新型コロナ下で有利なテレワーク主体の派遣求人を探す3つのポイント

     

近年、新しい働き方として注目を集めている「テレワーク」。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言をきっかけに、テレワークを導入する企業が増えつつあります。

今後も、「withコロナ時代」の働き方として、テレワークを導入する企業が増えていくと予想されます。

そんな中、派遣業界でもテレワーク可能な求人が増えています。派遣の仕事を探されている方なら、テレワーク対応状況を仕事選びの一つの基準とする方もいるでしょう。

本記事では、テレワーク主体の派遣求人の探し方についてポイントを解説します。

この記事の要約
  • テレワークを導入する企業が今後も増えていくことが予想される
  • 検索キーワードはテレワークのほか、在宅勤務、リモートワークが有効
  • テレワーク主体の派遣には、派遣会社への登録が必須
目次

新型コロナウイルス下で派遣社員のテレワーク導入が進む

新型コロナウイルス下で派遣社員のテレワーク導入が進む

新型コロナウイルス下で、社員の感染防止のためテレワークを導入する企業が増えています。

政府は、企業に対して正社員だけではなく、派遣社員でも可能な場合はテレワークの実施を求めています。

出典:新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた 派遣労働者に係るテレワークの実施について(要請)

また、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中で企業がとるべき対策として、BCP(事業継続計画)が注目されています。

BCP(事業継続計画)とは

BCPとは、Business Continuity Planの略語。想定外の事態が発生した場合、どのようにして企業の事業を継続していくか、その方法や手順を定めた経営計画のこと。

今回の新型コロナウイルスのケースでは、従業員の感染・死亡などによる人的資源の被害の恐れがあるのが特徴です。

企業は今できる備えを進め、従業員を守らなければなりません。

新型コロナウイルスは現時点(2020年7月)で感染蔓延期にあり、引き続き十分な注意が必要です。

テレワーク主体の派遣求人を探すための予備知識

テレワーク主体の派遣求人を探すための予備知識

以下では、主にテレワークで働ける派遣求人を探すうえで、知っておきたい予備知識を解説します。

テレワーク主体の派遣求人を探すための予備知識

  • そもそもテレワークとは
  • テレワークの派遣求人が多い職種
  • 無期雇用派遣と有期雇用派遣の違い

そもそもテレワークとは

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を問わず柔軟な働き方を指します。

テレワーク=tele(遠い)とwork (働く)を合わせた造語。「離れた場所」で働くことを意味する

テレワークは働く場所によって、「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス・テレワーク(施設利用型テレワーク)」の3つに分けられます。

出典:テレワークとは|日本テレワーク協会

また、テレワークに向いているのは以下のような人です。

  • 妊娠や育児、介護などにより通勤が困難な人
  • 身体障害やケガなどにより身動きが困難な人

しかし現状は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた社会的責任という観点からも、可能な範囲でテレワークへの移行が望ましい状況となっています。

テレワークの派遣求人が多い職種

派遣社員としてテレワークで働きたいと考えたものの、自分の得意分野がテレワークに適した職種でないこともあります。

テレワークは、次のような職種との相性が良いです。

  • 物理的にその場にいなくても可能な業務
  • 仕事の成果がはっきりとわかる業務
  • 専門性が高く、希少なスキルが必要な業務

以上の理由から、次のような職種のニーズが多くなっています。

テレワークの派遣求人が多い職種
  • 事務
  • 営業
  • ITエンジニア
  • WEBデザイナー
  • WEBライター・校正・校閲
  • WEBマーケティング
  • カスタマーサポート
  • コンサルタント など

