奈良おすすめの紅葉の名所7選!観光と紅葉ダブルで楽しもう

奈良おすすめの紅葉の名所7選!観光と紅葉ダブルで楽しもう

京都と並んで人気の観光地である奈良県には、歴史的に貴重な神社・仏閣や自然豊かな庭園や公園などが数多く存在しています。どの季節に行っても楽しめる奈良県ですが、紅葉の楽しめる秋がおすすめ。

さまざまな観光地が赤く彩られ、さらに印象的な光景にしてくれます。奈良にあるぜひおすすめしたい紅葉の名所をご紹介します。

歴史的建造物と紅葉を楽しむ♪お寺・神社の紅葉スポット

奈良県には国宝や重要文化財に指定される貴重な神社や仏閣がいくつか存在していますが、中には紅葉の名所としても有名なスポットもあります。美しい紅葉と建造物のコラボレーションはどれも見事なものばかりで、紅葉と観光の両方を楽しめるおすすめのスポットになります。

毘沙門天を祀る由緒ある寺院|信貴山 朝護孫子寺

出典:信貴山真言宗 総本山 朝護孫子寺 公式サイト

今から1400年前に由来し、聖徳太子がこの山に訪れた際、戦勝の祈願をすると毘沙門天が出現し必勝の秘法を授けました。その御加護で勝利したことから信ずべし貴ぶべき山として「信貴山」の名が付けられました。

秋になると境内のいたるところが美しく色付き、訪れる人を楽しませてくれます。

【見頃:11月上旬〜12月上旬 】

【アクセス:奈良県生駒郡平群町信貴山】

詳細は信貴山 朝護孫子寺公式サイトへ

石灯籠のライトアップが幻想的

出典:信貴山真言宗 総本山 朝護孫子寺 公式サイト

シーズン中は22:00まで石灯籠でのライトアップが!遅くまでライトアップをしているので、お出かけ後や、お仕事帰りにもフラッと立ち寄りやすいですね。境内はもちろん、見晴らしが良いので周辺の山々も臨むことが出来ますよ。

歴史的に貴重な堂塔が並ぶ|室生寺

奈良時代末期に創建され、女人禁制だった高野山に対し女性の参拝を許可したことで「女人高野」と呼ばれ多くの女性から信仰を集めました。国宝である五重塔を始めに、金堂・灌頂堂、重要文化財である弥勒堂など貴重な建造物が多いのが特徴です。

鮮やかに色付いたモミジやイチョウと建造物のコラボレーションが美しく一番の見どころです。

【見頃:11月中旬〜12月上旬】

【アクセス:奈良県宇陀市室生区室生78】

詳細は室生寺公式サイトへ

国宝・五重塔と紅葉のライトアップが見事

中でも見応えのあるのが、国宝・五重塔と紅葉のライトアップです。参道から五重塔まで龍をかたどったライトアップが施され、一度見たら忘れられない印象的な光景です。

写真映えも抜群なので、足を運んだ際はぜひカメラに収めてみてくださいね♪

朱塗りの十三重塔が美しい|談山神社

奈良の紅葉スポットの中でも人気が高いのがこちらの「談山神社」です。約3000本に及ぶカエデが圧巻で、重要文化財である十三重塔と相まり迫力の光景です。

シーズン中は駐車場が混雑することもあるので、行かれる前には事前に周辺の駐車場情報をチェックするか、公共の乗り物を使って行かれるのがおすすめです。

【見頃:11月中旬〜12月上旬 】

【アクセス:奈良県桜井市多武峰319】

詳細は談山神社公式サイトへ

大化改新の談合を行った事からついた社号

西暦645年、大化改新の談合をこの地で行ったことから「談い山」、「談所ヶ森」呼ばれるようになり、談山神社の社号の起こりとなりました。

紅葉シーズンと同時期の毎年11月に行われる「けまり祭り」も有名で、雅な衣装を纏い、行われるその様は見るものを楽しませてくれます。

他にもたくさん!山・公園などのおすすめスポット

鹿で有名な奈良公園を始めとした数々のや山岳や公園・庭園など、紅葉の名所はまだまだたくさんあります。

広い公園なら気軽に足を運べるうえに、小さいお子さまでも楽しみやすいですよね♪ファミリーやカップルなどさまざまな方に楽しんでいただける紅葉スポットをご紹介します。

圧巻の大自然|大台ケ原

大台ケ原は奈良県上北山村に位置する標高約1200~1800mの高原台地です。自然豊かで森林や草原、山々から断崖に至るまで、一年を通してあらゆる自然の景色を楽しめるのが一番のポイント。

