手帳型iPhoneケースの手作り実例24選!簡単DIYで可愛くおしゃれに

     

レベル2:アートセンス抜群なケース5選

「ラインストーン」や「シール」に比べて更に自由自在なDIYが可能な「ペイント」や「マーカー」を使ったデコレーション。

絵を描くセンスが問われるので少し難易度があがります。

その分、個性の詰まったものが出来上がるので是非チャレンジしてみてください。

カラフルなペイントやマーカーで

「ペイント」や「マーカー」を使う場合はプラスチック製のiPhoneケースが使いやすいです。

しっかり下地処理を行うだけで剥げにくくなります。

1:下地処理
「ヤスリ」でケースに傷をつけてから「プライマー」を塗ります。

下地がしっかり乾いたらデコレーションを始めていきましょう。

2:デコレーション
「ペイント」はアクリル絵の具、「マーカー」は油性マーカーを使うと綺麗に仕上がります。

3:仕上げ
描いた絵の具やインクが乾いたら、「トップコート」を塗れば完成です!

1. ネイルに合わせたポップなデザイン

この投稿をInstagramで見る

eriko yoshida(@eriko440)がシェアした投稿

カラフルなペイントを使って作られているこちらのケース。

ネイルのデザインも合わせていて可愛いですね♡

またポップな色使いが素敵です。

ペイントは筆の太さや塗り方で全く異なったデザインに仕上がります。

アレンジに幅があるのもペイントの面白さの一つです。

2. 金色に輝くフリードローイング

この投稿をInstagramで見る

erika matsutani(@tagmeerika)がシェアした投稿

渋い赤色のケースに綺麗に描かれた金色のフロードローイング

頭でイメージしたデザインを自由に描いていくことをフリードローイングと言いますが、だいぶレベルが高い技術が必要です。

フリードローイングに自信が無い場合は、好きな柄をインターネットで見つけておいて事前にケースに下書きをしておきましょう。

仕上げに下書きの上からマーカーでなぞるだけなので初心者でも簡単にできます!

3. 思わず見入ってしまうナチュラル感が素敵

手書き iPhoneケース

出典:My Crafts

思わず見入ってしまいそうになる美しくナチュラル感あふれるケース

自分の頭にある世界を思った通りに書き出してみるのも素敵です。

iPhoneならではのリンゴマークを活用したデザインもポイント♪

4.マニキュアでおしゃれグラデーション

この投稿をInstagramで見る

shelbin elsa shaji(@shelbin_elsa)がシェアした投稿

こちらはマニキュアを使ってカラーリングしたiPhoneケースです。

ペイントやマーカー等を使って描くデコレーションよりもツヤが出ておすすめ。

複数のポリッシュやラメ入りのポリッシュなどを組み合わせて好きなデザインに仕上げてみましょう。

複数のポリッシュを使う場合には一色ずつしっかり乾かしながら塗り進めましょう。

乾く前にスポンジなどでポンポンと色の境目を叩くようにすると自然なグラデーションに仕上がります。

5.手帳型ならではの見開きデザイン

この投稿をInstagramで見る

Avalyan(@avalyan_art)がシェアした投稿


手書きでペイントするならこんなデザインはいかがでしょうか。

手帳型のケースだからこそできる見開きデザインです。

ケース全面を使って作るデザインは開いているときと閉じているとき、裏と表とさまざまな見え方が楽しめます。

1 2 3 4
     

ライフスタイルカテゴリの最新記事

}