iPadケース&カバーを手作り♪おしゃれなDIY実例15選

iPadケース&カバーを手作り♪おしゃれなDIY実例15選

調べ物をしたり、本を読んだり、子供と一緒に動画を楽しんだりと様々な使い方ができて便利なiPad。バッグに入れて持ち歩いている方も多いですよね。

持ち歩くときに気になるのがボディやディスプレイのキズや衝撃ではないでしょうか。カバーやケースに入れて持ち歩きたいけれど、気に入ったデザインを見つけられないという方におすすめのDIYアイデアをご紹介します。

キズや衝撃から守るおしゃれなiPadカバーアイデア7選

まずはiPadにピッタリとはめて使うカバーのDIYアイデアをご紹介します。スッキリと使いやすいシンプルなカバーや、手帳型でディスプレイも守るカバーなど様々。

市販のカバーをリメイクしたり、一から手作りするアイデアもありますよ。自分好みのスタイルのカバーを見つけて快適に使用しましょう。

1.ダメージデニムのおしゃれカバー

出典:Creema

市販のiPad用プラケースにダメージデニムを貼り付けたリメイクアイデアです。履き古した思い出のジーンズを使って作れば思い入れもUPしますよ。

カバーの端の部分がほつれやすくなるので、ほつれ留めを塗ったり、折り返して縫っておくなど処理をしておくときれいに仕上がります。

バックポケットの部分を使ったり、カミソリを使ってダメージ加工をプラスしたりと様々なアレンジが楽しめます。

2.ハンドル付きで持ちやすく落下防止

出典:Creema

こちらも透明なプラケースを使ったリメイクアイデアです。ハンドバッグ用のハンドルを合体させて作ったカバー。写真のようにスタンドとしても使えて、片手で持つときにハンドルを握ればしっかり持てて落下防止にもなります。

シンプルながら厚手の革を使ったハンドルが重厚感のある印象に。

3.お気に入りの包装紙1枚あれば作れるカバー

出典:You Tube/折るだけタブレットケース(ノーカット版)

好きな柄の包装紙を使ってiPadのカバーが作れます。手帳型でディスプレイもカバーでき、さらに立てておくこともできますよ。紙では破れたりしそうで不安だという方は、包装紙の全面に透明シートを貼ると強くなり実用的です。

透明シートは100均等で購入できるガラス用の透明フィルムなどがおすすめです。様々な包装紙で作って着せ替えを楽しんでみるのもおしゃれですね。

4.厚紙と包装紙でさらに丈夫でおしゃれなカバーに

出典:manualidades

こちらも包装紙を使ったカバーのDIYアイデアです。iPadの大きさに合わせて厚紙をカットし、少し隙間を空けながら包装紙に貼り付けていきます。

余った部分は折り返しておき、iPadを置く部分の四つ角にゴムをつけ、内側にも包装紙を貼り付けて完成。

キズや衝撃にも強くなり、シールを貼ったり絵を描いたりと好きなアレンジも楽しめます。

詳しい作り方はこちら/manualidadesへ(海外サイト)

5.段ボールとデニムで手帳型カバーをリメイク

出典:You Tube/Recycle your old jeans. How to make a tablet case with old jeans.

段ボールを芯にしたジーンズのリサイクルiPadカバーです。段ボールはiPadの大きさに合わせてカットしていくので、iPad ProやiPad miniなど様々なサイズにも対応できます。

おしゃれでスタンドにもなる便利なカバーです。

6.ノートや本をリメイクしておしゃれなカバーに

出典:handmade pride

iPadと同じサイズのノートを利用して作ったiPadカバーです。表紙と裏表紙を残して、ノートの部分を丁寧に取り外します。裏表紙の内側にiPad用のプラケースを取り付けて完成の簡単でおしゃれなアイデアです。

ノートの角にゴムをつければパカパカと表紙が開くのを抑えることができます。ノート以外でも薄手の本を使うと表紙が厚くしっかりとした造りになりますよ。

7.編み物でかわいく衝撃にも強いカバー

出典:Free Patterns For Crochet

かぎ針編みで作ったニットのiPadカバーです。ニットなので、一回り小さく編んでおくと、iPadをセットした時に適度に伸びてぴったりとはまります。

温かみのあるかわいらしいカバーになるだけでなく、ふんわりとしたニットが衝撃を吸収してくれるので安心です。ボタンやライトニングケーブルの差込口などを空けられるように調整しながら編み進めましょう。

バッグに入れても安心の手作りiPadケース8選

次にすっぽりとiPadを入れて持ち運べるiPadケースのDIYアイデアをご紹介します。様々なものが入れてあるバッグの中でiPadをそのまましまうのは不安ですよね。

すっぽりとケースに入れて持ち運べばよりキズや衝撃にも安心です。出し入れもしやすくおしゃれなケースを作ってみましょう!

