あつぎ鮎まつり大花火大会2018☆デートに使える穴場情報も

あつぎ鮎まつり大花火大会2018☆デートに使える穴場情報も

神奈川県のほぼ中央に位置していて東京や横浜、名古屋などからもアクセスしやすい厚木市。温泉やグルメなどの観光資源も多い街で毎年開催されている「あつぎ鮎まつり」は市民参加型のお祭りとして大人気のイベントです。

その中で開催されている大花火大会は夏の風物詩となっています。今回はあつぎ鮎まつり大花火大会の見どころや穴場、お立寄りスポットなどをご紹介します。

ド迫力が魅力の“あつぎ鮎まつり大花火大会”

出典:あつぎ観光旅行社 Facebookページ

神奈川県厚木市で開催される「あつぎ鮎まつり大花火大会」は厚木の花火と親しまれています。今年で72回目を迎えるあつぎ鮎まつりの初日の夜に開催され、毎年多くの見物客でにぎわう一大イベントです。

花火大会の詳細は以下の通りです。

開催日:2018年8月4日(土)
時 間:19:00~20:30※荒天の場合は翌日8月5日に延期
場 所:神奈川県厚木市 相模川河川敷(三川合流点)
アクセス:小田急線本厚木駅より徒歩10分/JR相模線厚木駅より徒歩15分

8月4・5日の二日間で開催される「あつぎ鮎まつり」は、花火大会だけでなくパレードやダンスイベント、鮎のつかみ取りや民謡踊りなど楽しみ満載で1日楽しめる人気のお祭りです。昨年の来場者数は53万人とにぎわい、「かながわのまつり50選」の一つに数えられています。

迫力満点のナイアガラやワイドスターマイン

出典:あつぎ観光旅行社 Facebookページ

あつぎ鮎まつり大花火大会は県下最大級の打上数を誇り、約1万発の花火を楽しむことができます。河川敷が開催場所なので視界も良く、観覧席と打上場所が近いので大迫力の花火を間近で見れるのもポイントです。

また、スターマインで始まり、大玉や創作花火など次々と打ち上る多彩なプログラムで飽きることがありません。一番の目玉はフィナーレを飾る県下最大級の「大ナイアガラ」。連続して打ち上るスターマインとの共演は必見です。

ナイアガラまで100mの最良席「エキサイティングシート」

出典:あつぎ観光旅行社 Facebookページ

あつぎ鮎まつり大花火大会では8月4日の朝まで河川敷での場所取りは禁止されています。それまでに設置されたシート等は予告なく撤去されてしまうので注意しましょう。人気のイベントのため毎年お昼ごろには河川敷はシートで埋まっている状態になります。

ゆっくりと花火大会を楽しみたい方には有料席の「エキサイティングシート」がおすすめです。

エキサイティングシートの種類は以下の通りです。

  • 2人シート席(定員2名)6,000円
  • 4人シート席(定員4名)10,000円

また、海老名側にも「ファンタスティックシート」として2~5人用のシート席が発売されています。周囲に露店などはありませんが、打ち上げ場所から400mと近いので迫力のある花火が楽しめます。

チケットの購入は7月上旬から全国のセブンイレブンで発売が開始されます。「エキサイティングシート」はフィナーレの大ナイアガラから100mのスポットで大迫力の花火が楽しめる最良席です。チケットの購入は早めに検討をおすすめします。

あつぎ鮎まつり大花火大会2018の穴場スポット4選☆

定番の観覧スポットはエキサイティングシートもある相模川河川敷です。とても広い河川敷ですが毎年大変な混雑をみせます。なるべく混雑を避けたいという方や、早めの場所取りが難しい方におすすめの穴場スポットをご紹介します。

