W杯の開催国「ロシア」へ!有名都市の楽しみ方や旅のコツ♪

     
W杯の開催国「ロシア」へ!有名都市の楽しみ方や旅のコツ♪

「2018 FIFAワールドカップ」では、日本代表チームも決勝トーナメントまで進出し、国としての一体感が見られた素敵な大会でしたね!そんな「2018 FIFAワールドカップ」の開催地と言えば、ユーラシア大陸北部にある大きな国「ロシア」です。

今回は「2018 FIFAワールドカップ」の開幕戦や決勝戦が行われたスタジアムがある都市「モスクワ」、そして準決勝が行われたスタジアムがある都市「サンクトペテルブルク」の魅力や旅のコツをご紹介します♪

「モスクワ」のおすすめスポットTOP3

「2018 FIFAワールドカップ」の開幕戦や決勝戦を行ったスタジアム「ルジニキ・スタジアム」があるロシアの首都「モスクワ (Moscow)」。「モスクワ」には、多くの観光客が集まる素敵なスポットがたくさんあります♡

ユネスコ世界遺産に登録されている「クレムリン&赤の広場」

1990年頃の旧ロシア帝国時代から残る大きな壁に囲まれた宮殿「クレムリン」と、隣に広がる73000㎡の広場「赤の広場」は、どちらもユネスコ世界遺産に登録されている、モスクワの絶対に外せない観光スポットです。

また「赤の広場」の中には有名な「聖ワシリイ大聖堂」があります。玉ねぎのような形をしているドームで成り立っている「聖ワシリイ大聖堂」はカラフルでとても可愛らしいです♡ 同じエリアで複数の有名建造物が見られるので、是非足を運んでみてください。

文化や歴史が学べるテーマパーク「VDNKh (VDNH)」

「VDNKh (VDNH)」は、ロシアの文化や歴史が学べるテーマパークのような博物館です。エリア内には大きな噴水があったり、数々の彫像が並んでいます。

また広大な敷地を自転車で周れたり、休憩するレストランやカフェもあります。展示物は時期によって異なりますが、現在だと「2018 FIFAワールドカップ」を記念した、ロシアにおけるサッカーの歴史についての展示会が行われています♪

VDNKh(VDNH)の公式サイト(英語サイト)はこちらから

カラフルに輝くテレビ塔「Ostankino Tower」

夜になると綺麗に輝く大きなテレビ塔「Ostankino Tower」。どこか東京の「スカイツリー」のようにも見えますね。朝10時から夜23時までの間は「Ostankino Tower」を登ることができて、337m上の世界からは、360度の絶景が楽しめます。

ガラス張りになっている素敵なレストランでのディナーもおすすめです♡ また、夜になると「Ostankino Tower」がカラフルなライトで輝くので、外に出て周辺からタワーを見上げてみてください!

「Ostankino Tower」の公式サイト(英語サイト)はこちらから

「サンクトピチルブールク」のおすすめスポットTOP3

「2018 FIFAワールドカップ」の準決勝を行ったスタジアム「クレストフスキー・スタジアム」がある「サンクトピチルブールク (Saint Petersburg)」。多くの詩人や画家のインスピレーションにもなっている、雰囲気が素敵な人気都市です。

旧宮殿が博物館に「The State Hermitage Museum」

1760年頃から1920年頃にかけてロシア皇帝が生活をしていた「Winter Palace」。とにかく大きくて豪華な宮殿です。そんな「Winter Palace」の中には、「The State Hermitage Museum」と呼ばれている人気観光スポットがあります。

緑と白の壁が特徴的な「The State Hermitage Museum」は、1786個のドア、1945個の窓、そして1057つの部屋や廊下で成り立っていて、自由に見学が可能になっている場所も多くあります。

「The State Hermitage Museum」の公式サイト(英語サイト)はこちらから

まるでアラジンのお城「Church of Our Saviour on Spilled Blood」

1883年から約20年かけて建てられた教会「Church of Our Saviour on Spilled Blood」は、サンクトピチルブールクを訪れた際には必ず行きたい観光スポットです。外観だけではなく、中の壁や天井まで、全てがとても細かく造られていて素晴らしい教会です。

夜になると橋が開く現象「Opening Bridges」

サンクトピチルブールク中で夜になると不思議な現象が。なんと街中にある数々の橋が開くのです!大きな船が通れるように、「Palace Bridge」「Trinity Bridge」「Blagoveshchenskiy Bridge」「Liteiny Bridge」などの橋が自動で開きます。日本では開いたり閉じたりする橋はあまり見ないので、新鮮な光景が楽しめます♪

移動は寝台列車♪ 利用方法をチェック

アメリカ合衆国の約2倍の敷地を持つロシアには、数えきれないほどたくさんの都市があります。見たいもの、行きたい場所がどんどん出てきますよね!そんなロシアを旅するのにぴったりな移動手段が、寝てる間に移動ができる「寝台列車」♪

交通費も宿泊費もお得に

ピンポイントで行きたい都市を旅行する場合、電車や飛行機での移動も良いですが、「寝台列車」を利用することで、一晩の宿泊代と移動交通費が一緒になり、お得に旅ができます。また、夜は夕日や夜景、朝は朝日など、窓からの景色を楽しみながら移動が出来るので楽しいです。

あっという間に目的地に到着「Red Arrow Train」

ご紹介してきた有名都市「モスクワ」と「サンクトピチルブールク」は約635km離れています。2つの都市の間を走っている寝台列車「Red Arrow Train」だと夜出発をして約8時間後の朝には目的地に到着しています。

列車内の部屋にはベッドやテーブル、鏡やエアコン、そしてテレビやシャワーがついている場合も!車内でも快適に過ごせるのは嬉しいポイントです。

「Red Arrow Train」の公式サイト(英語サイト)はこちらから

迫力のある建造物を巡るロシア旅を♡

豪華な宮殿に可愛らしい教会、たくさんの有名建造物が存在する国「ロシア」。「2018 FIFAワールドカップ」の開催地だったこともあり、観光客の間で話題になっている国でもあります。

「ロシア」にある2つの有名都市「モスクワ」と「サンクトピチルブールク」のおすすめスポットをぜひチェックして、必見の価値あり!素晴らしい建造物の数々が鑑賞できるロシア旅お楽しみください♡

こちらの記事も読まれています

海外旅行カテゴリの最新記事