10月初旬〜12月上旬までの長い期間、紅葉を見る事ができるので、のびのびと紅葉狩りをしたい方はあえて観光客も落ち着いてくる、見頃を少し過ぎたあたりで見に行くのもおすすめです。

【見頃:10月中旬〜10月下旬】

【アクセス:奈良県吉野郡上北山村小橡大台山】

詳細は上北山村公式サイトへ

見渡す限り広がる美しい紅葉

日本百名山の一つでもある大台ケ原は豊富な降水量で湿潤な環境を生み出し、貴重な動植物の楽園となっています。きちんと道が整備されていて、駐車場から山頂までは起伏も少なめ・少しの登りで登頂できるので、お年寄りやお子さまでも気軽に足を運べます。

展望台から見る大自然のパノラマは息を飲む美しさで来た人を虜にしています。

自然や動物たちが身近に感じられる|奈良公園

鹿がいる事で有名な奈良公園は明治13年に開設され、歴史公園とも呼ばれるその公園内には、広大な敷地内に東大寺や興福寺、 春日大社、保存のための文化施設である国立博物館など、歴史的文化遺産を多く包蔵する建造物を豊かな自然が取り囲む県立公園です。

四季折々に姿を変える多様な樹木と、鹿をはじめとするタヌキやイノシシ・ムササビなども生息する自然と都市が見事に融合したスポットです。

【見頃:11月上旬〜11月下旬 】

【アクセス:奈良県奈良市雑司町】

詳細は奈良公園クイックガイドへ

かわいいシカと紅葉を写真に収めて

国の天然記念物に指定される野生のシカは園内のいたるところで見る事ができます。秋になると、モミジやナンキンハゼなど、さまざまな種類の樹木が色付き始め、11月下旬頃に紅葉のピークを迎えます。

動き回る動物を写真に収めるのは難しいですが、かわいいシカと紅葉のコラボは写真映え抜群!ぜひベストショットを狙ってみてくださいね♪

四季の美しさを伝える日本庭園|依水園

国の名勝に指定される依水園は、自然の景色を写して作られた「池水回遊式庭園」で四季の自然の美しさを大切にしています。その名の通り池の水に映る景色がとても綺麗で、特にドウダンツツジやイロハモミジなどの色鮮やかな樹木が揺れる水面に映る様はまるで鏡のようで、幻想的な光景です。

【見頃:11月中旬〜11月下旬 】

【アクセス:奈良市水門町74】

詳細は依水園公式サイトへ

二つの時代に作られた趣の異なる庭園

江戸期と明治期の二つの時代にまたがり作られた事でそれぞれ趣の異なる作りになっていて、二つの庭園様式を見る事が出来ます。園内には、食事や抹茶・お茶菓子の楽しめる食事処「三秀」や古美術品などの所蔵・展示する「寧楽美術館」など、景色以外の楽しみ方も出来るのがおすすめポイント。

色付く木々たちを堪能しながらゆっくりお茶をするのも良いかもしれませんね♪

日本三大三城の一つに数えられる城跡|高取城跡

 

高取山の山頂に築かれた山城である「高取城」は、南北朝以降、越智・本多・植村氏の居城として使われてきました。山城特有の自然豊かな城跡は季節によってさまざまな姿を見せてくれ、特に秋は赤や黄色の鮮やかな紅葉が有名です。

【見頃:11月中旬〜12月上旬 】

【アクセス:奈良県高市郡高取町高取】

詳細は高取町観光ガイド公式サイトへ

城跡ならではの荘厳な雰囲気

かつての城を囲んでいた石垣が荘厳な雰囲気を醸し出し、色鮮やかな紅葉とのコントラストが見どころとなっています。また、国見櫓からの眺望もとても綺麗なので余裕のある方はそちらもおすすめ。

国見櫓へは、徒歩のみでしか行く事が出来ず、途中で自販機や売店なども無いので、行かれる際は充分に準備してから行ってみてくださいね。

秋の奈良を心ゆくまで堪能して

奈良県には有名どころはもちろん、穴場的な紅葉スポットもいくつかあるので、紅葉狩りのお好きな方にはぜひ一度訪れて欲しいスポットです。ご夫婦や家族連れ・女子旅など、老若男女を問わず楽しめる場所がたくさんあるので、自分好みのスポットを見つけて美しい紅葉を楽しみに行ってみてくださいね♪

こちらの記事も読まれています

 

旅行カテゴリの最新記事