和歌山の美しい紅葉名所5選! 帰りに立ち寄りたいスポットも

     
和歌山の美しい紅葉名所5選! 帰りに立ち寄りたいスポットも

暑い夏が終わり涼しくなると楽しみになるのが美しい紅葉の季節ではないでしょうか。ドライブに出かけたりハイキングをしたり、四季を感じる日本ならではの楽しみ方です。

緑豊かな和歌山には美しい紅葉の名所が沢山あり、素晴らしい景色が楽しめますよ。今回はそんな和歌山でおすすめの絶景を楽しむ紅葉スポットをご紹介します。

1.ドライブしながら楽しめる|高野龍神スカイライン

出典:道の駅ごまさんスカイタワー

紀州の屋根と呼ばれている護摩壇山の中腹や五百原渓谷を通る国道371号線の高野龍神スカイラインは、高野山と龍神温泉を結ぶ約43kmの道路で、左右に色鮮やかに色付く木々を眺めながらドライブやツーリングが楽しめる人気スポットです。

標高1000mの五百原渓谷

出典:ごまさんスカイタワー Facebookページ

高野龍神スカイラインにある五百原渓谷は標高1000mの位置にあり、2003年に通行が無料化された人気のドライブ・ツーリングコースです。

ブナやヤマウルシなどが10月下旬ごろから色付きはじめ、山々を黄色に染めていきます。

ごまさんスカイタワーから絶景のパノラマ

出典:ごまさんスカイタワー Facebookページ

山頂近くにある“道の駅 田辺市龍神ごまさんスカイタワー”は展望塔や売店、レストランがある県内最高峰の観光施設で、紅葉の季節期は展望塔から絶景をパノラマで楽しむことができます。護摩壇山は森林公園としても整備されているので、下車して遊歩道で山歩きを楽しむのもおすすめです。

高野龍神スカイライン

【住所】和歌山県伊都郡高野町~田辺市龍神村龍神

【見ごろ】10月下旬~11月上旬

詳しくはこちら/龍神観光協会公式サイトへ

ドライブの休憩スポットにおすすめ“香房 ゆず夢cafe”

日本三大美人の湯として有名な龍神温泉近くにあるライダーやドライブの途中に人気のカフェです。龍神村の食材を使ったピザやカレーライスなどのフードメニューから、名産である柚子を使ったドリンクやアイスクリームなど様々なメニューが楽しめます。

厳選豆を自家配合したブレンドコーヒーも一押しで、癒しのカフェとして多くの観光客でにぎわうお店です。

香房 ゆず夢cafe の詳細はこちら

2.歴史ある聖地|高野山 金剛峯寺(こんごうぶじ)

出典:高野山 金剛峯寺 Koyasan Kongobuji Facebookページ

平安時代の初めに弘法大師によって開かれた日本仏教の聖地である高野山。山全体を総本山金剛峯寺という大きなお寺に見立てていて、総本堂である金堂の他117のお寺が点在し、山全体がお寺であり境内となっています。

関西エリアでは早めに紅葉の見ごろになるエリアで、例年10月中旬ごろから色付き始めます。

お寺を巡りながら紅葉散策

出典:高野山 金剛峯寺 Koyasan Kongobuji Facebookページ

山内は散策自由になっており、モミジ、カエデ、イチョウなどの木が赤や黄色に色付き美しい景色を作ります。写真は東塔とモミジの景色で赤と赤の競演が楽しめます。

他にも写真映えするスポットが沢山あるので、お寺をめぐりながら紅葉散策を是非楽しんでみてくださいね。

ライトアップもされる“蛇腹道(じゃばらみち)”

出典:高野山 金剛峯寺 Koyasan Kongobuji Facebookページ

伽藍(がらん)入口から東塔東側付近まで伸びる小道“蛇腹道”には紅葉のトンネルが現れる人気のスポットです。10月初旬から11月中旬頃までは17:30からライトアップも実施されます。

高野山 金剛峯寺

【住所】和歌山県伊都郡高野町高野山600

【見ごろ】10月下旬~11月上旬

詳しくはこちら/高野山真言宗 総本山金剛峯寺公式サイトへ

精進料理には欠かせない生麩の専門店“麩善(ふぜん)”

高野山に訪れたら是非立ち寄りたいスポットの一つが生麩の専門店“麩善”です。名物はヨモギを混ぜた麩でこしあんを包んだ「笹巻きあんぷ」。

弾力があって上品な甘さが人気でお土産としても親しまれています。他にももちもち食感で精進料理を彩る「もみじ麩」や「かえで麩」などもおすすめです。

麩善の詳細はこちら

3.和歌山城内の風雅な庭園|紅葉渓庭園(もみじだに)

出典:一般社団法人和歌山市観光協会

和歌山城内にある江戸初期の大名庭園である西の丸庭園は「紅葉渓庭園」と呼ばれ親しまれています。天守閣から北側にある裏坂を下り小道を歩いていくとひなびた茅門があります。

そこをくぐると8217㎡の広さを持つ静まり返った空間が開けています。名前の通り秋に最も美しい風景を見せてくれ、四季折々の趣ある風景を鑑賞できる庭園です。

色鮮やかな紅葉が水面を彩る

出典:和歌山市観光協会 Facebookページ

園内の堀に浮かぶ鳶魚閣(えんぎょかく)と色とりどりの紅葉を映す水鏡は絵になる風景です。池は山すそから湧き出る泉を利用して作られていて、鯉がのどかに泳ぐ姿も目を楽しませてくれます。

