これで海外の入国審査も安心!飛行場で使える英会話をマスター

これで海外の入国審査も安心!飛行場で使える英会話をマスター

海外旅行に行く際に必ず通るドキドキな入国審査。外国人を目の前にすると、理解できていたはずの英語もどこかへ飛んで頭が真っ白になるかもしれません。

入国審査は何度か経験しているうちに慣れてきますが、飛行場での流れや良く使われるフレーズを勉強しておくだけでも、自信を持って対応することができるようになります。

今回は入国審査に限らず、飛行場で使える英会話をご紹介します。是非参考にしてください。

到着したらカウンターでチェックイン

飛行場についたらまずチェックインカウンターでチェックインの手続きを行います。こちらで搭乗券の発券を行うことで初めて飛行機に乗ることができます。また預ける荷物のチェックインもチェックインカウンターで同時に行います。

チェックインカウンターでは「Hello! (こんにちは!)」と挨拶をしてから自分のパスポートを見せましょう。

1. 搭乗券の発券をしてもらう

チェックインカウンターでは「Where is your final destination? (最終目的地はどこですか?)」と質問されます。

I will be going to [最終目的地名]. ([最終目的地]まで行きます。)」と答えるか、予約情報が書いてあるメールなどがある場合は直接見せてもOKです。

ここで注意点ですが、場合によっては直航便ではなくどこかの国で乗り換えをして目的地を目指すことがありますが、必ず最終目的地を伝えることを忘れないようにしてください。

2. 荷物の受け取り場所を確認する

途中で乗り換えがある便で旅行をする場合は、必ず荷物の受け取り場所を確認しましょう。乗り換え空港で預けた荷物を一度受け取り、再チェックインするパターンと、最終目的地まで運んでくれる場合の2パターンがあります。

Do I need to pick up my bags at [乗り換え空港名]? ([乗り換え空港名]で荷物を受け取る必要はありますか?)」のフレーズで確認ができます。確認を忘れてしまうと「最終目的地に荷物が届いていない!」なんてこともあるのでご注意ください。

3. 席の希望がある場合もここでお願いする

窓側 (window)」「通路側 (aisle)」「友達の隣 (next to each other)」など、席の希望がある場合はお願いすることもできます。

Do you have any [window/aisle] seats? ([窓側/通路側]の席は空いてますか?)

Do you have any seats [next to each other]? ([隣同士]で座れる席は空いてますか?)

などのフレーズで席の確認をお願いをします。こちらは豆知識ですが、まとまって座りたい場合は早めにまとめてチェックインを行うと一緒にしてくれることが多いです。時間に余裕がある場合は是非お試しください!

ドキドキの入稿審査はこうやって乗り切る

あまり親しみのない言語でたくさん質問をされると、誰でも一瞬固まってしまいます。しかし入国審査で聞かれる質問は決まっていて、しっかり答えれば問題なく入国スタンプを押してもらえるので、焦らず会話をしてみましょう。

1. 第一印象で好印象をゲット!

入国審査の担当者は、危ない人が海外から入国しないようにしっかり相手を見極める必要があるので、第一印象はとても大事なポイントです!

身だしなみ(綺麗めな洋服を着たり、軽く化粧をしたり)を整え、挨拶をすることで好印象を抱いてもらいやすくなります。

笑顔で「Hello, how are you? (こんにちは、お元気ですか?)」と言いながらパスポートを渡しましょう。

2. 覚えておきたい質問は3つ

入国審査で聞かれる質問は基本的には3つです。3つの質問に答えることができれば、問題なく通してもらえることがほとんどです。覚えておきたい3つの質問内容のポイントをチェックしてみましょう。

滞在期間に関する質問

まずは滞在期間に関する質問をされます。

How long are you staying in [入国する国]? (何日間[入国する国]にいますか?」と聞かれたら、

I will be staying for [滞在日数]days. ([滞在日数]日間います。)」と答えましょう。

宿泊先に関する質問

次に「Where are you staying? (どこに泊まる予定ですか?)」と質問されるので、泊まるホテルの名前や友達の家の住所は確実に覚えておくかメモにとっておきましょう。

ここで一点注意点ですが、入国審査の窓口で携帯を触るのは禁じられていることを忘れないでください。

I will be staying at [ホテル名 / a friend’s house] in [宿泊先の場所(街名など)]. ([宿泊先の場所(街名など)]にある[ホテル名 / 友達の家]に泊まります。)」と細かく答えると伝わりやすいです。

滞在目的に関する質問

最後に「What’s your purpose of your visit? (滞在目的はなんですか?)」と聞かれますが、この質問の答え方はとても重要です。

遊びの場合は必ず「sightseeing (観光)」や「visiting my friends (友達に会いに)」と答えましょう。

間違えて「business (仕事)」と答えてしまうと、国によっては不法就労が疑われてしまう場合があります。

その他に覚えておきたいことは2つ

チェックインや入国審査がスムーズにできるようになればそれだけで立派ですが、飛行場内で使えるフレーズはまだまだあります。セキュリティーゲートや搭乗口などで頻繁に使えるフレーズがいくつかあるのでご紹介します。

1. パスポートと搭乗券はセット

セキュリティーゲートを通る際や搭乗口などでは「Please take out your passport and boarding pass. (パスポートと搭乗券を出しておいてください。)」と言われます。

うまく聞き取れずにパスポートのみを表示している人がたまにいますが、パスポートと搭乗券の両方が必要な場合が多いので、2つは常にセットにしておきましょう。

顔写真が載っているページに搭乗券を挟んでおくと便利です。

2. 持ち込み不可なものは捨てておこう

チェックインカウンターやセキュリティーゲート、保安検査などで

Do you have any ◯◯? (◯◯は持っていますか?)」と質問されることがあります。

◯◯には「lighters (ライター)」「batteries (バッテリー)」「liquid (液体)」「fruits (フルーツ)

などの単語が入りますが、しっかり聞いて答えましょう。

物によっては持ち込みが禁止されていたり、実物を見せる必要があったり、申請を行う必要がある場合もあります。事前に持ち込みができないことが分かっているものに関しては、あらかじめ捨てておきましょう。

飛行場で使うフレーズを覚えていれば大丈夫!

海外の飛行場に降り立った瞬間から、そこには日本とは違う空気が流れていて少し不安になりますよね。しかし慣れてしまえば海外の飛行場は思っている程怖い場所ではありません。

飛行場で使われる英会話を少し勉強しておくだけでも、手続きをスムーズに進めることができるようになります。最初は少し緊張しますが、是非自分に自信を持って英会話を楽しんでみてください♪

こちらの記事も読まれています

海外旅行カテゴリの最新記事