葛飾花火大会2018☆有料席や穴場でド迫力の花火を楽しもう!

葛飾花火大会2018☆有料席や穴場でド迫力の花火を楽しもう!

今年も盛大に盛り上がる花火大会の季節がやってきました♪下町葛飾で開催される人気の葛飾納涼花火大会の詳細や有料席情報をご紹介します。

今年はしっとりと混雑を避けて鑑賞したいという方には穴場スポットを、デートにおすすめの打ち上げ前後に立ち寄れるスポットなども合わせてご紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

下町情緒あふれる葛飾納涼花火大会

隅田川の花火よりも一足先に開催される第52回葛飾納涼花火大会。

毎年7月の第4火曜日に東京都葛飾区柴又で開催される、下町ならではの豪華で見ごたえのある花火大会です。

現在では下町情緒と江戸の夏の風物詩が満喫できると地元だけでなく各地から来場者を集める人気の花火大会になりました。

開催日:2018年7月24日(火)
時 間:19:20~20:20※荒天の場合翌日に順延、翌日も荒天の場合中止
会 場:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)
打上数:約13,000発

会場への電車でのアクセスは京成金町線「柴又駅」、北総鉄道「新柴又駅」、JR「金町駅」が便利。例年約58万人もの来場者が見込まれているので、最寄の柴又駅を外した駅の利用がおすすめです。

打ち上げ場所が近い臨場感が魅力

葛飾納涼花火大会は観客席が打ち上げ場所から近く、都内でも屈指の臨場感を味わえる迫力が特徴です。

また、毎年恒例のキャラクター花火では「寅さん」や「両さん」「キャプテン翼」「モンチッチ」など葛飾にゆかりのあるキャラクターが夜空に打ち上ります。

日本固有の「和火」や最新のコンピュータ制御のデジタルスターマイン、大空中のナイアガラなどプログラムも満載です。最後には約2分間で1500発を一気に打ち上げ壮大なクライマックスを演出します。

迫力満点の有料指定席

葛飾納涼花火大会では全部で4カ所の有料席が設けられます。すべて指定席なのでゆったり鑑賞することができます。有料指定席専用のトイレもあるので、ゆったりと落ち着いて花火を鑑賞したい方におすすめです。ビニールシートのマス席で、人数に合わせて座席の種類が選べます。

チケットの購入は以下の通り。

イープラスホームページ

・全国のファミリーマート店内の端末(Famiポート)

※区役所や実行委員会事務局での販売はありません。

場所取りもしやすい穴場観覧スポット

ここからは会場周辺の穴場スポットをご紹介します。早い時間から場所取りをするのは難しいという人にも、周囲をのんびり観光してから鑑賞したい人にも、混雑を避けてゆったりとした場所を探している人にもおすすめです。

会場からも近い/とんがり帽子の取水塔周辺

メイン会場から金町駅側にある“とんがり帽子の取水塔”は「男はつらいよ」や「こちら葛飾区亀有公園前派出所」にも登場する葛飾のシンボル的存在です。メイン会場からもそれほど離れてはいませんが、比較的混雑もなく穴場スポットです。

詳細はこちら/葛飾観光ポータルサイト かつまるガイド

花火を正面で観られる/矢切の渡し

出典:葛飾観光ポータルサイト

松戸川の河川敷にある矢切の渡しは、江戸初期から続く柴又と千葉県を結ぶ渡し船が都内で唯一残る貴重な渡し場です。

花火大会当日は打上会場の正面で楽しめるスポット。メイン会場周辺よりは混雑も少なくおすすめです。

詳細はこちら/葛飾観光ポータルサイト かつまるガイドへ

広々芝生で鑑賞/江戸川ラインゴルフ松戸コース

打上会場の対岸にあるゴルフ場です。距離的には少し離れますが、遮る建物等もなくしっかりと鑑賞することができます。

当日はゴルフ場が開放されているので、広々とした敷地でゆったりと場所取りにもおすすめです。最寄り駅は金町駅から徒歩23分ほど。松戸駅からはバスも出ています。

詳細はこちら/江戸川ラインゴルフ松戸コース公式サイト

情緒あふれる景色/柴又街道

出典:葛飾観光ポータルサイト

帝釈天へと続く柴又街道も花火鑑賞の穴場スポットです。車の交通規制がかかっているので安全で、高い建物も少ないので比較的混雑が少ない状況で立ち見鑑賞ができます。

粋な下町を楽しむ♪おすすめ立ち寄りスポット

最後に花火大会当日におすすめの立ち寄りスポットをご紹介します。会場周辺には柴又が誇る観光名所やグルメスポットもたくさんあります。情緒あふれる街なので、カップルで浴衣を着て歩くだけでも絵になりますよ☆

米国誌で3位にランクインした日本庭園/山本亭

出典:葛飾観光ポータルサイト

地元ゆかりの山本工場(カメラ部品製造)の創設者の旧家を一般公開している施設です。

大正末期から昭和初期にかけで増改築された、当時は珍しい二世帯住宅で、大理石のマントルピースや寄木を用いたモザイク模様の床、ステンドグラスの窓など昭和初期独特の洋風建築が楽しめます。

入場料100円で、アメリカの日本庭園専門誌で日本庭園ランキング3位に選ばれた庭園を眺めながら抹茶や珈琲、ラムネなどもいただくことができます。浴衣デートのフォトスポットにもおすすめです。

詳細はこちら/葛飾観光ポータルサイト 葛飾区山本亭

「男はつらいよ」のモデルになった和菓子屋さん/高木屋老舗

映画「男はつらいよ」のモデルとして知られる和菓子屋さんです。人気の草団子は少し苦みがあるお餅に素朴な餡子の甘味が引き立つ美味しい一品です。

あんみつやおでんなどを店内でいただくこともできます。帝釈天からほど近く食べ歩きにもおすすめ。

詳細はこちら/高木屋老舗公式サイト

月島や浅草とはひと味違う/もんじゃ焼と陸(とろく)

柴又駅から2分ほどの場所にある人気もんじゃ焼き屋さんです。

50年前に先代店主が開発した伝統のお好み焼用黒ソースやココでしか食べられない塩味ベースのホワイトもんじゃなどバラエティーに富んだもんじゃ焼きやお好み焼きをいただくことができます。

お酒も日本酒や焼酎・ビールはもちろん本格的なカクテルも楽しめます。23時まで営業しているので、花火を楽しんだ後も立ち寄れます。

詳細はこちら/とろく柴又本店公式サイト

カジュアルなダイニングバー/ピースタイムダイニング

出典:Peace Time Dining Facebookページ

金町駅から2分の場所にあるイタリアンバルです。おしゃれなバルですが下町感もあり、美味しい料理をおつまみにお酒が楽しめます。21時からは生ハム食べ放題サービスもあり人気。

詳細はこちら/Peace Time Dining公式サイト

下町の夏は葛飾の花火大会で満喫しよう♪

今回は葛飾納涼花火大会の詳細や有料席、穴場スポットなどをご紹介しました。

明るい時間から仲見世や商店街などの下町をぶらりと散策したり、有名な帝釈天にお参りに行ってから花火大会会場に向かえば1日通して柴又を楽しむことができます。活気あふれる葛飾の花火大会を是非満喫してくださいね。

他に関東で開催される花火大会情報




関西で開催される花火大会情報




国内旅行カテゴリの最新記事