無料開放になる「厚木野球場」

メイン会場より西にある厚木野球場は花火大会当日無料開放されています。ナイアガラや仕掛け花火は見えませんが、会場からも近いので迫力のある打ち上げ花火が楽しめます。

野球場なのである程度の広さもあり、夕方くらいまで場所取りもしやすいです。

詳細はこちら/厚木市公式サイト

関連イベントも開催される「厚木中央公園」

出典:厚木市観光協会ポータルサイト

本厚木駅から徒歩5分の場所にある厚木中央公園は、昼間には鮎まつりの関連イベントが開催されています。

アクセスも良く、公園内にはトイレや芝生もあり、屋台も多数出ているのでお祭り気分を楽しみながら花火を鑑賞することができます。

詳細はこちら/厚木市観光協会ポータルサイト

打上場所から近い「金田第二青少年広場」

本厚木駅からメイン会場を過ぎた場所にある金田第二青少年広場は打上場所から近く、迫力のある花火が楽しめるおすすめスポットです。

駅からは距離があるため比較的空いている穴場となっています。野球場2面分の広さがあるのでゆったり鑑賞できます。

詳細はこちら/関東グランド地図

芝生でのんびり鑑賞「神奈川県立相模三川公園」

出典:神奈川県立相模三川公園 Facebookページ

メイン会場よりも北側にある相模三川公園も穴場スポットです。厚木市方面からは近くに橋がないので海老名市側からアクセスすることになります。

海老名駅からは徒歩15分ほどです。公園内には芝生エリアもあり、トイレもあるので安心です。

詳細はこちら/神奈川県立相模三川公園公式サイト

デートにおすすめ☆花火会場周辺お立寄りスポット5選

最後に、花火会場周辺のデートにもおすすめの立ち寄りスポットをご紹介します。デートの雰囲気を高めてくれる素敵なカフェや朝まで営業している居酒屋、記念日にもおススメのお店など様々。

予約ができるお店も多いので、デートコースを考えているなら早めの予約がおすすめです。

24時まで営業「カフェ 鈴木」

出典:カフェ 鈴木 Facebookページ

落ち着いた大人の空間を感じるカフェ鈴木。間接照明で暗く非日常感を演出しています。自家焙煎のエスプレッソが評判で、そのエスプレッソで作られる珈琲ゼリーは賞味期限30秒という演出も楽しめる人気メニューです。

本厚木駅から徒歩3分の場所にあり24時まで営業しています。

詳細はこちら/カフェ 鈴木公式サイト

お任せコースが楽しめる「otoCono-katte.(オトコノカッテ)」

出典:otoCono-katte.

完全予約制の居酒屋。カッテに料理を決めちゃうお店として、炭火焼を中心にお腹とフトコロ具合に応じてお任せコースが楽しめます。ドリンクやアルコールも100種類の本格焼酎や7種の国産プレミアムビールを中心に充実しています。

おもてなし規格認証も取得し、誕生日や記念日など大切な日にも安心して利用できます。

詳細はこちら/ otoCono-katte.公式サイト

駅近ビアガーデン「Glamping terrace W.Ru(ダブル)」

出典:本厚木ビアガーデン Glamping terrace W.Ru~ダブル~

本厚木駅から徒歩1分の場所にある豪華なキャンプをしているような雰囲気の屋上ビアガーデンです。

周囲には高いビルもなく、夏の無限の夜空を楽しみながら吟味した食材による美味しい料理や創作ドリンクなどを心行くまで楽しめます。ネット予約もできますよ。

詳細はこちら/本厚木ビアガーデン Glamping terrace W.Ru公式サイト

幻想的な空間「アクアリウム カフェ アフィニティ」

出典:AQUARIUM CAFE Affinity Facebookページ

海老名側での鑑賞時におすすめの、大きな水槽が幻想的なアクアリウムカフェです。ランチからディナーまで通して営業しているので、花火の前後で立ち寄ることができます。

人気のパルミジャーノチーズリゾットや、季節で変わる旬のフルーツを使ったカクテルなどがいただけます。

詳細はこちら/ AQUARIUM CAFE Affinity Facebookページ

終電を気にせずゆっくり「Japanese Diningかん助」

出典:Japanese Dining かん助 Facebookページ

翌7時まで営業しているこだわりの地酒や梅酒などが楽しめる居酒屋さんです。原価出しの小田原港直送お刺身盛り合わせや特盛のイベリコ豚のグリルなど旬の市素材を使ったメニューがいただけます。

カップルに人気のカウンター席や個室も完備。終電を気にせずのんびりお酒を楽しみたい方におすすめです。

詳細はこちら/ Japanese Diningかん助公式サイト

アクセスも抜群の厚木で花火大会を楽しもう

今回は厚木市で開催される「あつぎ鮎まつり大花火大会」についてご紹介しました。各方面からアクセスもしやすく、70年以上の歴史があってたくさんの人で賑わう盛大なお祭りです。周辺では温泉や豊かな自然なども楽しめますので、地元の人だけでなく観光でも1日楽しむことができますよ。是非夏の思い出に厚木を訪れて花火を満喫してくださいね。

他に関東で開催される花火大会情報




関西で開催される花火大会情報




旅行カテゴリの最新記事