海外旅行の荷物は機内持ち込み1個が楽!メリットと荷造りのコツ

海外旅行の荷物は機内持ち込み1個が楽!メリットと荷造りのコツ

海外旅行に必要な衣類などをスーツケースに入れる時、空港で預ける前提で荷造りしていませんか?

大きなスーツケースを預けるのも良いですが、短い旅行なのであれば機内持ち込みがおすすめ!

機内持ち込みの荷物1個で旅行をするメリットや上手な荷造りのコツをご紹介します。是非参考にしてください。

荷物1個だと旅行がこんなに楽に!

旅行先に到着するまで荷物を持っているのは少しめんどくさいかもしれません。しかし荷物を機内持ち込みにするだけでたくさんの良いことが。

メリットを知れば次の旅行は機内持ち込みにしたくなること間違いなしです♪

飛行場での荷物の受け取り時間短縮

飛行機が着陸してから実際に飛行場を出るまでに何時間もかかってしまうことがありますよね。

海外旅行の場合は入国審査に時間がかかってしまうこともありますが、預けている自分の荷物が出てくるまで待つことも、時間がかかってしまう要因の一つです。

荷物を機内持ち込みの1個にすることで、受け取り時間がなくなるだけではなく税関が空いている間に出ることができます。

せっかくの旅行なので1分でも早く観光をスタートしたいですよね♪

身軽だから移動が便利

飛行場の荷物受け取りベルトコンベアにびっくりするぐらい大きなスーツケースが流れていることが良くあります。

帰りのお土産のことを考えると念のため大きめのものを持って行きたくなりますが、大きすぎるスーツケースは正直旅行の邪魔になってしまいます。

機内持ち込みの荷物の場合小さめな荷物になるのでとても身軽で移動が楽です。

場合によってはホテルやコインロッカーに荷物を預けなくてもそのまま観光ができちゃうことも!効率よく旅行が楽しめるのは魅力的ですね♡

無駄な買い物をしないで済む

非現実的な時間が過ごせる旅行をしているとつい財布の紐が緩んでしまうことがあります。

買ったものをみてみると実際には必要がないものも含まれているかもしれません。買ったのにクロゼットに眠っているだけだと勿体ないですよね!

機内持ち込みの小さな荷物に入る分しか買えないことを頭にいれて旅行をしていると、本当に必要なものなのかどうかを一度考える習慣がつきます。

考えた上で買いたいと思ったものは迷わず買っちゃいましょう♡

機内持ち込み出来る?入れ物をチェック

荷造りを始める前に実際に持っていくスーツケースやカバンを決めてからサイズに合わせて荷物を選んでいきます。

預け入れ荷物を同じで、機内持ち込み荷物にも細かいルールが存在するので念のためしっかり確認を行いましょう。

許されているサイズはオンラインでチェック

機内持ち込みは座席の上の棚に入る必要があるのでサイズや重量の制限がとても厳しいです。許されているものでないと預け入れ荷物に変更するしかなくなってしまうので注意が必要です。

乗る飛行機や行く旅行先によってサイズや重量の制限が違う場合があるので、必ず飛行機会社のオンラインサイトでチェックしてみてください。

液体物の持ち込みは特に要注意

国内旅行の場合は水やお茶などの飲み物は持ち込みが可能な場合が多いですが、香水や化粧水などはサイズや量の制限がかかっていることがあります。

海外旅行の場合は水やお茶などの飲み物の持ち込みも禁止されています。

高級な香水や化粧品などが飛行場で没収されてしまったら辛いですよね!数日間の旅行であればコンビニなどで売っている化粧水などのトラベルセットや、1回限りの使い切り試供品なども便利です。

液体物を持っていく場合は持ち込みが可能な液体物の細かいルールを飛行機会社のオンラインサイトで確認をしてみてください。

おすすめは大きなバックパック

機内持ち込みにぴったりなのはスーツケースではなく大きなバックパック!背中に背負うことで両手が空くのがポイントです。

登山用の大きなバックパックをイメージすると分かりやすいです。お店で探してみると登山用と旅行用のバックパックは機能面が少し違うのでシンプルな旅行用バックパックを購入してみてください。

