部屋の乾燥対策18選|加湿効果バツグンの”超簡単”な裏ワザ&アイテム

     
部屋の乾燥対策18選|加湿効果バツグンの”超簡単”な裏ワザ&アイテム

身近な材料で作るおしゃれな簡易加湿器6選


お家にある材料や100均アイテムなどでも簡易的な加湿器が作ることができます。例えばコーヒーフィルターです。

カップや瓶などにお水を入れて、そこに数枚のコーヒーフィルターをお花が咲いたように開いて入れます。

するとフィルターが水を吸って、気化し始めます。電力も使わずエコでお洒落な加湿器の完成です!

こちらではインテリアにもなるおしゃれな簡易加湿器をご紹介します。

1. インテリアにも◎お花畑のような簡易加湿器

出典:株式会社オノコム公式Instagram

コーヒーフィルターで作る簡易加湿器のおしゃれなアレンジ。

作り方はコーヒーフィルターの上部を花弁のように波状にカットして、同様に水に浸すだけの手軽さです。

アロマオイルを垂らして香りも一緒に楽しんでみてください。

2. フェルトで作るかわいいインテリア加湿器


フェルト地を使った簡易加湿器もおすすめ。フェルトを半分に折り、下を数センチ残して折り目側から切り込みを入れます。

それをクルクルと巻いて水を入れたカップに入れて完成♪

3. カンナ屑+水で心地よい杉の香りに

出典:cozaiku by Housing coyo公式Instagram

杉の木材をかんなで削ったカンナ屑を使った加湿器です。

お水を入れた小瓶にカンナ屑を入れるだけでお水を吸って蒸発させてくれますよ。

加湿するだけでなく、杉の香りもやさしく漂い、リラックスしたい空間におすすめ。

お花の形にアレンジをすると、グンと華やかさがアップ!

4. 今すぐできる!キッチンペーパーアレンジ

キッチンペーパーでも可愛い加湿器を作ることができます。

ジャバラに折り畳んで水を入れたカップなどにさしておくと扇状になって蒸発させる面積も広がります。

カラーやプリント柄のキッチンペーパーで素敵にアレンジしてみませんか。

5. リサイクルにもなるエコな新聞加湿器


新聞紙をくるくると筒状に丸めて簡易加湿器にアレンジ♪

古新聞や水を貯められるものがあれば作れるので、お金もかからずリサイクルにもなりとってもエコな簡易加湿器です。

6. 手編み小物でモコモコ可愛いインテリアに


毛糸を編んでモチーフを作り水に浸せば、簡易加湿器のできあがり!

見た目もおしゃれでインテリアとしても使えます。

植物性のコットンやリネンなどの毛糸を使うと吸水性が高いので加湿器におすすめです。

また、アクリル100%の毛糸は発色も良く水にも強いのでカラフルなモチーフ作り、水に浸すと長く使うことができますよ。

冬だけじゃない!乾燥しやすい季節


冬になると「乾燥注意報」が発表されるほど空気が乾燥します。

これは“シベリア気団”という冷たい空気を持った高気圧が発達し、日本列島を横断する際に日本海を通過し湿った空気になりますが、日本アルプスなどの山々を通る際に日本海側に雪を降らせます。

