A post shared by お部屋スッキリ 清水幸子 (@oheyasukkiri)

ローリングストックの例として「ミネラルウォーター」を参考に運用例をご紹介します。災害時には3日分の食料と水分を備蓄することが推奨されています。

一人につき1日に必要な水分は3リットルなので9リットルをストックする必要があります。3人家族の場合は27リットル必要です。

2リットルのペットボトルを15本購入し、1本を冷蔵庫に。残りの14本をストックの定量とします。

1本飲み切ったらストックから1本冷蔵庫に移し、1本購入してストックに補充するということを繰り返していきます。

ローリングストックのメリット・デメリット

ローリングストックはメリットもたくさんありますが、デメリットも少なからずあります。しっかり理解して運用していきましょう。

日常に防災を取り入れられるメリットが沢山

ローリングストックは日常的に防災を取り入れられ、さらに運用するメリットがたくさんあります。次のようなことがメリットとして挙げられます。

・消費期限を切らしてしまう失敗が減る

・保管場所を忘れないでいられる

・災害時にも平時に近い生活が送ることができる

・備蓄に対してのハードルが低くなる

日々運用を続けることで得られるメリットはたくさんありますね。

デメリットはしっかり理解してカバーしよう

次にデメリットとしては次のようなものが挙げられます。

・決められたルールを守らないと非常時に機能しなくなる

・備蓄した食品によっては非常時に食べられないこともある

前述のルールを無視して消費を続けると消費期限が切れたものが残ったり、万が一の時にストックが無いという事態にもなります。

また、非常食ではないお米やレトルト食品などを備蓄する方法の場合には、電気やガス、水道が止まった状況では調理ができないということも考えられます。

そこでストックする食品は災害時を想定して選ぶようにしましょう。さらに食品だけでなく、ガスコンロなども一緒に備蓄すると安心です。

セット商品の利用も便利

アマノフーズ通販 セットA 07 ローリングストック 朝食セット

出典:amazon.co.jp

一から何をどのくらい備蓄しようか悩む方には、セット商品もおすすめです。こちらはアマノフーズから販売されているフリーズドライ食品のローリングストックBOXです。

お湯をかけるだけの簡単調理が嬉しい商品で、朝食セット・昼食セット・夕食セットと食べる時間帯にピッタリのメニューがセットになっています。

平時にもパパっと食事を済ませたい時に食べれるのでおすすめです。

災害時に大切な衛生用品や日用品も備蓄を

ここまでは食品のローリングストックについて紹介してきましたが、衛生用品もローリングストックに取り入れるのがおすすめです。

災害時には食中毒や感染症なども起こりやすいため、衛生面にも気を配りたいものです。

また、ローリングストックを活用するために必要な日用品も合わせて準備を。普段から使っている衛生用品や日用品も備蓄をしてローリングストックとして運用していきましょう。

口内の清潔を保つためのマウスウォッシュ

[医薬部外品] 薬用 LISTERINE(リステリン) マウスウォッシュ トータルケア 1000mL + おまけつき【Amazon.co.jp限定】

出典:amazon.co.jp

水道が使えない状況などでは歯磨きが思うようにできにくいことも。口内雑菌とともに飲み物や食べ物を飲み込むと体調不良になる恐れもあります。マウスウォッシュは口内を清潔に保つために便利です。

口に入れるものなので、ローリングストックとして新しいものから使用して備蓄を回していくとより安心ですね。

食器の代りにも使える食品用ラップ

サランラップ 22cm×50m

出典:amazon.co.jp

食器を洗えない環境下で便利なのが食品用ラップです。食器をラップでくるんで食べ物を乗せれば衛生的です。紙皿などよりもゴミもコンパクトです。使い捨ての食器の代用としては、新聞紙を折って作ったカップやポリ袋などもおすすめです。

手が洗えない時にアルコール消毒

ビオレu 手指の消毒スプレースキットガード置き型本体 [指定医薬部外品] 400ml

出典:amazon.co.jp

歯磨き同様に手洗いも十分にできない状況を考え、アルコール消毒もあるとより衛生的です。普段からトイレの後や食事の前に消毒をするという方はローリングストックに取り入れましょう。

また、ウェットティッシュや赤ちゃんのおしりふきなども同様に買い足ししてストックしておくと非常時にも安心です。

食品調理にカセットコンロ・カセットガス

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

出典:amazon.co.jp

温めなくては食べられない食品などの調理をサポートするためにカセットコンロがあると、ガスや電気が使えない時にも便利です。

非常時用に用意しているという方も、しばらくの間使用していない間に使えなくなっていては万が一の時に大変なので、日ごろからお鍋をするときに使用したりと日常に取り入れると良いでしょう。

カセットガスをローリングストックとして備蓄すればいつでも温かい食事がいただけます。

停電時にも役立つ乾電池

三菱電機 アルカリ乾電池(シュリンクパック) 単3形 10本パック LR6N/10S

出典:amazon.co.jp

電気がない状況で役立つのが乾電池です。懐中電灯などだけでなく、スマホの充電、ラジオなど様々な場面に電気があると被災時の安心につながります。

なくなったら買おうではなく、常に一定量ストックできるように買い足しをしていくと安心ですね。

日常に取り入れて防災意識を高めよう

今回は新しい備蓄の方法についてご紹介しました。ローリングストックは防災を日常にする考えの一つです。家族でルールを共有して協力し合うことで成り立たせていきましょう。

非常時とはいってもいつ起きてもおかしくない災害に対して、食事だけでなく日ごろから家族で考えて防災意識を高めていると、万が一の事態にも落ち着いた行動がとれるようになりますよ。

こちらの記事も読まれています

     

ライフスタイルカテゴリの最新記事

}