保育士の転職失敗する理由とは?転職成功の秘訣

     
保育士の転職失敗する理由とは?転職成功の秘訣
全身医療脱毛レジーナクリニック

昨今、保育業界では人手不足が深刻化しており、保育士は売り手市場と言われています。

スムーズに転職できたものの、働き始めてから転職に失敗したと感じる保育士の方もいます

今回は、保育士の転職が失敗する理由や転職成功の秘訣などをまとめました。

転職を検討中の保育士の方は、是非ご参考ください。

保育士の転職失敗を防ぐポイント
  • 応募先企業を選ぶ際は徹底的にリサーチする
  • 待遇だけで決めずやりたいことも明確にする
  • 開催されているなら職場見学会に参加しよう

保育士の転職が失敗する理由

保育士の転職が失敗する理由
転職が失敗する理由には、共通するパターンがあります。どういった時に失敗してしまうのか知ることで、自分がそのパターンに陥らないよう避けることが可能です。

保育士の転職が失敗する代表的な要因は、以下の3つです。

保育士の転職が失敗する理由

  • 先入観やイメージで転職先を決めてしまう
  • 待遇や給与など条件のみで判断してしまう
  • 転職先を決める前に退職してしまう

先入観やイメージで転職先を決めてしまう

「大手企業内の保育施設なら給与が高いだろう」「伝統がある保育園は、充実した福利厚生を整えているだろう」といった、イメージや先入観をお持ちではないでしょうか。

先入観やイメージと実態が乖離するケースは少なくないため、自分の思い込みのみで転職先を決めてしまうと失敗率が高まります。

転職で失敗しないためには、先入観やイメージを心の中から排除し、フラットな気持ちで求人を見ることが大切です。

自分が労働に関して何を大切にするのか把握し、世間の価値観ではなく、自分の価値観を軸に転職活動を行うことが大切です。

求人をさまざまな角度から見ることで、大手だけど給与が低い園や伝統はあるが労働環境がブラックな園が存在することに気づくことができるでしょう。

待遇や給与など条件のみで判断してしまう

「年収500万」「福利厚生が充実」など待遇が良いことが求人広告に記載されていると魅力を感じるでしょう。

しかし、甘い文句につられて、転職先に関して十分なリサーチを行わないまま転職を決めてしまうのは問題です。

求人広告の内容と実体が乖離するケースは多々あります。

たとえば、年収が高く見えるのは残業が多いことが理由であったり、週休2日制だと書いてあったのに実際は週1日しか休むことができない週があるなどの場合があります。

また「残業無し」と謳っていたのに、実際は持ち帰り残業が多かったというケースも少なくありません。

求人広告に書いてある募集要項の内容を鵜呑みにするのでなく、自分自身で転職先に関する情報を入手することが大切です。

園のHPを見て経営理念や園長の考え方をチェックしたり、口コミサイトを利用して人間関係や雰囲気はどうなのか確かめることが有効な手段です。

転職先を決める前に退職してしまう

人間関係や業務量の多さなどの理由から、一刻も早く退職したいと考える人もいるでしょう。

しかし、転職先を決める前に退職してしまうと転職成功率が下がる傾向があります。

なぜなら、収入が途絶えたことによる金銭面の負担から、焦って転職先を決めてしまいがちだからです。

自分に合った企業への転職を成功させるには、徹底的な自己分析と企業研究が必要なため、転職活動にはどうしても一定の時間を要します。

「早く次を決めなくては」との焦りから自己分析や企業研究がおざなりのまま、内定を獲得した園に入園すると後悔しやすいです。

また、なかなか転職先が決まらず空白期間が長引いてしまうと、選考結果にも悪影響を及ぼす可能性が高いです。

収入が無い期間がある程度あっても大丈夫な人や、優れた経歴やスキルを持ち、すぐ転職先が決まると自信がある人以外は、内定を獲得してから退職するという流れをおすすめします。