また国土交通省の調査によると、派遣の有無に関わらず、テレワークの働き方は「情報通信業」で最も普及しています。

その次が、「学術研究、専門・技術、サービス業」です。

出典:平成31年度(令和元年度) テレワーク人口実態調査 -調査結果の概要- 令和2年3月 国土交通省 都市局 都市政策課 都市環境政策室

無期雇用派遣と有期雇用派遣の違い

派遣社員としてテレワークで働くために、派遣社員の種類についても知っておくと良いでしょう。

派遣社員は大きく分けて「無期雇用派遣」と「有期雇用派遣」の2種類があります。

無期雇用派遣とは

派遣会社と派遣スタッフの間で期間を限定せずに雇用契約を結ぶ派遣

一方で有期雇用派遣は、雇用契約の期間が定められています。

有期雇用派遣とは

派遣スタッフが派遣先に勤務している期間のみ、派遣会社と派遣スタッフの間に雇用契約が発生する派遣

また、無期雇用派遣と有期雇用派遣の違いは、主に2つあります。

1つ目は、採用方法に関する違いです。

  • 無期雇用派遣は、派遣会社の採用選考に応募し、選考を受けて合格しなければならない
  • 有期雇用派遣は、派遣先を紹介してもらうために、事前登録をする

2つ目は、給料の受け取り方に関する違いです。

  • 無期雇用派遣は、常に派遣会社との雇用契約を結んでいるため、毎月、定額の給料が得られる
  • 有期雇用派遣は、派遣先がない限り、派遣会社からの給料は発生しない

無期雇用派遣と有期雇用派遣、それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで選びましょう。

テレワーク主体の派遣求人の探し方3つのポイント

テレワーク主体の派遣求人の探し方3つのポイント

では、実際にテレワーク主体の派遣求人を見つけるには、どのように探せばよいのでしょうか。

ここでは、派遣サイトで求人を見つける方法について解説していきます。

テレワーク主体の派遣求人の探し方3つのポイント

  • エリアや職種など複数の条件で求人情報を探す
  • 「在宅勤務」「リモートワーク」など関連キーワードで検索する
  • 派遣の仕事紹介は登録が完了していることが条件

エリアや職種など複数の条件で求人情報を探す

派遣サイトで求人情報を検索するときは、初めに希望する職種や勤務地エリアといった基本の条件を選択します。

この時点ではテレワークかどうかがわからないため、詳細条件や「こだわり条件」を指定します。

それらの条件に「テレワーク」、もしくはテレワークの働き方に近い項目があるかチェックしてみてください。

テレワークの派遣求人を探す場合は、この項目にチェックを入れて検索してみるとよいでしょう。

「在宅勤務」「リモートワーク」など関連キーワードで検索する

テレワークは働く場所によって、「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス・テレワーク」の3つに分けられることを述べました。

しかし実情は、テレワークと言えば、オフィスへ出勤せずに自宅で働くスタイルという考え方が主流です。

呼び方も「テレワーク」のほか、「在宅勤務」「リモートワーク」と表現されることが多いようです。

そのため、「テレワーク」というキーワードにこだわる必要はありません。

派遣サイトによっては、「在宅勤務」や「リモートワーク」という呼称をメインに扱っている場合もあります。

テレワーク派遣求人情報の検索キーワード

「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」という、最低3つのテレワーク関連キーワードを試す

派遣の仕事紹介は登録が完了していることが条件

テレワークでの派遣に限らず、派遣として働くためには、まず派遣会社で登録を完了していることが前提になります。

派遣で働くまでのステップ
  1. 派遣会社サイトでマイページ作成
  2. 派遣会社で登録/電話で登録/WEB面談で登録
  3. 派遣会社より仕事紹介
  4. 仕事を開始