実際に背負ってみて背負い心地の良いものであることが絶対条件です。荷物を背負ったまま疲れることなく観光が楽しめたら嬉しいですよね。

またレインカバーがついているものがあると更に使いやすいです♪

荷造り開始♪少しの工夫でこんなに変わる

持っていくスーツケースやバックパックが決まったら荷造り開始です。機内持ち込みの小さめな荷物に必要なものを全て詰める必要がありますが、少し工夫をするだけでたくさん入るようになります。

旅行に慣れている人で数ヶ月の旅行をバックパック1個でする人もいるぐらいです!

シワになりにくくて軽い洋服を

持っていく洋服はシワになりにくくて軽い「ウール」や「ポリエステル」がおすすめです。旅行日数によって枚数は変わってきますが、コインランドリーや手洗いをすれば同じ洋服を何日間か着れるので少なめにしておきましょう。

また季節にもよりますがかさばる洋服を持っていく必要があるかもしれません。そんな時は無理に荷物に詰めるのではなくて、出発当日の洋服として着て行っちゃうのがポイントです♪

100円ショップのアイテムが便利!

洋服以外にも化粧品や洗面用具など、女子には必要な荷物がたくさんありますよね。

100円ショップなどに売っている便利アイテムで荷物をなるべくコンパクトにまとめましょう。あると便利なアイテムをいくつかご紹介します。

1. 小さく圧縮「圧縮袋」

びっくりするぐらい小さく圧縮が出来る「圧縮袋」。掃除機を使って大きな布団などを圧縮するイメージが強いですが、トラベル衣類用の「圧縮袋」だと手で簡単に圧縮が出来るので便利です。

洋服が圧縮されればそれだけでたくさんのスペースが生まれますね!

ここで一つ注意点ですが、洋服と一緒に別のものを圧縮すると何かを隠している様に見え手荷物検査でひっかかってしまうことがあるので、違うものと間違えられないように洋服のみを圧縮しましょう。

2. ラベルをつけて「小分け用クリアボトル」

出典:amazon.co.jp

飛行機会社によってルールが異なることもありますが、多くの飛行機は100ml以下の液体物であれば機内持ち込みが許されています。

100mlというのは液体の量はもちろんですが、液体物が入っているボトルの大きさも100ml以下でなければいけないのでご注意ください。

100円ショップでも手に入る「小分け用クリアボトル」に「化粧水」「乳液」「化粧落とし」などのラベルをつけておくと分かりやすいです。

3. 中身が見えて安心「クリアケース」

チャックがついている「クリアケース」はいくつあっても使えます。細かいものをまとめるために使えるだけではなく、雨でカバンが濡れてしまった場合は中身を守ってくれるのでおすすめです♪「

化粧品」「洗面用具」「書類系」などに分けて荷物の中にいれてみてください。

貴重品はハンドバッグに

機内持ち込みはスーツケースやバックパック1個と小さなハンドバック1個の持ち込みが許されています。

大きな荷物の中に洋服などを入れますが、貴重品は取り出しやすい様にハンドバックの中にいれておくことをおすすめします。

また手荷物検査では携帯電話やカメラなどの電化製品を荷物の中から取り出す必要があるので、大きな荷物の中に紛れていないようにご注意ください。

パスポートや航空券など飛行場内で何度も使うものはまとめておくとスムーズです!

スマートな荷造りで旅行が楽に!

大きなスーツケースを転がしていると旅行感が出てテンションが上がる人がいますが、旅行中の便利さを考えたら小さくまとめるのが断然楽!

小さなスーツケースやバックパックでも工夫をすればたくさん入るので、次の旅行は是非機内持ち込みの荷物1個で旅立ってみてください♡

こちらの記事も読まれています

海外旅行カテゴリの最新記事