保育士の転職を失敗しないための5つの秘訣

保育士の転職が失敗しないための秘訣
保育士は人手不足で転職しやすい職種であることは確かですが、その反面、転職を失敗させてしまう人は多いです。

「何をしてはいけないのか」だけでなく「何をすべきなのか」まで分かると、より転職活動の指針になることでしょう。

ここでは、保育士の転職を失敗しないためにすべきことを紹介します。

保育士の転職で失敗しないための秘訣

  • 待遇だけで決めずやりたいことを明確にする
  • 転職先に求める条件に優先順位をつける
  • 開催されているなら職場見学に参加する
  • 第三者を通して職場の雰囲気に関する情報を得る
  • 応募先を検討する際は幅広く情報に接する

待遇だけで決めずやりたいことを明確にする

「残業が少ない」「休暇がとりやすい」「年収が高い」など好待遇を求めて転職する人は多いです。しかし、待遇だけを見て転職先を決めることはおすすめできません。

待遇だけでなく、転職先でやりたいことを明確にした上で転職活動を行うべきだといえます。

なぜなら、待遇が良くても希望の業務内容が実現できないと、転職後に後悔する可能性が高いからです。

これから何年も働くことになる場所ですから、希望の仕事を実現し、やりがいを持って働きたいでしょう。

「園児一人ひとりに時間をかけて向き合いたい」「待機児童解消のためにできる限り多くの園児を引き受けるべきだ」など、保育という仕事に対する価値観・考え方は人それぞれです。

やりたいことが見つからない人は、自分は日頃仕事をする上でどのような点を心がけているのか考えることで、自分が仕事に求める条件が見えてくることでしょう。

転職先に求める条件に優先順位をつける

どうせ転職するなら、最高の条件で働きたいものです、このため、転職先に求める条件はたくさん挙げられるでしょう。

しかし、全ての希望を満たすことができる職場などほぼありません。

あまり欲張らずに、自分の中で優先順位をつけて、順位が高い条件を満たすことができる求人を見つけることが転職成功のために重要です。

例えば、残業無しの保育所の場合、ゆとりある働き方が実現できる可能性は高いですが、同時に高給与を期待するのは難しいでしょう。

残業が少ない職場は、ライフワークバランスを重視する方に適していますが、高給与を求める方にはおすすめできません。

「働く前は安定さえしていれば良いと考えていたが、実際に働いてみてやりがいが重要だと気付いた」というように、前職での経験を通じて労働に対する価値観が変化する可能性があります。

今一度自分の胸に問いかけ、自分はどのような働き方を望んでいるのか明確にさせましょう。

開催されているなら職場見学に参加する

園見学といって、就職・転職を希望する保育園を訪問し、施設内の設備や保育の様子を見学できる施設もあります。

「求人や募集要項などではチェックできない情報が得られる」「園長や同僚がどのような人なのか確認できる」などメリットが多いため、開催されているならぜひ利用すべきだと言えます。

見学を希望する園が決まったら、希望日の1~2か月前に、見学予約をしましょう。

予約は電話で行うことが基本ですが、園によってはHP上の問い合わせフォームやメールでの応募を取っている場合があるため、事前確認してみてください。

見学の時期は特に決まっていないですが、運動会や発表会などイベントがある時期は避けるなど、保育園側への配慮が求められます。

見学時はメモ帳や筆記用具などを持参し、分からないことや気づいたことなどを記録したり、園で書類をもらうこともあるためクリアファイルや大きめのカバンも持参しましょう。

第三者を通して職場の雰囲気に関する情報を得る

長い時間職場で過ごすことになりますから、どんなに待遇が良くやりたい仕事に就けたとしても、働きやすい雰囲気が無ければ長期で働くことは難しくなります。

働きやすい職場を見つけるためには、職場の雰囲気に関する情報を入手することが大切です。しかし、職場見学でもしない限り、自力で職場の雰囲気に関する情報を見つけることは難しいです。

