藍染体験の関東おすすめスポット6選|本格染め物をだれでも簡単に

     
藍染体験の関東おすすめスポット6選|本格染め物をだれでも簡単に

【埼玉】天保8年創業の老舗/武州中島紺屋

天保8年(1837年)創業の老舗武州中島紺屋。伝統の工房の一部を公開したり、資料館を併設して伝統工芸の企画展などを行っています。

藍染の体験も予約を受け付けていて、木綿ハンカチやシルクショール、Tシャツなど多数のアイテムから選んで染色することができます。

4代目主人である中島安夫氏は県の無形文化財の指定も受け、カリフォルニア美術工芸大学で教べんを執るほど。中島氏の作品も販売されているので必見です。

武州中島紺屋
【住所】埼玉県羽生市大字小松223
【お問合せ】048-561-3358

詳細はこちら/武州中島紺屋公式サイト

【栃木】那須の空色に染める/那須の体験工房「和楽日(わらび)」

ホテルエピナール那須の敷地内にある体験工房「和楽日」では那須高原の思い出作りにおすすめの様々な体験ができます。

シルバーアクセサリーや栃木レザーを使った革小物づくりの他、藍染め体験プログラムも。

模様の付け方は、絞った部分が模様になる「しぼり染め」と、ロウで描いたところが模様になる「ロウ伏せ」の2種類から選べます。

色合いは那須の空をイメージした優しい藍色です。

エピナール那須には体験工房の他、日帰り温泉やレストランなども充実しているので1日のんびり楽しむのもおすすめです。

那須の体験工房「和楽日」
【住所】栃木県那須郡那須町大字高久丙1番地
【お問合せ】0287-78-6644

詳細はこちら/那須の体験工房「和楽日」公式サイト

【栃木】川ですすぐ藍染体験/藍絽座(あいろざ)

出典:藍絽座

明治時代に建てられた藏を改装した藍染工房「藍絽座」。

天然藍染の伝統的な色合いと、昔ながらの殺菌作用を現代に活かしていきたいと、作品の販売だけでなく、藍染め体験や、持ち込みの衣類の染め替えをしています。

藍染体験は毎月1回土曜日に開催されており、ランチ後に藍染体験がスタート。最後には清流名草川ですすいで完成です!

綿や麻などの天然繊維で染められるものなどの条件が合えば持ち込みもOKです。

藍絽座
【住所】栃木県足利市伊勢町2-7-5
【お問合せ】0284-44-3084

詳細はこちら/藍絽座公式サイト

関東の藍染体験で世界に一つのオリジナル作品を

今回は関東でおすすめの藍染体験スポットをご紹介しました。

染める素材や回数、柄の付け方など天然の染物だからこその味わい深く、世界に一つだけのオリジナル作品が作れるのも魅力です。

染料を自宅で一から作るのは大変ですが、こういった工房などでは気軽に楽しむことができます。

自分で体験するとより藍染の世界に魅了されてしまうかもしれませんよ♪

体験するときにはエプロンや手袋などを用意してくれている工房も多いですが、念のため汚れてもいい服装などで参加するのがおすすめです。

こちらの記事も読まれています

1 2

おでかけカテゴリの最新記事