ぶどうを使ったアレンジレシピ12選!おもてなし料理や大量消費にも

     

覚えておこう♪余ったぶどうの活用法

ぶどう狩りに出かけたり頂きものなどでたくさんのぶどうがある。

または、せっかく買ってきたけど味が…という時にはジャムやドレッシングにすることをおすすめします。

ジャムは一度に大量消費できるのが嬉しいポイント。またぶどうをそのまま冷凍しておくと、ドレッシング作りにも活用できます。

いろいろな品種で作ってみたいジャム

出典:ナディアロゴ

砂糖とレモン果汁だけで作るシンプルなジャムです。皮付きのまま煮込むと自然に皮が向けるので楽チン。

果実の粒はつぶさず残るように。砂糖の量を調節してお好みの甘さにして下さい。

しっかり煮沸消毒した容器で保存しましょう。

ぶどうジャム by  にがはっぱ 平沢あや子|レシピサイト「Nadia|ナディア」

マスカットのさわやかドレッシング

出典:ナディアロゴ

ぶどうを冷凍しておけばいつでも作れるドレッシングです。ハチミツやマヨネーズが入るのでお子さんにもおすすめです。

米酢の代わりにバルサミコ酢を使えば風味がアップしますよ。胡椒をたっぷり入れるとオトナ向けの味に。

シャインマスカットドレッシング。 by  きよみんーむぅ|レシピサイト「Nadia|ナディア」

ぶどうを活用して秋の食卓に彩りを添えよう

ここではぶどうを「果物=スイーツ」としてではなく、ひとつの食材として捉えてレシピをご紹介しました。

ぶどうはワインビネガーやバルサミコ酢の原料でもあるので、他の食材との相性も良く美味しくいただけます。

また、ぶどうには脳と身体の疲労回復の効果があると言われています。

季節外には高価であったり種類が少なかったりしますが、旬のこれからはたくさん出回ります。

ぜひともぶどうを積極的に食べて、酷暑で夏バテした身体の回復に役立てて下さいね。

こちらの記事も読まれています

1 2 3

レシピカテゴリの最新記事