一度は訪れたい九州の人気紅葉名所7選♪見頃の時期別スポット

一度は訪れたい九州の人気紅葉名所7選♪見頃の時期別スポット

秋の旅行に人気の観光地と言えば紅葉スポットがあります。たくさんの木々が赤や黄色に色を変える姿は見応えがあり、まさに秋の風物詩ですよね。全国に紅葉が有名な場所は数多くありますが、中でも九州地方には魅力的な紅葉スポットがいくつも存在します。

そこで九州で見ておきたいとっておきの紅葉の名所をご紹介します。

10月下旬〜11月中旬 に見頃を迎える人気スポット

せっかく紅葉を見に行くなら一番綺麗な時期に行きたいですよね。人気の紅葉スポットでも見頃はそれぞれ違う上に、毎年一番の見頃は若干の前後があったりするので、行きたいスポットの見頃は細めにチェックするのがおすすめ!

色々な木々が色づき始める10月下旬〜11月中旬に見頃を迎える紅葉スポットをご紹介します。

ロープウェイで山全体を一望|雲仙岳【長崎県】

日本で初めて国立公園に指定された場所である「雲仙(うんぜん)」。天気の良い日には遠くの霧島まで一望出来る景観の良さに、山一面を覆う濃い赤色の紅葉は圧巻です。九州地方では比較的早めの10月下旬頃から紅葉を楽しむ事が出来ます。

【見頃:10月下旬〜11月上旬】

【アクセス:長崎県雲仙市小浜町雲仙】

詳細は雲仙ロープウェイ公式サイトへ

ロープウェイから見る足元一面に広がった紅葉は圧巻

雲仙岳ふもとから繋がる雲仙ロープウェイに乗れば、紅葉を上空から見下ろす事が出来ます。地面から見る景色とはまた一味違い、見渡す限り広がる紅葉は一度は見ておきたい光景です。気候や季節によって運休や運行時間の変更があるので、行かれる際は事前に運行状況をチェックしておくのがおすすめです。

日本三大紅葉の一つ|耶馬渓【大分県】

提供元(一社)中津耶馬渓観光協会

もみじの里と呼ばれる耶馬渓は日本三大紅葉のひとつに数えられます。中でも耶馬渓で一番の景色を誇る「一目八景」は八つの奇岩が臨める事からこの名が付きました。周辺には耶馬渓ダム完成を記念して作られた2万平方メートルの日本庭園や、深い渓谷を繋げる猿飛千壺峡など、見応えのあるスポットがたくさんあります。

【見頃:10月下旬〜11月中旬】

【アクセス:大分県中津市大字島田219-2(中津耶馬渓観光案内所)】

詳細は中津耶馬渓観光協会公式サイトへ

色鮮やかなモミジは写真スポットとしても人気

耶馬渓周辺の一帯が紅葉スポットになっていてさまざまな景色を楽しめるので、写真スポットとしても人気です。フォトジェニックな穴場スポットを探しながら散策するのもおすすめの楽しみ方の一つ。写真好きの方にはぜひ一度訪れてほしいエリアです。

平家の落人伝説残る秘境|五家荘【熊本県】

九州中央の山地に広がる5つの地域の総称である五家荘。壇ノ浦の戦いに敗れた平家が落ち延びて里を作ったという「平家の落人伝説」が残る地としても有名です。モミジやカエデ・ブナなど、多様な木々が生えており、赤や黄色などカラフルな紅葉が楽しめます。

【見頃:10月下旬〜11月下旬】

【アクセス:熊本県八代市泉町】

詳細は五家荘情報発信サイト五家荘ねっとへ

中でも梅ノ木轟公園吊橋は必見スポット

こちらの吊り橋はロープを一本も使わないPC吊床版橋という方法で架かっており、周囲の景色と溶け込むように作られています。五家荘の中でも特に紅葉が美しく見えるスポットで、たくさんの木々に囲まれながら渡る吊り橋は、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

秋の終わり11月中旬〜12月上旬に見頃を迎えるスポット

徐々に寒くなってきた11月中旬を過ぎてもまだまだ見られる紅葉スポットはたくさんあります。カラッと乾いた冬の空に鮮やかな紅葉がよく映えて、秋のはじめに見られる紅葉とはまた違った雰囲気を楽しめますよ。11月中旬〜12月上旬まで見ることが出来る紅葉スポットをご紹介します。

