美髪に見せる!3つのケアポイントと潤いおすすめヘアアレンジ

     
美髪に見せる!3つのケアポイントと潤いおすすめヘアアレンジ
メイクや洋服でキレイに決めたら、髪の毛もおしゃれに仕上げたいですよね。今回はアレンジやスタイル次第で美髪に見えるおすすめヘアをポイント別にご紹介します。ツヤツヤな髪の毛でトライしたいヘアアレンジも一緒にチェックしてみましょう!

美髪にするには「潤い」が大事

誰もが羨むキレイな髪の毛を手に入れるには、「潤い」が大事です。私たちの髪の毛は日中は乾燥や日差しでダメージを受けている上に、ヘアワックスやシャンプーなどからも刺激を受けています。だからと行って外に一切出かけない… シャンプーはしない!という無理はできませんよね。

ここではいかにダメージを最小限にして髪の毛の潤いを保つ方法についてご紹介します。

(1)シャンプーは控えめにして乾燥を防ぐ

健康な髪の毛は水分量が11%から13%あると言われています。この水分が少なくなると、髪の毛はくせ毛やパサつきを起こし、さらには枝毛ができたりどんなにワックスでスタイリングしても膨らんでしまったりします。髪の毛が乾燥する原因はいくつかありますが、主な原因は「髪の毛の洗いすぎ」です。

日本人は習慣から毎日欠かさず髪の毛をシャンプーで洗う方が多いのも事実。さらに東洋人は髪の毛が多く、太い方も多いのでついついシャンプーを多く使ってしまいがちです。髪の毛を洗う際のシャンプーは、まず泡立てましょう。シャンプーの液をそのまま頭皮につけてから泡立ててしまうと、より髪の毛も頭皮も乾燥してしまいます。

シャンプーの成分にも注目しよう

最近はさまざまなタイプのジャンプーを選ぶことが出来るようになりました。シャンプーを使いすぎないことも大事ですが、シャンプーに含まれる成分に注目してみましょう。

おすすめの低刺激系のシャンプーは、ノンシリコンのもの。ノンシリコンとは、その名の通りシャンプーの成分の中にシリコンという名の科学成分が含まれていないものを言います。シリコンは髪の毛をしっとりさせたり、ツヤを出す為に使われていますが人工物の為、頭皮から体内に入り害になる可能性もあるのです。

さらに毛穴につまりやすい為、髪の毛に栄養がいかず細くなってしまう原因にもなります。ノンシリコンシャンプーは、特に最近お手頃価格で買えるようになっています。シャンプー選びに迷ったら、ノンシリコンのものに注目してみてください。

オイルシャンプーで保湿と洗浄力どちらもキープ

低刺激性のノンシリコンシャンプーには泡立ちがよくないものや、シャンプーをしたのに洗った感がいまいちなものもあります。そこでおすすめなのが「オイルシャンプー」です。

オイルシャンプーとは、エッセンシャルオイルなどの天然の植物オイルを配合させているシャンプーのことです。オイルを使うことでクレンジングのような役割を担ってくれるので、頭皮の汚れを優しく落とします。主にアレルギー乾燥肌に良いと言われている、ティーツリーオイルやアーガンオイル、洗浄力のあるカモミールオイルやココナッツオイルなどが含まれているものがオススメです。

オイルが配合されているので髪の毛の潤いも保ちます。ノンシリコンのシャンプーでも洗った後キシキシとした感じはなく指通りが良いのも魅力です。

(2)ブラッシングをして頭皮をマッサージ

シャワーを浴びる前にぜひしておきたいこと 、それは「ブラッシング」です。 髪の毛を洗った後にブラッシングをしたくなりますが、濡れた髪の毛をブラッシングするのは NGです。キューティクルを痛めてしまい乾燥や枝毛に繋がってしまいます。

ポイントはシャワーを浴びる前の乾いた髪の毛を優しくブラッシングすること。頭皮をマッサージするようにブラッシングすることで髪の毛につやが出るようになり頭皮の血行も良くなります。

ヘアブラシに投資しよう

美髪への第一歩はシャンプー選びですが、 次にこだわりたいのは「ヘアブラシ」です。ヘアサロンで使われるような上質なヘアブラシは、誰が使ってもちょうどいい力が頭皮に加わるようにデザインされています。

頭皮をブラッシングした時に肌をこすりすぎない太さや長さのものを選びましょう。シャンプー前にブラッシングすることで、髪の毛についた余分なホコリを落とします。

さらに頭皮に心地よい刺激を与えるだけで頭部の血行がよくなり、髪の毛の艶やキューティクルを引き締める手助けもしてくれますよ。

(3)植物オイルとドライヤー次第で潤いアップ

髪の毛をブラッシングし優しくシャンプーで洗った後は、いかに潤いを髪の毛に補給させるかがポイントです。濡れた髪の毛はとっても繊細です。そのまますぐドライヤーで乾かすのではなく、まずはタオルで髪の毛を包み10秒間そのままにしましょう。タオルで余分な水分を吸い取ることで、できるだけドライヤーの熱によるダメージを少なくするのがポイントです。

植物性オイルで潤い補給

ドライヤーで髪を乾かすと気になるのが乾燥です。ヘアブローをする際にも、オイルや洗い流さないトリートメント使って乾かすのがポイントです。おすすめは椿オイルなどの植物性オイル。

植物性オイルはヘアドライヤーなどの熱にも強く浸透性もある為、シャンプーやヘアドライヤーで敏感になっている髪の毛をコーティングさせ潤い与えてくれます。平安時代から使われている椿オイルに加えて、ココナッツオイルやアーモンドオイルなどもオススメです。

潤った美髪を活かしたヘア


潤いを取り戻したらやってみたいのがヘアアレンジやスタイリングです。ここではより美髪に見えるおすすめヘアをご紹介します。

ナチュラルセミロング

ナチュラルな雰囲気が魅力なセミロングスタイルです。重めにカットすることで髪の毛にツヤが出せるのがポイントです。仕上げにヘアオイルをさっと揉み込むだけでモテヘアが完成します。

天使の輪っかボブ

顎下2センチで仕上げたフレンチボブスタイルです。重めにしたボブはコテでワンカールさせワックスを薄く揉み込んでつくるのでとてもナチュラル。キレイな天使の輪っかを見せられる美髪にぴったりのヘアです。

美髪ストレート

触れたくなるような自然なスタイルが魅力のストレートヘアです。ヘアオイルなどで潤いを保ちながら、ケアをしてドライだけで簡単にブローするのがポイント。レイヤーも入ってない重みのあるロングなのでより髪の毛がツヤツヤします。仕上げにワックスで優しくスタイリングさせてボリュームダウンさせましょう。

美人オーラの出るストレート

さらっとしたヘアが魅力のワンカールレイヤーのストレートヘアです。毛先を内巻きにしてフェミニン感を出し、ノーバングで大人っぽく仕上がっています。

うるツヤケアで美髪を手に入れよう

いかがでしたでしょうか?今回は潤いたっぷり、健康的な髪の毛になれるヘアケアとおすすめヘアをご紹介しました。美髪になるだけで、凝ったヘアアレンジをしなくともとてもおしゃれに魅力的に見えますよね。今回ご紹介したヘアケアポイントを参考に、美髪を手に入れましょう。

こちらの記事も読まれています



 

ヘアスタイルカテゴリの最新記事