地震から身を守る安全対策まとめ|家の中で地震が起きた時の対処法

     
地震から身を守る安全対策まとめ|家の中で地震が起きた時の対処法

地震大国の日本。世界中の地震の約2割は日本の周辺で起きていると言われるほどです。

防災意識は高まっているものの、どこか他人事のように感じたり、少し大きめの地震が来てもすぐおさまるだろうと避難行動をとらずに過ごす方も多いのではないでしょうか。

改めて地震に対する防災について考え、もしもの時の行動につなげましょう。今回は家の中の地震対策をご紹介します。

家の中の安全な場所を探す

学校やオフィスなどでの防災訓練に参加したことがある方は多いですが、自宅での避難について訓練をしたり、家族と話をしたりすることは少ないのではないでしょうか。

とっさにどこが安全かを判断するのは難しいです。もしものために備えて地震が起きた時に安全な場所を把握しておくようにしましょう。

地震の時に安全な場所とは以下のような場所と言われています。

  1. 転倒物や落下物の少ない場所
  2. 窓が少ない場所
  3. 閉じ込められない場所

この3点について解説します。

1.転倒物や落下物の少ない場所

大きな家具や家電、照明器具などは地震が発生した際に転倒してきたり落下してくるリスクがあります。

1995年に発生した阪神・淡路大震災では住宅内部での被害が多く、負傷者の約半数は「家具の転倒・落下」が原因だったと言われています。

地震が発生したらまずはこういった場所から離れる行動をとりましょう。

2.窓の少ない場所

地震が発生すると窓ガラスが割れて飛び散る可能性があります。前述の阪神・淡路大震災では約3割がガラスの飛散によって負傷しました。

これまでの震災でもガラスの飛散は問題として取り上げられています。

3.閉じ込められない場所

トイレや浴室などは家の中でも狭い空間なので柱も多く丈夫に作られていて安全な場所と言われていました。

しかし揺れによって傾いてしまった場合ドアが開かなくなり、閉じ込められる危険性があります。

またユニットバスや小窓がないトイレなどは出口が確保できなくなる可能性も。揺れを感じたらドアを開けて出口の確保をしましょう。

見落としがちな家の中の危険

地震の対策を考えようとしたとき、どこからどう見直せばよいのでしょうか。ここからは各部屋にある危険を見ていきましょう。

無防備になっていることが多い「寝室」

まずは寝室です。阪神淡路大震災は早朝に発生したため、多くの方が寝室で亡くなられました。

就寝中は無防備になっているため、深夜や早朝に大地震が起こってしまった場合避難が遅れがちです。

そのため寝室を安全な場所にすることが重要です。

寝室にタンスや本棚など重くて背の高い大きな家具を置いていませんか?

他にも吊り下げ式の照明や、枕元に花瓶や電化製品、本なども頭の上に落ちてくると危険です。

窓側に頭を向けて寝ているという方はガラスの飛散で大きなケガをする可能性もあります。

限られた空間で物が多い「キッチン」

冷蔵庫や食器棚など大きな家具が多く転倒の危険があるキッチン。

冷蔵庫の上に物を置いたり、棚の上や高い場所に土鍋やホットプレートを置くなどしていませんか?

キッチンは大きな家具の転倒だけでなく、お皿や調理器具などの落下も大変危険です。

調理台の上にキッチンバサミや包丁などの刃物や、ガラス製の調味料入れなど割れやすいものを置いたままにしたり、吊り下げた状態にしていると落ちて来たり飛んだりしてケガにつながります。

火を使う場所なので、火災につながることも考えられます。

避難するときに通る場所「廊下・玄関」

廊下や玄関は避難するときに通る場所。花瓶や水槽、鏡などは割れる危険があります。

他にもゴルフバッグや後から設置した大きな棚などが逃げ道をふさいでしまうこともあります。

吊り下げ棚の中に割れやすいものや重いものを入れていると落ちてきて道をふさぎ、ケガをすることも考えられます。

1 2

ライフスタイルカテゴリの最新記事