英語が上達するための4つのステップとおすすめアプリや情報

     
英語が上達するための4つのステップとおすすめアプリや情報

2020年の東京オリンピックに向けて今まで以上に英語の需要が高くなってきていますよね。義務教育の必須教科でありながら英語を思い通りに使いこなせていない人が多いのが日本の現状です。

せっかくなのでしっかり英語を身につけましょう! 上達する英語の勉強法をご紹介するので是非参考にしてください。

step 1:【LISTENING】耳で聞いて理解する

英語の勉強の第1ステップは「LISTENING (聞)」、つまり喋ってる内容を理解できるようになることです。知らない言語で難しい言葉を並べられると耳を塞ぎたくなってしまう気持ちも分かりますが、まずは耳を慣らす必要があります。

全て聞き取れなくても良いのです!少しずつ自分の知っている単語が増えていくだけで英語に対する苦手意識が少し下がります。

映画を通じてスキルアップ

映画を使った勉強法はよく使われます。映画は動きを目で見ることができるので、言葉が理解できていなくてもなんとなく内容が分かったりしますよね。

またシーンを見ながら使われている単語を当てることもできます。映画を見る際には単語や文章をなるべく聞き取る努力をしてください。

一度見たことある英語の場合は、言語は英語のまま字幕も英語にして流すと、耳で喋っている内容を聴きながら目で単語を見て繋げることができます。

人気映画の「High School Musical」や「The Sound of Music」などは簡単な英語や日常生活で役立つ英語が多く使われているのでおすすめです。

好きな音楽の歌詞を書き出してみよう

好きな英語の音楽がある方、今からその音楽を聴きながら歌詞を紙に書き出してみてください!単語のスペルは気にしなくて大丈夫です。

大切なのは1つ1つの単語をしっかり聞き取ること。完成したらインターネットなどで本当の歌詞を調べて自分の書いたものと比べてみてください。

音楽を選ぶ際のポイントですが、まずはゆっくりなテンポのものや方言やなまりが無いアーティストの音楽を選んでみてください。

「The Carpenters」の「Close To You」や「Backstreet Boys」の「I Want It That Way」は英語の発音が綺麗なので聞き取りやすいです。

ワールドニュースに耳を傾ける

映画や音楽に比べると難関度が高いですが、ワールドニュースを英語で見るのもとても効果のある「LISTENING」スキル取得方法です。

ワールドニュースではしっかりした言葉が使われているだけではなく、喋っている内容のレベルが高いことが多いのでとても勉強になります。

radio.net」などのアプリをダウンロードしておくと、世界中のニュースラジオが聞けるのでおすすめです。

また「NHK」の「BS1チャンネル」でワールドニュースを観ることもできます。映像で観る場合は映画を観る時と同じで英語の字幕をつけると更に効率の良い学習が可能です。

「radio.net」についてはこちらから

step 2:【SPEAKING】会話を通じて実際に喋る

次に、観光客の相手をする際や自分が海外に行った際に一番必要とするスキル「SPEAKING (話)」を鍛えていきます。

相手の言っていることが理解できていても自分が返答できないと一方通行な会話になってしまいますよね。「SPEAKING」力を鍛えるおすすめな方法をいくつかご紹介します。

アプリを使って英語を使う

自信のない言語を実際に使うのは勇気がいりますよね。まずはAI(人工知能)を相手に喋ってみませんか?話し相手がAIとなると英語が間違えていても恥ずかしくありません。

最近はAIとお喋りが出来るスマートフォンアプリが多く存在します。日常会話に近い会話に少し慣れておくだけで自信を持って英語が使えるようになります。

英会話 – AI英会話ナンナとのスピーキング英語学習」や「本気で英会話!ペラペラ英語」などのアプリをダウンロードしてみましょう!

