冬がベストシーズン!短期間で行ける海外ビーチリゾート3選

冬がベストシーズン!短期間で行ける海外ビーチリゾート3選

寒い日が続くと、暖かい場所でのんびりしたくなりますよね。そこで、冬にベストシーズンを迎える海外のビーチリゾートを3つご紹介します。

多くの海外リゾートがベストシーズンを迎えますが、中でも手軽に短い休みで行けるスポットに絞っています。連休を利用してふらっと日本を飛び出し、日常を忘れてみてはいかがでしょうか。

目次

1. 定番の人気リゾート・グアム(旅行期間3日間~)

まずは、日本でも大人気の海外リゾートグアムです。日本から約3時間半で行け、12月~3月頃がベストシーズンとなります。

美しい海でマリンアクティビティを楽しもう

グアムは透明度の高い海が自慢のリゾートです。観光の中心地にあるタモンビーチは、遠浅でのんびりするにはぴったり。

タモンビーチ以外にも、島内には様々なアクティビティが楽しめるスポットもあります。

多種多様なアクティビティに挑戦!アルパンビーチクラブ

折角なら、様々な種類のアクティビティを楽しみたいですよね。

グアム島内にあるアルパンビーチクラブでは、バナナボートやパラセイリング、ジェットスキーなど多くのアクティビティを体験できます。何種類かのアクティビティをセットで楽しめるのがポイントです。

滞在中ランチの食べ放題が含まれるので、朝から夕方まで1日しっかり楽しめます。

アルパンビーチクラブ公式サイト

水圧で空を飛ぶ!フライボード

出典:APRA dive marine

テレビCMで有名になった”水圧で空を飛ぶ”アクティビティ、フライボードにも挑戦できます。フランス発のアクティビティで、水圧で上下左右に空に浮かぶ不思議な感覚を味わえます。

グアムでは唯一「アプラダイブマリン」という会社で申し込みが可能。人気が高いので、日本出発前に必ず予約を済ませましょう!

アプラダイブマリン公式サイト

グアムに行ったら絶対行きたい!インスタ映えスポット

今や旅行に必須のインスタ映えスポット。グアムにももちろん人気の場所があります。カメラ必須で是非足を運んでみましょう!

定番は押さえたい♡ピンクが可愛いタモントレードセンター

グアムでインスタ映え、と言えば定番なのがタモントレードセンターです。人気モデルや芸能人が多数訪れたことで有名。濃いピンクの外観が目を引く建物です。

やっぱり定番の場所はおさえておきたいですよね。

<アクセス>

タモンエリア フジタロード沿い

赤いシャトル「タモンシャトル」の「パシフィックホテル」前下車

アメリカンで可愛すぎるカフェ「フィズ&コー(Fizz&Co.)」

ぺこ&りゅうちぇるが行きつけと公言するカフェレストラン「フィズ&コー」。店内はアメリカンポップな雰囲気でわくわくします。どこを切り取ってもインスタ映え間違いなし!

ハガニアというエリアに2店舗ありますが、2号店のアガニャショッピングセンター内が行きやすくおすすめ。シャトルバスを乗り継いで行く事ができます。

<アクセス>

「タモンシャトル」でグアムプレミアムアウトレット(GPO)へ

「GPO⇔レオパレスシャトル」に乗り換えアガニャショッピングセンターで下車

2.  贅沢ステイが楽しめる!フィリピン・セブ島(旅行日数3日間~)

フィリピンのセブ島は、日本から直行便があるため最短3日間の休みで行く事ができます。フライト時間は約5時間。行き午前便、帰り午後便を使えば短い時間でしっかり遊べます。

ベストシーズンは1月~5月です。ジンベイザメとシュノーケルできることで有名。存分にキレイな海を楽しみましょう!

物価が安いからできる!ご褒美のスパを満喫

セブ島のあるフィリピンは、日本より物価が安い事で知られています。

日本の3分の1程度、500mlの水が50円で購入できる程度です。この安さを活用して、自分に贅沢ご褒美ができるところがセブ島の魅力と言えます。

お手頃価格!24時間営業のスパ「ミンタイスパ」

まずご紹介するのは、セブ島で観光客にも人気の「ミンタイスパ」です。24時間営業で、とにかく安さが魅力。1時間のマッサージが約1,000円で受けられます。日本語メニューもあるのでじっくり選べるのが嬉しいポイント。

一番人気は、ココナッツオイルを使ったオイルマッサージ。1時間コースと2時間コースがあるので、好みに合わせて深いリラクゼーションを得る事ができます。

<アクセス>

住所:#47. F.cabahug, mabolo, Cebu 店名を伝えてタクシーでアクセスするのがおすすめ

ホテルスパでリラックス「ウンディーナスパ」

出典:Pulchra

日頃頑張る自分へのご褒美に、ホテル内のスパに行ってみるのはいかがでしょうか。プルクラ・リゾート内にあるスパ「ウンディーナスパ」は、施設の充実度が魅力です。

水上でのスパ「Lutaw」やプライベートヴィラでのスパ「Sapa」など、乙女心をくすぐる要素がたくさん詰まっています。1時間から5時間までコースがあり、ご褒美にはぴったりです。

