2018淀川花火大会の見所やチケット入手法&最新スポット情報

2018淀川花火大会の見所やチケット入手法&最新スポット情報

大阪の夏の定番と言えば「なにわ淀川花火大会」ですよね♪今年で30回目を迎える関西地区最大の花火大会です。

例年40万人以上の人で賑わう人気の花火大会なので混雑必至!今回は2018なにわ淀川花火大会の日程や協賛観覧席のチケットの購入方法などをご紹介します。

迫力満点のなにわ淀川花火大会

今年2018年のなにわ淀川花火大会の日程は次の通りです。

開催日時:2018年8月4日(土)19:40~20:40予定(雨天決行、荒天の場合中止)
会場:新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川河川敷
アクセス:〈十三会場側〉十三駅・塚本駅徒歩15分程〈梅田会場側〉大阪駅・海老江駅徒歩20分程

平成元年から水都大阪の淀川河川敷で行われ、今年で30回目を迎えます。打ち上げ数が非公開ですが、例年約2万発と言われていて、関西最大級の花火大会の一つです。

もともとは市民がボランティアで始めた手作りの花火大会が年々大きくなり、今でも多くのボランティアや地元企業の寄付で運営されています。

見どころは圧倒的な数と迫力

なにわ淀川花火大会の打ち上げ時間は約1時間と短く感じますが、迫力のある打ち上げ数が見どころです。オープニングはオペラ「カルメン」に合わせて10号玉の一斉打ち上と5号玉ワイド水中花火が同時に花を咲かせます。

その後も音楽に合わせてリズミカルに打ちあがる花火や、第30回の記念として用意されている特別プログラムなどが予定されています。

さらにグランドフィナーレではさらに圧倒的なボリュームで怒涛の花火の打ち上げが。その数と迫力に拍手喝采が自然と起こるほどです。

協賛観覧席でゆったり鑑賞

花火大会の日は18:00過ぎごろから一気に込み合います。特に十三会場側は人混みに押されて座ることも難しくなるほど。

確実にゆったりと花火を楽しみたい方には協賛観覧席がおすすめです。有料観覧席にはいくつか種類があり、お弁当やお茶が付いたエリアやエリア指定のクッションシート、全席自由のパイプ椅子エリアなど様々。より花火を近くで楽しめる固定された納涼船での観覧も楽しめます。

詳細はこちら/なにわ淀川花火大会

有料チケットの購入はお早めに

協賛観覧席で花火を楽しむためにはチケットが必要となります。チケットの購入は以下のサイトで。完売が早い席もありますので、行くと決めたらお早めにチェックしてくださいね。

また、当日券も例年販売されています。塚本駅や十三駅、チケットぴあで販売されます。

淀川花火観覧船で特別な思い出を

もっと特別な1日にするなら淀川大橋から出航する“淀川花火観覧船”もおすすめです。

川の上に打ち上げられる花火を川の上で観られるので、空から花火が頭上に降り注ぐように感じるほどの迫力。

1人3万円の価値のある特別感が味わえます。家族や恋人との特別な思い出に是非。

詳細はこちら/淀川花火観覧船事務局

絶景スポット梅田スカイビル空中展望台

出典:梅田スカイビル(Umeda Sky Building)Facebookページ

絶景スポットとして有名な梅田スカイビル空中展望台も花火を楽しめるおすすめスポットです。

当日は3部制となり、花火が打ち上げられる時間帯の第2部は特別入場券が必要となります。受付期間は7月15日~29日まで。当日販売はありません。

チケットぴあ内特設ページで抽選式の販売となるので、是非エントリーしてみてはいかがでしょうか。ディナー付きプランもあるので、ゆったりデートにもおすすめです。

イベントの詳細はこちら/梅田スカイビル 公式サイト

花火大会に行く前の注意点

淀川花火大会を思う存分楽しむためにいくつか注意したいポイントがあります。快適に安全に楽しむためにルールやマナーを守って素敵な時間にしましょう。

雨天決行なので雨具を持っていこう

なにわ淀川花火大会は荒天の場合は中止になりますが雨天決行です。雨具をもっておでかけしましょう。

暗くなる前から使える晴雨兼用の傘も良いですが、人混みでは危険なのでレインコートがおすすめです。傘をさしているときよりも花火もしっかり見えますよ。

到着時間は早めに設定を!!

当日は大阪市内の北側は特に大渋滞で駐車場も見つけるのがとても難しくなります。

バスやタクシーでも動きが取れなくなることが考えられるので電車でのアクセスがおすすめです。

会場によって最寄り駅は変わりますが、近くの駅は混雑が予想されるため早めに行動しましょう。

また、協賛観覧席や観覧船などのチケットを購入している方は指定時間までに入場できない場合はその後も入場できなくなりますので注意してください。

指定席があるわけではないので、チケットを持っていても早めに入場した人から場所取りが始まります。

16時入場開始なので15時にはすでに列ができているそうです。より良い席を希望する方は早めに並んでおきましょう。

帰り時間も余裕をもって

花火大会終了後も一斉に来場者の移動が始まるので大混雑が発生します。

特に協賛観覧席ではエキサイティングシートやステージシートなどの高価な席から順に退場が始まるので、パノラマスタンドの方は帰るまでにかなり待つことになります。

駅も大変混雑しますので、少し離れた駅まで歩いたり、時間をずらして行動するなどの対策を考えておきましょう。

花火の余韻をしっとり楽しむおすすめスポット

デートやグループで花火大会を楽しんだ後、そのまま帰るのはもったいないと感じませんか?

余韻に浸りながらもう少し楽しい時間を過ごしたいですよね。そんな時におすすめの立ち寄りスポットをご紹介します。

スイーツや飲み歩きも/グランフロント大阪

出典:グランフロント大阪 Facebookページ

大阪駅直結のグランフロント大阪は電車の待ち時間などにもおすすめ。ファッションや雑貨のショップは21時までですが、南館7~9階のレストランは23時まで営業しています。

北館6階のUMEKITA FLOORは深夜4時まで営業。16店舗が8の字を書くように並び、はしごするような「食べ歩き・飲み歩き」が楽しめます。

詳細はこちら/GRAND FRONT OSAKA 公式サイト

お米もお肉も美味しい/こだわり米 匠

出典:匠グループ

十三会場側の西中島南方駅や南方駅から徒歩5分ほどの場所にある焼肉屋さんです。本当にうまい焼肉とは?を追求し続けた厳選肉が自慢。

1切れ単位のオーダーで少量多種食べれるのもポイントです。深夜3時まで営業しているので、花火の後の立ち寄りにもおすすめです。

詳細はこちら/匠グループ公式サイト

写真撮影サービスも/HEP FIVE観覧車

デートの定番ともいえるHEP FIVEの観覧車。大阪駅から徒歩4分ほどの場所にあるので、花火の後にゆったり空中散歩を楽しむのはいかがでしょうか。

22:45が最終搭乗時刻となります。有料で記念撮影サービスもあるので、特別な日の思い出にもおすすめです。

詳細はこちら/HEP FIVE公式サイト

美しい花火大会の素敵な思い出を

今回は2018なにわ淀川花火大会についてご紹介しました。とても賑わう花火大会なので、協賛観覧席のチケット購入もお出かけも早め早めで余裕をもっておきましょう。

1年に1度だけの特別な夜を、より素敵な時間にするためにも、しっかり準備をして楽しい思い出作りをしてくださいね。

他に関西で開催される花火大会情報なら



関東で開催される花火大会情報なら





こちらの記事も読まれています



国内旅行カテゴリの最新記事