1.ミシン不要!マリメッコで作る簡単ケース

出典:You Tube/【マリメッコで作る!】ipadケース

マリメッコのかわいらしい柄が目を引く、売り物のようにきれいなiPadケースですが、実はミシンも使わず簡単に作ることができます。使うのはマリメッコ生地と厚手のフェルトと手芸用ボンドです。

アイロンで温めて接着するタイプのものを使うとよりしっかりとして、パリッとした造りにもなるのでおすすめです。

2.エアークッション紙袋を使ってクラッチバッグ風

出典:creme de la craft

衝撃に強いエアークッション付きの紙袋を利用したアイデアケースです。内側にはフェルトを貼って、外側は好きな生地をボンドで貼り付けるだけと簡単。フタの部分にボタンをつけておけば、中身も飛び出さず持ち歩きやすいクラッチバッグのようなおしゃれなケースが完成です。

詳しい作り方はこちら/creme de la craftへ(海外サイト)

3.フェルトで簡単ふんわりケース

出典:Ярмарка Мастеров

iPadの大きさに合わせてフェルトをカットし、コの字に縫うだけの簡単ケースです。フェルトはほつれが少ないので、切りっぱなしでもOK。

写真のように2色のフェルトを重ねてカラーを楽しむのもおすすめです。2枚重ねると厚みも出るのでよりふわふわで衝撃にも強くなり安心です。

4.ポケット付きで整理整頓

出典:LIA GRIFFITH

こちらもフェルトで作ったiPadケースです。ポケットと蓋をつけるだけでデザインもカッコよく、タッチペンやイヤホンを一緒に入れて持ち歩くこともできカバンの中の整理整頓にもおすすめです。

フタ部分はスナップボタンのような硬いボタンを使うとディスプレイなどにぶつかって割れてしまったりキズになったりもするので、木製の平らなボタンや、マジックファスナーなどを使うと安心です。

詳しい作り方はこちら/LAI DRIFFITHへ(海外サイト)

5.キルト生地のやわらかピッタリケース

出典:Creema

フェルト以外にもおすすめの生地がキルトです。中綿が入っているのでふんわりとしていてiPadを優しく保護してくれます。キルト地は様々なデザインがあるのでお気に入りの生地探しを楽しめますよ。

ワッペンやタグをつけるとさらにおしゃれに。少ない生地でもサイズに合わせて作りやすいので端切れを使ってもOK♪

6.かぎ針編みモチーフのおしゃれケース

出典:Etsy

こちらはかぎ針編みでモチーフを編み、つなげて作るケースです。一目一目丁寧に編みながら作るのでとっても思い入れのあるケースになりますよ。裏地をつけておくと汚れにくくなります。

7.どんなサイズでもOKのかぎ編みケース

出典:You Tube/タブレットカバー自作(1)作り方・編み方【かわいい100均毛糸でかぎ編みで簡単に】 diy crochet tablet cover

100均の毛糸を使ってかわいく編んだiPadケースです。作り目を編んでいくときにディスプレイのサイズに合わせて編んでいくので、編み図も不要でお持ちのiPadのサイズ合わせて作れます。編み方もシンプルな細編みだけ使って編んでいくので初心者の方にもおススメです。

8.ズパゲッティのケースにタッセルがポイント

出典:Creema

オランダ生まれの可愛くておしゃれな編み糸“ズパゲッティ”。Tシャツやカットソーなどの端材を糸状にしたもので、編み物初心者でも編みやすくて大人気です。モコモコの質感が特徴で、iPadケースにぴったりです。

iPadに合わせて編み、持ち手を付ければOK!さらにタッセルをつけるとこのまま持ち歩きたくなるようなおしゃれなケースに。

ケースやカバーでお出かけにも安心♪

今回はiPadのケースやカバーのDIYアイデアをご紹介しました。どこでも便利に使えるタブレットだからこそ、大切に持ち歩きたいものですね。DIYなら自分好みに作れておしゃれにアレンジが楽しめます。是非参考にしてカバンの中のお供にしてみてくださいね。

こちらの記事も読まれています

DIYカテゴリの最新記事