1時間コースで約8,000円と、ホテル内スパにしては手の届く範囲なのが嬉しいですね。

ウンディーナスパ公式サイト

セブで話題のスポットを制覇しよう

セブ旅行で最近話題のスポットをご紹介します。折角の海外旅行、流行りのエリアに行って思い出を作ってみてください。

流行りに乗ろう!マーメイド体験

出典:Aqua marine OCEAN TOURS

最近日本でも話題になっているマーメイド体験。セブ島でもマーメイドになって写真を撮る事ができます。

「アクアマリンオーシャンツアーズ」では、カメラマンに撮影してもらえる本格的なコースもあるので、思い出になること間違いなしです。

日本語も通じるので、事前に予約しておくのが良いでしょう。

アクアマリンオーシャンツアーズ公式サイト

ライトアップされた可愛いお庭「La Vie Parisienne」

女子受け間違いなしのワインバー「La vie Parisienne」(ラ・ヴィ・パリジェンヌ)をご紹介します。

美味しいワインとパンが人気のバーで、デートスポットとしても人気を集めています。夜になるとお庭がカラフルにライトアップされ、とても印象的。

日本円で1,000円~2,000円程度で充分満足できます。きっと忘れられない夜の思い出になるでしょう。

<アクセス>

住所:371 Gorordo Ave Lahug, Cebu City タクシーで店名を伝えて行くのがおすすめ JYモールの近く

3. アジアのリゾート感満載 タイ・プーケット(旅行日数4日間~)

タイのプーケットは、11月~3月がベストシーズンです。通常、バンコクで乗り継いで行くことになります。

一見乗り継ぎで時間がかかるように思いますが、深夜便が充実しているため休日の前日に出発することも可能です。

行きも帰りも深夜便を利用すれば、3連休と組み合わせて5日間の日程を組むこともできます!ただし、その場合は帰国後そのまま出勤、ということになります。

プーケットから離島に遊びに行こう

プーケットには人気のパトンビーチを始め多くのビーチがあります。もちろんどこも美しいですが、より透明度の高い海を求めて離島に足を伸ばしてみましょう。

手つかずの自然があなたを出迎えてくれます。

映画の舞台になった絶景に出会う ピピ島

ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」のロケ地になったピピ島は、とにかく海の美しさが抜群です。プーケットから船で約2時間で、エメラルドグリーンの美しい海に出会う事ができます。

世界中のダイバーを魅了する海なので、これを機に体験ダイビングに挑戦するのも良いでしょう。

ピピ島は6つの島から構成されていますが、メインの島はピピ・ドン島。ピピ・ドン島の玄関口になるトンサイエリアでは、ショッピングをすることも可能です。

手軽さが魅力!マリンアクティビティが楽しめる コーラル島

プーケットから船で約15分で行く事のできるコーラル島は、日帰りで離島を満喫するのにぴったりです。透明度の高い南国感溢れるビーチで、シュノーケルやパラセイリングなどアクティビティを楽しめます。

ローカルな雰囲気漂うロングビーチと、静かにリゾート気分に浸れるバナナビーチの2つが有名。プーケット発の日本語オプショナルツアーに参加すると、両方のビーチを楽しめるものもあります。

お土産選びも忘れない♪プーケットでショッピングも満喫

旅の思い出には、お土産が欠かせませんよね。プーケットではお買い物もきちんと楽しめるので、お気に入りの品を探す事ができます。

巨大ショッピングモール ジャンセイロン

ジャンセイロンは、パトンビーチの近くに位置するショッピングモールです。200以上のショップが入っているため、心行くまでお買い物が楽しめます。

高級ブランドからスーパーまで幅広い店舗が存在するので、1日いても飽きないお買い物天国です。

ジャンセイロン公式サイト(海外サイト)

お土産にぴったり!ジム・トンプソン・アウトレット

タイを代表するシルク製品のブランド、ジム・トンプソンのアウトレットが大人気。プーケットにはカナルビレッジ店とコートヤード店の2店舗あります。上質な品をお安く手に入れるチャンスです!

ジム・トンプソン公式サイト

週末を利用して寒い日本を飛び出そう!

週末や3連休を使って温暖な海外リゾートに行ってみてはいかがでしょうか。寒い日が続くからこそ、非日常を味わって心のエネルギーを蓄えることができるはずです。

飛行機の時間を工夫することで、短い日数でもしっかり楽しむことができます。ふらっと、気軽に海外旅行に出かけて素敵な冬の思い出を作ってみてください。

こちらの記事も読まれています

海外旅行カテゴリの最新記事