葛飾花火大会2019まとめ|チケット購入からおすすめ穴場スポットまで

葛飾花火大会2019まとめ|チケット購入からおすすめ穴場スポットまで

今年も盛り上がる花火大会の季節がやってきました。下町葛飾で開催される人気の葛飾納涼花火大会の詳細や有料席情報をご紹介します。

今年はしっとりと混雑を避けて鑑賞したいという方には穴場スポットを、デートにおすすめの打ち上げ前後に立ち寄れるスポットなども合わせてご紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

下町情緒あふれる「葛飾納涼花火大会」

隅田川の花火よりも一足先に開催される第53回葛飾納涼花火大会。

毎年7月の第4火曜日に東京都葛飾区柴又で開催される、下町ならではの豪華で見ごたえのある花火大会です。

現在では下町情緒と江戸の夏の風物詩が満喫できると地元だけでなく各地から来場者を集める人気の花火大会になりました。

開催日:2019年7月23日(火)
時 間:19:20~20:20※荒天の場合翌日に順延、翌日も荒天の場合中止
会 場:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)
打上数:約13,000発

会場への電車でのアクセスは京成金町線「柴又駅」、北総鉄道「新柴又駅」、JR「金町駅」が便利。去年は77万人もの来場者いたので、混雑を避けるために最寄の柴又駅を外した駅の利用がおすすめです。

打ち上げ場所が近いので臨場感がある

 

この投稿をInstagramで見る

 

スズキさん(@suzuki6355)がシェアした投稿

葛飾納涼花火大会は観客席が打ち上げ場所から近く、都内でも屈指の臨場感を味わえる迫力が特徴です。

また、毎年恒例のキャラクター花火では「寅さん」や「両さん」「キャプテン翼」「モンチッチ」など葛飾にゆかりのあるキャラクターが夜空に打ち上ります。

日本固有の「和火」や最新のコンピュータ制御のデジタルスターマイン、大空中のナイアガラなどプログラムも満載です。

最後には約2分間で1500発を一気に打ち上げ壮大なクライマックスを演出します。

有料指定席のチケットを購入する方法

葛飾納涼花火大会では全部で4カ所の有料席が設けられており、すべて指定席なのでゆったり鑑賞することができます。

有料指定席専用のトイレもあるので、ゆったりと落ち着いて花火を鑑賞したい方におすすめ。

ビニールシートのマス席で、人数に合わせて座席の種類が選べます。

チケットの購入は以下の通りです。

【24時間OK&Pコードが必要】

  1. 自動音声の電話|0570-02-9999
  2. コンビニ|セブンイレブン店内端末

Pコード:642-405

【チケットぴあでの購入】

  1. ネットで購入|チケットぴあ公式サイト
  2. 実店舗で購入|チケットぴあ ゆうろーど・サービスカウンター(亀有3-21-6)

区役所・葛飾納涼花火大会実行委員会事務局での販売は行っておらず、チケット業者による委託販売です。

電話・インターネット・実店舗から選べて24時間OKなものが多いので、ぜひご活用ください。

【東京】葛飾花火大会の2019年おすすめ穴場スポット7選

ここからは会場周辺の穴場スポットをご紹介します。

早い時間から場所取りをするのは難しいという人にも、周囲をのんびり観光してから鑑賞したい人にも、混雑を避けてゆったりとした場所を探している人にもおすすめです。

葛飾のシンボル/とんがり帽子の取水塔周辺

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bunchingさん(@mycmsak)がシェアした投稿

メイン会場から金町駅側にあるとんがり帽子の取水塔は、“とんがり帽子の取水塔”と呼ばれ親しまれています。

「男はつらいよ」や「こちら葛飾区亀有公園前派出所」にも登場する葛飾のシンボル的存在です。

こち亀のテーマソングに“とんがり帽子の取水塔”のネーミングで登場しています。

メイン会場からもそれほど離れてはいませんが、比較的混雑もなく穴場スポットです。

金町浄水場の取水塔の詳細情報

【住所】東京都葛飾区金町浄水場1-1
【電話番号】03-5660-1161(金町浄水管理事務所)
【アクセス】JR京成 金町駅から徒歩15分

詳細は東京都水道局公式サイトへ

江戸川を見渡せる/新葛飾橋

 

この投稿をInstagramで見る

 

❁ a m i ❁さん(@sa_bbb89)がシェアした投稿

とんがり帽子の取水塔から少し進んだところにあるのは、江戸川を見渡せる新葛飾橋。国道6号線の矢切の上にあります。

混雑が少なく、地元の人が訪れる穴場スポットです。花火が見える方には道路やビルなど何もないので花火鑑賞にぴったり。

川に映る花火の光も幻想的で、美しい夏の時間を過ごせます。

新葛飾橋の詳細情報

【住所】東京都葛飾区金町3丁目
【アクセス】JR常磐線 金町駅より徒歩すぐ

花火を正面で鑑賞する/矢切の渡し

 

松戸川の河川敷にある矢切の渡しは、江戸初期から続く柴又と千葉県を結ぶ渡し船が都内で唯一残る貴重な渡し場です。

花火大会当日は打上会場の正面で楽しめるスポット。メイン会場周辺よりは混雑も少なくおすすめです。

矢切の渡しの詳細情報

【住所】東京都葛飾区柴又7-18
【営業時間】10:00~16:00
【電話番号】047-362-1256(京成バス松戸営業所)
【アクセス】 京成線 柴又駅より徒歩10分

詳細は松戸市観光協会公式サイトへ

屋上が無料開放/アリオ亀有

アリオ亀有では通常は有料の屋上駐車場が、葛飾花火大会の日には無料開放されます。

スーパーがあるので食べ物や飲み物を購入しやすく、車で行けば帰宅もスムーズ。

トイレも建物内にあるので安心。お子さん連れの方や、花火を見ることに集中したい方におすすめです。

アリオ亀有の詳細情報

【住所】東京都葛飾区亀有3-49-3
【営業時間】 屋上駐車場無料開放 17:00〜21:00
【電話番号】03-3838-4111
【アクセス】 JR常磐線・上野東京ライン 亀有駅より徒歩すぐ

詳細はアリオ亀有公式サイトへ

知る人ぞ知る有名スポット/葛西神社

 

この投稿をInstagramで見る

 

hiroyuki ishikawaさん(@hiknife)がシェアした投稿

葛西神社の周辺にある土手は、地元の人でも知る人ぞ知る有名な穴場スポット。

川沿いなので建物がなくキレイに見られて、土手に座ってゆっくりと花火を鑑賞することができます。

葛西神社の裏の土手を上がったところも、人が少なくて、花火がキレイに大きく見えるのでおすすめです。

葛西神社の詳細情報

【住所】東京都葛飾区東金町6-10-5
【アクセス】JR京成 金町駅から徒歩で7分

詳細は葛西神社公式サイトへ

1 2

旅行カテゴリの最新記事