キッシュの具材で”旬”を味わう|春夏秋冬を楽しむアレンジレシピ14選

     
キッシュの具材で”旬”を味わう|春夏秋冬を楽しむアレンジレシピ14選

キッシュはフランスの郷土料理で、本場フランスではその土地それぞれで材料や具材が違います。

「キッシュ」として基本的なレシピはあっても、中に入れる具材などは郷土色が出ています。自由な発想でいろいろ入れて楽しめる料理です。

ここでは旬の食材を具材に使ったキッシュの春夏秋冬・季節別レシピをご紹介します。

マスターしたいキッシュ生地の作り方&基本のレシピ

キッシュの特徴の一つに、サクサクの生地があります。まずはこの生地作りから始めてみましょう。

マスターしておけば、スイーツにも活用できてスキルアップになります。また基本のベーシックレシピもご紹介します。

生地作りははじめの一歩


出典:ナディアロゴ

サクサク生地が出来るようになれば上級者♪オリーブオイルの代わりにバターやマーガリンを使っても大丈夫です。

植物性油脂は仕上がりがしっかりめ、動物性油脂の場合は柔らかめになります。

オリーブオイルでお手軽キッシュ生地 by  築山紀子|レシピサイト「Nadia|ナディア」

ホウレン草&ベーコンの定番は押さえておこう


出典:ABC Cooking Studio

キッシュの基本的なレシピです。おつまみはもちろんですが、朝食にもぴったりの具材なので、休日のブランチにもおすすめ。

ベーシックな具材のホウレン草&ベーコンはチーズや玉子との相性がバツグンです。

詳細はレシピサイト/ABC Cooking Studioへ

パーティーに大活躍!本格的な味が楽しめるキッシュ・ロレーヌ


出典:シェフごはんロゴ

ベーコンはスライスでもいいですが、やはりブロックを使いたいところです。またじゃがいもをプラスしてボリュームを出してもいいですね。

強力粉と薄力粉の分量比率や冷蔵庫で寝かせる手順は、サクサク生地にするための大切なポイントですので、ぜひ参考にしてくださいね。

キッシュ・ロレ-ヌ by  増井 錠治 シェフ フランス料理 パリジェンヌ |プロから学ぶ簡単家庭料理シェフごはん

春のキッシュはお花見やピクニックにもおすすめ

寒い冬が終わり、外に遊び出ることが多くなる春。お弁当を持って行く時にキッシュはおすすめです。甘みのある春野菜は具材にぴったり。

ワインを片手に、昼下がりのお散歩に出かけても楽しそうですね。

アスパラガスの味覚と食感を堪能しよう


出典:ナディアロゴ

アスパラガスを切らずに入れています。旬のものが出回る春にぜひともいただきたいですね。

具材の形に合わせて長方形の型を使っているので、並べやすくてラクチンです。

アスパラとソーセージのキッシュ by  バリ猫ゆっきー|レシピサイト「Nadia|ナディア」

菜の花と新じゃがの風味がマッチ


出典:ナディアロゴ

菜の花は旬の時にしかお店に出回らないので、春にはぜひとも作ってみたいレシピです。

βカロチンやビタミンが豊富で、独特の風味が楽しめます。新じゃがのホクホクした甘みとよく合います。

菜の花と新じゃがの春キッシュ by  楠みどり|レシピサイト「Nadia|ナディア」

1 2 3

レシピカテゴリの最新記事