九州でも人気の高い観光スポット|高千穂峡【宮崎県】

高千穂峡はその昔、阿蘇火山の火山活動で噴出した火砕流が流れた事によって生まれた珍しい形の急勾配の渓谷です。国の名勝・天然記念物にも指定されており、荒々しい渓谷と色鮮やかな紅葉のコントラストが美しく、渓谷の間を流れる川のボート遊覧も人気です。

【見頃:11月中旬〜11月下旬】

【アクセス:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井】

詳細は高千穂町観光協会公式サイトへ

色とりどりの紅葉が素敵

モミジやカエデなど、色とりどりの紅葉が楽しめるのが一番の魅力。周辺には日本の滝百景に選ばれた真名井の滝や高千穂神社・神話にゆかりのあるスポットが多数ある高千穂峡遊歩道など、観光にもおすすめのスポットです。

紅く染まる歴史的庭園|九年庵【佐賀県】

九年庵は明治時代、佐賀の大実業家である伊丹弥太郎氏の別邸と庭園として9年の歳月をかけて築かれました。竹格子の連小窓や真竹を用いた周りの濡縁、庭一面にじゅうたんのように広がるコケなど、自然と一体化して楽しめるよう工夫を凝らして建てられた別邸は、いかにこだわって作られたかが伺えます。

【見頃:11月中旬〜11月下旬】

【アクセス:佐賀県神埼市神埼町的1692】

詳細は神崎市観光協会公式サイトへ

9日間に渡り開催される紅葉の一般公開

毎年、一番紅葉が美しくなる11月15日〜11月23日迄の9日間のみ一般公開されてます。短い公開期間ですが、美しい紅葉と歴史的な別邸・庭園を見に毎年大勢の観光客の方が足を運びます。公開日には毎朝整理券が配布されており、そちらを持っていないと入園出来ないので注意が必要です。

また、来園者が多くなると整理券の配布が早めに終了する事があるので、ぜひ見たい!という方は朝から行くのがおすすめです。

鳥居と紅葉の幻想的なコントラスト|霧島神宮【鹿児島県】

花と紅葉で有名な霧島神宮の紅葉は11月下旬頃に最も見頃を迎えます。中でも三の鳥居を囲むモミジは美しく、鳥居とモミジの赤色が周囲を鮮やかに彩っていて絶好のフォトスポット。境内にはその他にもさまざまな植物が生えているので、参拝と合わせて森林浴もおすすめです。

【見頃:11月中旬〜11月下旬】

【アクセス:鹿児島県霧島市霧島田口2608-5】

詳細は鹿児島県霧島市公式サイトへ

神宮手前の県道沿いも見どころ

霧島神宮手前にある県道沿いも紅葉スポットの一つで、ドライブをしながら楽しむ事が出来ます。紅葉スポットは山中にある事が多いので、車に乗りながらなら、小さいお子さまやお年寄りでも気軽に楽しむ事が出来ますね♪

黒門を囲む色鮮やかなモミジ|秋月城跡【福岡県】

城下町として栄えた秋月には人気の紅葉スポット秋月城跡の「黒門」があります。黒門の周りには約20本のモミジが生えており、モミジの赤と門の黒がよく映えてとても美しい光景です。秋月は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、町全体に歴史ある趣を感じられるのが特長です。

【見頃:11月下旬〜12月上旬】

【アクセス:福岡県朝倉市秋月野鳥】

詳細は福岡県朝倉市公式サイトへ

杉の馬場で茶菓子を買ってぶらりと散策

「杉の馬場通り」と呼ばれる通りにはいくつかの茶店が並んでおり、そこでのんびりお茶をしながら紅葉を眺めるのもおすすめの楽しみ方の一つで、黒門付近にはお茶菓子をつまみながら散策をする観光客の方も多く見られます。

周辺には秋月郷土館もあり、秋月の歴史資料や美術品が観覧出来るので、歴史好きの方はそちらも合わせて足を運んでみてはいかがでしょうか?

休日は紅葉スポットで色づく木々に癒されて

鮮やかに色づく木々を楽しむ紅葉ですが、実は周りの自然物や建物によってその雰囲気はガラっと変わります。紅葉スポットの近くは観光地になっているところが多く、旅行をするのにもぴったりです。

休日は紅葉スポットに赴いて赤く染まったモミジやイチョウに癒されてみてはいかがでしょうか♪

こちらの記事も読まれています

旅行カテゴリの最新記事