そのため乾いた空気になって太平洋側に吹き降ろすため、特に太平洋側は空気が乾燥するのです。

しかし乾燥は冬だけではありません。夏のエアコンの使用でも室内はとても乾燥します。

エアコンを使うと室内の空気を冷やす過程で空気中の水分が取られて室外に排出されるためです。

長時間エアコンの効いた室内にいると肌が乾燥したり、のどがイガイガするように感じることがあるのは乾燥のせいなのです。

乾燥には様々なリスクが

空気の乾燥は様々なリスクを伴います。そのリスクには次のようなものがあります。

肌荒れ:お肌から体内の水分が蒸発しやすくなり、肌のターンオーバーに必要な水分がなくなり、肌荒れや皮脂の過剰分泌が起きたり、シミ・シワの原因にもなります。

風邪・インフルエンザ:風邪やインフルエンザのウイルスは空気が乾燥すればするほど活発になります。

さらに肌と同じく鼻やのどの粘膜も乾燥し、ウイルスが体内に侵入しやすくなってしまいます。

脱水症状:夏のように汗をかいていなくても皮膚の乾燥によって水分が蒸発し、どんどん体内の水分が減っていきます。

冬は夏に比べると水分補給を怠りがちになるため、脱水症状を起こしてしまうこともあります。

火災:空気が乾燥すると空気中の水分が少なくなるため、火が点きやすくなります。

さらに冬はストーブなどの暖房器具を使うことも多く、火を使う機会が増えます。

暖房の不始末などで火災につながる危険も増えますので注意が必要です。

静電気:夏の湿った空気では静電気は逃げやすく、汗をかくので身体に静電気が蓄積されません。

しかし冬は空気中の水分も少なく、汗もあまりかかないため静電気が身体にたまりやすくなっています。

お部屋の乾燥具合をチェック

一般的な住宅のお部屋の1年間の平均湿度は30~80%(浴室以外)と言われ、とても幅があるのがわかります。

美肌のために理想の湿度は60%、最適なお部屋の湿度は50~60%とされているため、お部屋の湿度を確認して対策をとることが大切です。

湿度計をお部屋に置けばすぐに湿度を測ることができますが、簡単に乾燥具合を知る方法としては「氷水を入れたガラス(金属)コップを部屋に置く」という方法があります。

すぐにコップの周りに水滴が付けば比較的過ごしやすい湿度があり、数分たっても水滴がつかない場合は乾燥していると考えられます。

しかし、加湿を意識しすぎて湿度を高くさせ過ぎてしまうと、結露が発生したり室内にカビが発生したりしてしまうため、適度な湿度を保つということが大切です。

おすすめの結露予防


結露やカビが気になる方は、窓ガラスやカーテンに予防対策を取っておきましょう。

窓ガラスには結露防止シート、カーテンには防かびスプレーをおすすめします。
[amazonjs asin=”B001J6C95S” locale=”JP” title=”ニトムズ 窓ガラス 結露防止シート 水で貼れる 幅90cm×長さ1.8m×厚さ約7mm 1枚入 E1590″]
[amazonjs asin=”B01KLT48HK” locale=”JP” title=”カーテンにカビがはえなくなるスプレー 部屋用 防カビ 消臭 除菌 300ml”]

マスクで喉・鼻・お肌を保湿

乾燥による様々なリスクの対策としてマスクをつけることもおすすめ。

喉や鼻に乾燥した空気が通りにくくなるため、ダメージを受けにくく、風邪やインフルエンザなどのウイルスの感染を予防することにつながります。

さらにマスクの内側の口元や唇などお肌の保湿もできて美容効果も♪

内側ガーゼでお肌に優しい

出典:amazon.co.jp

使い捨てマスクは衛生的でおすすめですが、不織布マスクはお肌から水分を奪い乾燥しやすいという声も。

こちらのマスクは内側の肌に当たる部分がガーゼ仕立てになっているので、お肌にしっとりと優しいのがポイント。
[amazonjs asin=”B00A46L18K” locale=”JP” title=”ぴったりしっとり快適マスク5枚入り お得な5個パック”]

ぬれフィルターで10時間潤う

【まとめ買い】のどぬ~るぬれマスク 立体タイプ 無香料 普通サイズ 3セット ×3個

出典:amazon.co.jp
立体マスクのポケットにウェットフィルターをセットして使うマスクです。たっぷりと水分を含んでいるのでセルフスチームで約10時間潤いをキープしてくれます。

日中や就寝中、飛行機の中などでも手軽に加湿出来てしっかり潤うのでおすすめです。
[amazonjs asin=”B016UH0CEU” locale=”JP” title=”【まとめ買い】のどぬ~るぬれマスク 立体タイプ 無香料 普通サイズ 3セット ×3個”]

気になるニオイを抑えてしっかり抗菌

イータック抗菌化スプレー 20mL

出典:amazon.co.jp

長時間マスクを使っているとマスクに付着するニオイや菌も気になるところですね。

こちらのスプレーをシュッとかけてから使用すると、ウイルスや菌を除去し、抗菌作用も24時間持続します。

ニオイの原因になる菌にも働くため、快適にマスクを使うことができますよ。
[amazonjs asin=”B01JLJKENI” locale=”JP” title=”イータック抗菌化スプレー 20mL”]

リラックスアロマで気分よく

ブリーズイージーマスクスプレー 25ml

出典:amazon.co.jp

天然アロマが広がるマスク専用スプレーです。マスクに向けて適量スプレーするとスッキリとした爽やかな香りが広がり、リラックス効果も♪

就寝中にマスクを使う方にもおすすめです。さらにお仕事中などオフィスで使用するときにも気分が和らぐと好評。

マスクをするのが不快と感じる方は是非試してみてはいかがでしょうか。
[amazonjs asin=”B00RSWAIZU” locale=”JP” title=”ブリーズイージーマスクスプレー 25ml”]

手軽にできる方法でお部屋の乾燥対策を万全に


今回は簡単に出来るお部屋の乾燥対策をご紹介しました。

なんとなく乾燥しているなとは感じても、「冬だから仕方ない」と無視しては危険です。

乾燥は冬になると流行するインフルエンザや、1年中ひいてしまう風邪の最大の原因とも言われています。

部屋の乾燥対策は早め早めに対応することがポイント。

加湿器がなくてもできる対策やアイデアを活用して、乾燥知らずの快適なお部屋を目指しましょう。

肌の乾燥対策記事もチェック♡

1 2 3

ライフスタイルカテゴリの最新記事