これまでは派遣会社に足を運び、担当者と面談のうえで登録する方法でした。

しかし最近は、新型コロナウィルス感染防止のために、来社不要で電話やWEB面談による登録を推奨している派遣会社が増えています。

テレワークで働く派遣会社の失敗しない選び方

テレワークで働く派遣会社の失敗しない選び方

以下では、テレワークで働く派遣会社の選び方についてポイントを紹介します。

テレワークで働く派遣会社の失敗しない選び方

  • 自分が希望する仕事情報を持っている
  • 給料や福利厚生など仕事の条件が納得できる
  • 就業前後のフォローに信頼が置ける

自分が希望する仕事情報を持っている

各派遣会社によって、得意とする派遣先の業種や職種が異なります。

そのため、まず各派遣会社のサイトで求人情報を検索し、希望の仕事内容があるか調べてみましょう。

派遣会社のサイトによっては、誰でも閲覧できる公開求人の他に、仕事の紹介者を限定する非公開求人を保有しているケースもあります。

給料や福利厚生など仕事の条件が納得できる

派遣会社によって、給料から福利厚生、健康保険、交通費の有無なども異なります。

派遣会社を選ぶときは、取り扱っている職種や業種だけでなく、雇用形態や福利厚生等もしっかり確認することが大切です。

福利厚生は、スキルアップ支援や無料講座が整備されているかどうかでその充実度を知ることができます。

最近は、正社員と派遣社員の間で福利厚生に関して格差を設ける会社は少なくなっており、派遣会社も例外ではありません。

就業前後のフォローに信頼が置ける

派遣先さえ自分に合っていればいいと思う人もいるかもしれません。

しかし、安心して就業できるか否かは派遣会社にかかっています。

信頼が置ける派遣会社は、派遣先でのトラブルに対応してくれたり、定期的に連絡や訪問をしてくれたりします。

きめ細やかなサポートを受けられるのは派遣ならではの働き方です。

そのため、派遣会社の担当者との相性や信頼関係が大切です。

派遣会社選びの1つとして参考にしてください。

テレワークの派遣求人探しにおすすめの派遣会社5選

テレワークの派遣探しにおすすめの派遣会社5選

実際にテレワークの派遣求人を公開している派遣サイトを紹介します。

テレワークの派遣求人探しにおすすめの派遣会社5選

  • ランスタッド
  • 派遣・求人のJOBNET
  • マーキュリースタッフィング
  • ヒューマンリソシア
  • スタッフサービスグループ

ランスタッド

ランスタッド

出典:ランスタッド(Randstad)の求人・転職・派遣情報

人材サービス会社では売上世界第2位の規模を誇るランスタッド。オランダ・アムステルダムを本拠とする総合人材サービス企業です。

派遣会社の中でも他社に先駆けて、テレワークの派遣に特化したサイト『在宅派遣サービス「おうち派遣」』を設けています。

首都圏はもちろん、大阪、愛知、福岡など、全国主要都市の有名企業のテレワーク派遣求人情報を多数保有している特徴があります。

また、職種についても事務、営業、マーケティング、デザイン、ITエンジニアなど幅広く扱っており、様々なスキルを活かせる仕事を紹介してくれます。

ランスタッド概要(2020年7月15日現在)

派遣会社 ランスタッド
テレワーク関連求人数
※公開求人のみ
「テレワーク」22件、「在宅勤務」24件、「リモートワーク」2件
利用料金 無料
対応時間 平日9:00-18:00
対応エリア 全国
特徴
  • きめ細やかなヒアリングによるベストマッチが期待できる
  • 万全のスタッフフォロー体制
  • 24時間・年中無休の電話相談「ハロー健康診断 24」の利用が可能
公式サイト https://www.randstad.co.jp/

派遣・求人のJOBNET(マンパワーグループ)

派遣・求人のJOBNET(マンパワーグループ)

出典:派遣の仕事・求人なら【マンパワーグループ】

JOBNET(ジョブネット)を運営するマンパワーグループは、外資系の総合人材サービス企業です。

テレワーク派遣として、一般事務や営業事務、英文事務、経理事務、サポート・ヘルプデスクなどの仕事を扱っています。

また、マンパワーグループならではの強みとして、社会保険や有給休暇などの福利厚生が充実している点でもおすすめです。

仕事におけるスキルアップ支援はもちろんですが、リゾート・レジャー・スパなど、オフタイムにも利用できるメニューが多数あります。

派遣として働くことにやりがいさえ感じさせる、待遇の良さが特徴と言えるでしょう。

派遣・求人のJOBNET概要(2020年7月15日現在)

派遣会社 マンパワーグループ
テレワーク関連求人数
※公開求人のみ
「在宅勤務」50件
利用料金 無料
対応時間 平日9:00〜19:00
対応エリア 全国
特徴
  • 大手の求人が期待できる
  • 安心できるサポート体制
  • キャリアアップのサポートも充実
公式サイト https://www.manpowerjobnet.com/