紅葉渓橋をはじめ、土橋や石橋と風情のある橋もかかり、滝の音も心地よく日ごろの疲れも洗い流されるような空間です。

苔に覆われた庭園で一服

出典:一般社団法人和歌山市観光協会

景色をめでた後には茶室の紅松庵(こうしょうあん)で気軽に一服を楽しむのもおすすめ。昭和48年に和歌山市の名誉市民である故・松下幸之助氏が市に寄贈したもので、数寄屋造りの建物や苔に覆われた庭が魅力。

お抹茶と生菓子がついて一服460円でいただけます。

紅葉渓庭園

【住所】和歌山県和歌山市一番丁3

【見ごろ】11月下旬~12月上旬

詳しくはこちら/一般社団法人和歌山市観光協会へ

入園無料が嬉しい“わかやまお城の動物園”

和歌山城内には全国でも珍しく動物園が併設されています。大正時代に開園し、以来入園料無料で運営されています。30種類以上の動物が飼育されていて、ポニーやシカなどへのエサやり体験や、ヤギとのお散歩体験なども楽しむことができます。紅葉を楽しんだ後に動物園でかわいい動物たちにも癒されに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

わかやまお城の動物園の詳細はこちら

4.趣深い奇石と紅葉が魅せる絶景|玉川峡

橋本市にある玉川峡は世界遺産を有する高野三山の一つの摩尼山(まにさん)から流れる丹生川(にうがわ)の上流の渓谷です。猿飛石や亀石など玉川四十八石と呼ばれる奇石懐石が点在しています。

例年11月初旬ごろからモミジやケヤキなどが色付き始め、川面に映る紅葉も楽しめます。

県の名勝に指定された景観

国道371号線沿いを流れる玉川渓流は澄んだ清流と狭い谷あいの紅葉が映える景色が県の名勝にも指定されました。

五光の滝や白糸の滝などの瀑布が連続していて、鮎やホタルが生息するなどハイキングコースやキャンプ地としても人気があるスポットです。

玉川峡

【住所】橋本市北宿

【見ごろ】11月上旬~11月中旬

詳しくはこちら/橋本市観光協会公式サイト

たっぷり散策したら“やどり温泉いやしの湯”で一休み

出典:やどり温泉 いやしの湯 Facebookページ

玉川峡のすぐそばにある小さな隠れ温泉宿“やどり温泉いやしの湯”は豊かな自然に囲まれた贅沢な天然温泉です。日帰り利用や宿泊もできるので、高野山参拝の前後や玉川峡観光の立ち寄りスポットとしても人気です。地元の食材や季節の農産物などをふんだんに使った自慢の料理も魅力。

やどり温泉いやしの湯の詳細はこちら

5.ファミリーから年配の方まで楽しめる|大滝川森林公園

出典:TIC WAKAYAMA

日高川町にある清流・大滝川沿いにある整備された公園の“大滝川森林公園”は小さな子供連れのファミリーから年配の方まで幅広い方が楽しめるスポットで、秋の紅葉シーズンはカエデが赤や黄色に色付く景色がみられます。

滝をまたぐつり橋から紅葉を楽しむ

出典:TIC WAKAYAMA

公園の奥には滝をまたぐようにつり橋がかかり、滝の音も光景の一部になるような素敵な景色が楽しめます。

つり橋の上から滝と一緒に見る紅葉は迫力もあり、自然のグラデーションを眺めながら季節の移り変わりを感じられて趣のある光景です。高地なので景色も良く自然散策にもおすすめです。

かわいい遊具や川魚も魅力

公園内にはイノシシの遊具やきのこのベンチなど様々な遊具もあり、景色を楽しむだけでなく家族みんなで公園を満喫することができます。

さらに駐車場内になる「紅葉の郷」では手打ちそばやアユなどの川魚などもいただけます。予約をすればバーベキューもできるのでレジャースポットとしても人気です。

大滝川森林公園

【住所】和歌山県日高郡日高川町山野

【見ごろ】11月下旬~12月上旬

詳しくはこちら/TIC WAKAYAMAへ

一度体験してみたい“日本一のやっほーポイント”

日高川町には「椿山ダム湖」があり、湖畔には“日本一のやっほーポイント”と呼ばれるスポットがあります。ヤッホーと叫ぶと大きくきれいなやまびこが返ってくると評判で、日ごろのストレスを発散したり、大自然の中で身も心もリフレッシュできます。

日本一のやっほーポイント(椿山ダム)の詳細はこちら

景勝や歴史的聖地など趣のある紅葉スポットが満載

今回は和歌山県にある美しい紅葉が楽しめるスポットをご紹介しました。自然あふれる和歌山県には人気の景勝地や歴史的な仏教の聖地、家族で楽しめるスポットなど様々な名所があります。

見ごろもスポットによって例年10月中頃から12月上旬までとゆっくり楽しめるので、いろいろな場所へお出かけしてみるのもおすすめです。

こちらの記事も読まれています

旅行カテゴリの最新記事