レジンでiPhoneケースで作るアイデア15選!可愛い作り方&デザイン

     

iPhoneケース/カラフルで艶やかなレジンアレンジ7選

次にレジンの特徴でもあるツヤがあってプルンとした印象がかわいらしいカラフルなiPhoneケースのデザインアイデアをご紹介します。

レジン液に色を付けたり、様々なものを封入して色々なアレンジを楽しめるのが醍醐味です。自由な発想でDIYを楽しみましょう☆

1.マスキングテープを使って透け感アレンジ

出典:Casetify

マスキングテープをハートに型抜きしてプラケースにたっぷり貼っていきます。

マスキングテープは透け感があるので、テープが重なった部分は色が変わります。その上からレジン液を流し、きれいに広げて硬化すると完成。

マスキングテープを使っているので位置決めもしやすく、貼り直しもできるので簡単です。

ツヤを出すために数回レジン液を塗って硬化を繰り返すのがおすすめです。

2.ラメ入りマニキュアで使ってキラキラアレンジ

View this post on Instagram

A post shared by momoko kimura (@momo0480)


様々な色のラメ入りマニキュアを使用してベースを作り、その上からUVレジンでコーティングをしたiPhoneケースです。

マニキュアの量を調整するとグラデーションになりふわっとした印象に。

青や紺、紫などのカラーを使えば人気の宇宙柄も作れますよ。レジンを塗るのはマニキュアがしっかり乾いてからにしましょう。

3.ラメパウダーできれいなグラデーション

出典:Etsy

青やピンクのラメをたっぷり使ったキラキラのiPhoneケース。ロゴを囲むように下から色を変えてグラデーションを作っています。レジン液をたっぷり塗ってからラメを振りかけると硬化しやすくなります。

きれいなグラデーションにするコツは、色の境目は少しずつ色を混ぜて調整することです。硬化する前なら爪楊枝などで量の調整ができるので慎重に。

4.涼し気な色がきれいなマリンアレンジ

View this post on Instagram

A post shared by ❤︎ Fashion & Accessories ❤︎ (@love25star)


プラケースの下部にレジンを塗って星の砂をまぶしで硬化します。その上には青く色付けしたレジン液を広げてラメを振りかけています。

中央には転写シールでメッセージを入れて、もう一度全体にレジン液を流して硬化すれば完成です。

レジン液を着色するときに濃さを変えて濃淡を出すと、本当の海のような風景になります。

こちらの記事も読まれています

1 2 3 4
     

ライフスタイルカテゴリの最新記事

}