マーキュリースタッフィング(マイナビグループ)

マーキュリースタッフィング(マイナビグループ)

出典:派遣の仕事を探すならマーキュリースタッフィング|転職支援、人材派遣ならマイナビグループのマーキュリースタッフィング

マーキュリースタッフィングは、銀行や証券、生保、損保、信販など、金融業界に特化した派遣求人情報が豊富です。

金融業界に興味がある人だけでなく、金融業界で働いた経験があり、そのスキルを活かした仕事を探している人にもおすすめと言えるでしょう。

生保・損保事務、都銀事務、保険コールセンターなど、同社の強みが出ているテレワーク派遣の求人情報が見つかります。

マーキュリースタッフィング概要(2020年7月15日現在)

派遣会社 マーキュリースタッフィング
テレワーク関連求人数
※公開求人のみ
「テレワーク」150件、「在宅勤務」259件、「リモートワーク」150件
利用料金 無料
対応時間 平日9:00〜18:00
対応エリア 全国
特徴
  • 金融業界に特化した求人
  • 丁寧なフォロー体制
  • スピード感のある対応
公式サイト https://www.msso.co.jp/dispatch

ヒューマンリソシア(ヒューマングループ)

ヒューマンリソシア(ヒューマングループ)

出典:トップページ|人材派遣の求人・仕事探し

ヒューマンリソシアは、教育を強みに多角的な人材事業を展開しているヒューマングループの派遣会社です。

育成型の人材サービスという強みがあります。

ヒューマンリソシアのキャリアアップ教育機関を活用し、オンライン講座や通信講座を提供するなど、様々な制度でスキルアップを支援。

テレワーク派遣で働きつつ、スキルアップもしたい人におすすめです。

一般・営業事務、テレマーケティングのほか、編集・校正、進行管理、システムエンジニアなど様々なテレワーク派遣求人が紹介されています。

ヒューマンリソシア概要(2020年7月15日現在)

派遣会社 ヒューマンリソシア
テレワーク関連求人数
※公開求人のみ
「テレワーク」9件、「在宅勤務」5件
利用料金 無料
対応時間 平日9:00〜18:00
対応エリア 全国
特徴
  • サポートシステムが完備している
  • 登録スタッフの優待制度がある
  • スキルアップを図れる環境を提供してくれる
公式サイト https://haken.resocia.jp/

スタッフサービス

スタッフサービス

出典:派遣のお仕事なら【スタッフサービス】

スタッフサービスは、リクルートグループの派遣会社です。

業界では後発であるものの、人材派遣業界最大手の1社と言えるでしょう。

スタッフサービスの特徴は、事務職未経験者に対する仕事紹介にも積極的なことです。

無期雇用派遣として採用し、無料研修でスキルを身につけたうえで派遣する「ミラエール」という仕組みを設けています。

このようなユニークなシステムがあるため、経験、未経験を問わず、オフィスワークの仕事を探している人におすすめです。

人事事務、医療事務などのほか、IT・システム系 WEBデザイナー、設計などのテレワーク派遣も多く扱っています。

スタッフサービス概要(2020年7月15日現在)

派遣会社 スタッフサービスグループ
テレワーク関連求人数
※公開求人のみ
「テレワーク」4件、「在宅勤務」6件、「リモートワーク」4件
利用料金 無料
対応時間 平日9:00〜17:30
対応エリア 全国
特徴
  • サポートシステムが完備している
  • 登録スタッフの優待制度がある
  • スキルアップが図れる環境を提供してくれる
公式サイト https://www.staffservice.co.jp/

新型コロナ下はテレワークで働ける派遣求人を探してみよう

新型コロナ下はテレワークで働ける派遣求人を探してみよう

テレワークの概要やテレワーク派遣求人を派遣サイトで探す方法について紹介してきました。

テレワークを主体とした派遣の求人情報は現状まだ多くありませんが、テレワークを推進する企業の増加とともに増えていくことが見込まれます。

今後、派遣で働くことを考えている人は、テレワークという働き方も念頭に置いて派遣サイトを活用してみると良いでしょう。

女性の転職カテゴリの最新記事