2018年最新版!関東の人気イルミネーションスポット6選

     
2018年最新版!関東の人気イルミネーションスポット6選

クリスマスや年末に向けて、寒さとともにやってくるのがイルミネーションの季節。去年行けなかったから今年こそは、なんて考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は今年開催される関東近辺のイルミネーションスポットをご紹介します。ドイツ村や横浜赤レンガ倉庫など、昨年大人気だったイベントなど盛りだくさんでお届けします!

今年も大盛況間違いなし!関東3大イルミネーション

関東の3大イルミネーション(ドイツ村・あしかがフラワーパーク・江の島)は、2012年に一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローによって認定されました。

イルミネーションそのものの芸術性やエンターテイメント性、さらに周辺のレストランやお土産屋なども考慮し決定されるため、毎年多くの観光客で賑わいます。

1.巨大な地上絵が魅力の東京ドイツ村 Winter Illumination


東京ドーム19個分の面積に約300万個の電灯が飾られ、関東屈指のイルミネーションが味わえる、千葉県袖ケ浦市にあるドイツ村。

膨大な数のLED電飾で描かれた巨大な地上絵を高台や観覧車からみられるのが醍醐味の一つです。

レインボートンネルや光と音のショーなど楽しみ満載

ドイツ村はとにかく敷地が広いため、園内に多くの魅力的なイルミネーションスポットが。

国内初の7色電灯による全長70mのレインボートンネルや、まるで絵本の中にいるようなファンタジーな気分を味わえる光と音のショーなど見どころ満載です。

住所:〒299-0204 千葉県袖ケ浦市永吉419
日時:2018/11/1~2019/4/7
点灯時間:日没~20:00 (最終入園 19:30)
料金:大人800円・小人(4歳~小学生)400円

→詳細は東京ドイツ村公式サイト

2.美しさは日本一!あしかがフラワーパーク「光の花の庭」


一年中、四季折々の花々が見られるあしかがフラワーパーク。ボタンやアメジストセージといった花と光のコラボレーションはあしかがフラワーパークならでは。

樹齢150年の「奇跡の大藤」のイルミネーションは、生命の神秘とロマンチックな気分を味わえる光の芸術です。

2年連続全国1位の鉄板イルミネーションスポット


あしかがフラワーパークは、夜景鑑賞士が選ぶイルミネーションランキングで2年連続日本一に選ばれている、大人気のイルミネーションスポットです。
広大な敷地に約400万個のLED電灯で彩られた光景は、日本一に相応しい絶景。

住所:〒329-4216 栃木県足利市迫間町607
日時:2018/10/27(土) ~ 2019/2/5(火)
点灯時間:16:30~21:00 (土日祝は21:30まで)
料金:大人900円 子供500円

→詳細はあしかがフラワーパーク公式サイトへ。

3.海とイルミネーションがダブルで満喫できる、江の島 湘南の宝石


鎌倉・湘南のシンボルである江の島がロマンチックにライトアップされる冬の恒例イベント「湘南の宝石」。

江の島全体で行われるイルミネーションイベントは毎年多くのカップルが訪れ、魅了されていきます。

展望台から見える湘南の夜景も必見


江の島のイルミネーションは、江ノ島サムエル・コッキング苑でメインに行われ、園内には光のトンネルやウインターチューリップが彩ります。

なかでも、江の島シーキャンドルは外から見てよし、登ってよしの目玉スポット。デートのゴール地点として1日の終わりを過ごすには幻想的でうってつけの場所ですね。

住所:〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2−3-28周辺
日時:2018年11月23日(祝・金)~2019年2月17日(日)
点灯時間:17:00~20:00(予定)
※最新情報は江の島シーキャンドル公式サイトにてご確認ください。
※消灯時間は施設によって異なります。
料金:江の島サムエル・コッキング苑入場料大人200円・小人100円

オーシャンビューのおしゃれなカフェで一休み♪


出典:Hemingway cafe

片瀬江の島駅から徒歩3分ほどにある「OpenBiC CAFE Hemingway」は江の島を一望できる落ち着いたカフェ。ランチにはお店自慢の江の島スープカレー、ディナーには窯焼きのピザが楽しめ、イルミネーションの前でも後でも自由にご利用できます。

