ぶどうを使ったアレンジレシピ12選!おもてなし料理や大量消費にも

     

サラダにして野菜をたっぷり食べよう

サラダにクルトンやスライスアーモンドなどのトッピングをすると野菜が食べやすくなりますが、ぶどうもおすすめです。

ぶどうの甘酸っぱさとジューシーな食感はサラダのいいアクセントになりますよ。

風味たっぷり♪バルサミコ&ゴルゴンゾーラのチキンサラダ

出典:ナディアロゴ

チキンとキノコにぶどうをプラスしたサラダです。ドレッシングにバルサミコ酢とゴルゴンゾーラを使うので風味はバツグン。

脂肪分が気になる方は、生クリームをヨーグルトに変えるとカロリーが抑えられます。

チキンときのこ・葡萄のサラダ  by  ふみえ|レシピサイト「Nadia|ナディア」

おもてなしに!可愛いブーケサラダ

出典:ナディアロゴ

見た目が可愛いブーケサラダはおもてなしにおすすめです。

ドレッシングはお好みですが、バルサミコ酢やビネガーがベースのものはぶどうと相性がいいのでぜひお試しを。

お子さん向けにはマヨネーズ系が喜ばれますよ。

ブーケサラダ  by  北島真澄|レシピサイト「Nadia|ナディア」

鶏むね肉のヘルシーサラダ

出典:シェフごはんロゴ

鶏むね肉を使った低脂肪、低カロリーのうれしいサラダです。

鶏むね肉は加熱しすぎるとパサつきの原因になるので、低温でじっくり茹でるのがポイント。

使うぶどうの甘さによって、レモンとハチミツの分量を調節して下さい。

丸鶏がらスープのドレッシング ~鶏肉とブドウのサラダ~  奥村 隆 シェフ グラスワインと折衷料理 土龍 | プロから学ぶ簡単家庭料理 シェフごはん

ソテーや炊き込みで加熱して甘みをアップ

生で食べても美味しいぶどうですが、加熱することで甘みが増します。また肉や魚と合わせることで、具材をしつこくさせずにさっぱりした仕上がりに。

意外な組み合わせを食べにくいと感じる方は、慣れるまでは細かく刻んで使うのも一案です。

ぶどうをソースで味わう豚肉のポワレ

出典:ナディアロゴ

フランス語で「蒸し焼き」の意味の「ポワレ」は、具材を白ワインで蒸します。蒸した後の汁は、そのままソースに使うので具材の旨みや栄養はバッチリ。

玉ネギとにんじんの他に、さやいんげんやブロッコリーなどの緑野菜を加えると彩りも華やかになりますよ。

豚肉のポワレ葡萄ソースがけ by  レナ♪|レシピサイト「Nadia|ナディア」

バルサミコ酢入りの絶品チキンソテー

出典:ナディアロゴ

巨峰やピオーネなどの大粒のぶどうを使ったチキンソテーです。バルサミコ酢と白ワインを入れた大人の味♪キリっと冷やした白ワインによく合います。

ぶどうソースのチキンソテー by  神田依理子|レシピサイト「Nadia|ナディア」

白ワインにも合う炊き込みご飯

出典:ナディアロゴ

本来は和食の炊き込みご飯ですが、ぶどうが入ることでさっぱりした味わいで白ワインにも合う仕上がりになります。

ぶどう投入は蒸らしの後ですが、炊きあがり時にパプリカと同時に入れると甘みが増しますよ。

◆鶏肉とブドウの土鍋ごはん◆ おこげも美味しい具沢山 by  宮本 明美 (らいむ)|レシピサイト「Nadia|ナディア」

1 2 3

レシピカテゴリの最新記事