「英会話 – AI英会話ナンナとのスピーキング英語学習」についてはこちらから

「本気で英会話!ペラペラ英語」についてはこちらから

英会話カフェで気軽にお喋り

気楽に英語が喋りたい人におすすめなのが全国にある英会話カフェ!空いた時間に立ち寄れたり、友達とのカフェタイムを楽しむ雰囲気で英会話の勉強が出来るのが魅力です。

英会話カフェによってマンツーマンのレッスン形式だったり複数人でのお喋り形式だったりします。

飯田橋にある「LeafCup」や高田馬場にある「英会話カフェ Mickey House」などは予約が必要ないので是非気楽に立ち寄ってみてください♪

「LeafCup」の公式サイトはこちらから

「英会話カフェ Mickey House」の公式サイトはこちらから

step 3:【READING】文字で読んで脳にしっかりインプット

ちょっとした英語が聞き取れて英語を喋る機会が増えると、英語に対する抵抗が少し無くなりますよね。

「SPEAKING」と「LISTENING」のスキルが身につくと日常会話レベルの英語は簡単に使えるようになりますが、更にレベルの高い英語を取得したいのであれば次に「READING (読)」力をつける必要があります。

文字で読むことで脳にしっかりインプットされるだけではなく、幅広い場面で使える英語が学べるのがポイントです。

簡単な小説を読んでみる

まずは簡単すぎるぐらいのレベルの絵本や小説を読んでみましょう。ここで一つポイントですが、なるべく辞書は使わずに読んでみてください。

日本語の小説を読んでいて分からない漢字を推測して読書を進めることがありますよね。英語の「READING」も同じで、単語の前後の流れで推測することでリーディング力があがります。

The Little Prince」や「Charlotte’s Web」などはアメリカの小学校でも多く読まれている小説なので是非挑戦してみてください!

もう少し難関度の高いものだと「The Perks of Being a Wallflower」や「The Giver」などは高校で読まれる人気作品です。

海外ウェブマガジンを活用する

いきなり難しい文章を見ても読む気になりませんよね。効率よく英語を学ぶためにはとにかく楽しむことが大切です!

まずは自分が好きなテーマについての文章を読んでみましょう。海外で大人気なウェブマガジン「BuzzFeed」や「ELLE」などは文章が簡単なだけではなく写真も多く使われているのでとても読みやすいです!

BuzzFeed」に関しては日本語サイトの「メニュー」より言語の変更が可能です。是非読んでみてください♡

「BuzzFeed」はこちらから

「ELLE」はこちらから

step 4:【WRITING】頭の中を書き出せるようになる

最後に「WRITING (書)」、つまり頭で考えていることを紙に書いていくライティング力を鍛えていきます。

ビジネルレベルで英語を使うとなると、しっかりした文章が書けないといけないですよね。「SPEAKING」ではなんとなくな英語で誤魔化せても、「WRITING」は英語のレベルが丸見えになってしまうので、綺麗な英語で書けるようになることを目指します。

毎日の出来事を日記に書いてみよう

毎日の出来事や考え事を日記に書いている人は多くいますよね。文章にすることで頭が整理されるといったメリットがあります。

次からは日本語に加えて英語でも日記を書いてみてください!スペルなど細かい箇所を気にする必要はありません。分からない単語がある場合は和英辞書で調べてみてください。

英和辞典・和英辞典」や「ウィズダム英和・和英辞典 2」などのアプリをダウンロードしておくと便利です。

毎日3行でも良いので続けてみると英語の上達が目に見えるようになるので達成感も生まれますよ♪

「英和辞典・和英辞典」についてはこちらから

「ウィズダム英和・和英辞典 2」についてはこちらから

書いた英文を添削してもらう

頭の中をスムーズに書き出せる様になるためにはたくさんの英文を書き続けることがとても大切。もちろん書いたものをしっかり添削して、間違っていることは覚えることも大事ですよね。

とにかく練習したい人は「添削つき英作文アプリ ベストティーチャー 」などの添削付き勉強アプリを活用してみてください!また周囲に英語が得意な友達がいれば、たまに文章を添削してもらえると良いですね。

ビジネスレターやメールを書く練習は、インターネットに載っているテンプレートなどを参考にすることをおすすめします。

「添削つき英作文アプリ ベストティーチャー 」についてはこちらから

さらっと英語を披露しよう!

困っている観光客がいたり海外のレストランで注文をする時など、さらっと綺麗な英語が使えたらかっこよいですよね!

ご紹介したステップを踏みつつ、毎日少しずつで良いので、英語に触れる機会を増やして、楽しく英語取得に励んでいきましょう♪

こちらの記事も読まれています

ライフスタイルカテゴリの最新記事