OpenBiC CAFE Hemingway についてはこちら

遊園地に限定グルメも!カップルで楽しい定番スポット3選

冬のデートの定番になったイルミネーション。ふらっと立ち寄れたり、がっつりした遠出デートにおすすめな関東のイルミネーションスポットをご紹介します。

4.大人な雰囲気のWINTER ILLUMINATION 恵比寿ガーデンプレイス


山手線内で非常にアクセスの良い恵比寿ガーデンプレイス。バカラシャンデリアや巨大クリスマスツリーなど、都心であることを感じさせないほどのスケールで、街全体が光に包まれます。

落ち着いたゴールドの電灯で大人な雰囲気が味わえます。

世界最大級のバカラシャンデリア


恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションと言えばフランス・バカラのシャンデリア。

25000個以上のクリスタルパーツがあしらわれたバカラシャンデリアはそのゴージャスで壮大な輝きで訪れた人々をうっとりとさせてくれます。

住所:東京都渋谷区恵比寿4-20
日時:未定(2017年は11/3~1/8)
点灯時間:16:00~24:00(予定)
※2018年の最新情報は恵比寿ガーデンプレイス公式WEBサイトにてご確認ください。
※バカラは12時から点灯
料金:無料

地上160mから東京を一望できるレストランでお食事


出典:LUCIS GARDEN 恵比寿
恵比寿ガーデンプレイスの39階には、西洋風のエッセンスを加えた中華料理を味わえる「LUCIS GARDEN 恵比寿」があります。お店はバカラシャンデリアのあるガーデンプレイス内のビルのため、イルミネーション鑑賞前後にぴったりです。
LUCIS GARDEN 恵比寿についてはこちら

5.異国情緒あふれるクリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫


本場ドイツをイメージして開催される横浜赤レンガ倉庫のイルミネーション。定番デートスポットが無数のライトによって、よりロマンチックさを増します。

レンガ造りの建物や木造の屋台(ヒュッテ)はもちろん、約12mのクリスマスツリーやイルミネーションが訪れた方を暖かく迎え入れます。

周辺グルメや観光スポットが充実


横浜赤レンガのイルミネーションは、毎年多くの屋台が出店し来場者をもてなしてくれます。寒い時期にぴったりなホットワインやドイツ産のビールやウィンナーなど魅力的なグルメ満載。

さらに、みなとみらい周辺のお散歩デートも一緒に楽しめるため、カップルにぜひともおすすめしたいスポットです。

住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
日時:未定(2017年は11/25~12/25)
点灯時間:16:00~22:00 (予定)
※2018年の最新情報は横浜赤レンガ倉庫公式サイトにてご確認ください。
料金:無料

可愛いゾウのカフェでまったりティータイム


みなとみらい線の日本大通り駅から徒歩で約3分ほどに位置する「象の鼻テラス」。併設されたカフェでは、大さん橋・客船ターミナルを眺めながら名物のゾウノハナソフトクリームなどがいただけます。
象の鼻テラスについてはこちら

6.アトラクションと一緒に楽しめる☆さがみ湖イルミリオン


遊園地、キャンプ、日帰り温泉などが楽しめる、さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト。こちらの冬のイルミネーション「さがみ湖イルミリオン」は光の大宮殿や体験型イルミネーションで、老若男女問わず楽しむことができるイルミネーションスポットです。

都心から約1時間とアクセスの良さも人気な理由の一つです。

関東最大600万球の体験型イルミネーション


さがみ湖のイルミネーションはアトラクションに乗りながら鑑賞できる体験型イルミネーションが特徴。カートやリフトからイルミネーションに触れることで、「光と遊べる」ことが魅力の一つです。

600万球のイルミネーションが輝く園内では多くのフォトジェニックなスポットがあるため、インスタ映えも大いに期待できます。

住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634番地
日時:未定(2017年は11/3〜4/8)
点灯時間:16:00~21:00(予定)
※2018年の最新情報はさがみ湖リゾート公式サイトにてご確認ください。
料金:
【平日】
大人・シニア(60歳以上):800円
小人(3歳-小学6年生)・ペット:500円
【土日・祝日】
大人・シニア(60歳以上):1,000円
小人(3歳-小学6年生)・ペット:700円
※入場料のみの料金

関東のイルミネーションはカップルも子どもも楽しめる!


関東のおすすめイルミネーションスポットをご紹介してきました。雰囲気あるムード満載なイルミネーションから、さがみ湖イルミリオンで行われているような、お子様連れでも楽しめるアトラクション付きのイルミネーションまで盛りだくさん。

ぜひ、自分たちの楽しみ方にぴったりなスポットを選んで楽しんでください。

こちらの記事も読まれています

旅行カテゴリの最新記事