第三者の力を借りることで、この問題を解決することができます。

例えば、保育士の知り合いを通じて応募先社員にコンタクトを取ってみる、保育士の転職口コミサイトを利用するといった方法が考えられます。

保育士の転職口コミサイトでは、「保育士のミカタ」がおすすめです。

口コミ掲載件数は15万件を超え、口コミを投稿した保育士への本人確認を実施しているため、内容の信頼性が高い点が特徴です。

実際に働いたことがある保育士から「良い点」だけでなく「気になる点」に関して投稿されるため、リアルな情報を入手できます。

応募先を検討する際は幅広く情報に接する

「今まで保育園でしか働いたことが無いから、次も保育園の求人を探そう」「待遇が良さそうな企業内保育に限定して探そう」など、はじめから応募先を絞る人は少なくありません。

転職活動を効率的に進めるためにこのような方法を取るのかもしれませんが、はじめから選択肢を狭めてしまうことになりかねません。

希望先と求職者がマッチするとは限らないため、余程明確な要望が無い限り、はじめのうちは幅広く情報に接することを意識しましょう。

例えば、一口に保育園と言っても、認可保育園から院内・企業内保育所、病児後保育、幼稚園やこども園、学童施設、障がい児施設、プリスクールなどさまざまな施設形態があります。

また、正社員、契約社員、派遣社員、パートなど勤務形態もさまざまです。

多くの情報に接し、良いなと思う求人をいくつかピックアップして考えると、自分が職場に求める条件が見えてくるでしょう。

保育士の失敗を防ぐには転職エージェントがおすすめ

保育士の転職では転職エージェントの利用がおすすめ
保育士の転職を失敗させないためには、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントとはどのようなサービスなのか、メリットや利用方法も含めて解説します。

保育士の失敗を防ぐには転職エージェントがおすすめ

  • 転職エージェントとは
  • 転職エージェントのメリット
  • 転職エージェントの利用方法

転職エージェントとは

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが担当につき、転職活動のあらゆる局面でサポートしてくれます。

カウンセリングの結果をもとに求職者の希望の条件を満たす求人を紹介してくれますし、書類添削や模擬面談など選考対策のアドバイスもしてくれます。

さらに、応募した企業の担当者との連絡もエージェント側が代行してくれます。内定を獲得した後の年収や入社時期の調整も自分で行う必要がありません。

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリットは大きく3点挙げられます。

  1. 求人紹介や転職サポートを全て無料で受けられる
  2. 転職のプロが応募書類の添削や面接対策を実施
  3. 自分では言い出しにくい年収交渉も代行してくれる

転職エージェントは、紹介した求職者が内定を得た時に、求人を掲載した企業から成果報酬を受け取ることで成り立っています。つまり、求職者には一切の費用が発生しません。

履歴書や職務経歴書などの書類作成や面接対策も実施してくれますので、初めて転職する人にとっては心強いです。

年収の交渉など言いづらいこともキャリアアドバイザーが代わりに伝えてくれるため、要望を切り出しやすい点もメリットの一つです。

転職エージェントの利用方法

まずは、インターネット上から登録を行います。登録時に必要な情報は氏名や住所などの個人情報から、職歴や希望条件などさまざまなものがあります。

登録後、担当のキャリアアドバイザーから連絡が来ますので、面談の日程を決めましょう。面談の内容をもとにキャリアアドバイザーが求職者に合うであろう求人を選定してくれます。

応募はキャリアアドバイザーを通してなされるため、応募したい企業が見つかったらキャリアアドバイザーに伝えましょう。

選考の通過率を上げるため、応募書類の添削や面接対策も実施してくれます。最終面接も通過したら、年収などの条件交渉を行い、内定となります。

保育士の転職を失敗しないためにおすすめの転職エージェント

保育士からの転職でおすすめのエージェント
それでは、保育士の転職におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。紹介するエージェントは、以下の3つの基準をもとに選定しました。

  • 全国対応
  • 求人数の多さ
  • キャリアアドバイザーの質

保育士の転職におすすめの転職エージェント

  • おすすめ1.マイナビ保育士
  • おすすめ2.保育のお仕事
  • おすすめ3.保育士バンク

おすすめ1.マイナビ保育士

マイナビ保育士

出典:マイナビ保育士

マイナビ保育士はサイト認知度3年連続1位を獲得した、知名度・利用度ともに高いエージェントです。

業界大手マイナビグループのネットワークを利用し、首都圏を中心に15,000件以上の求人を揃えています。

数のみでなく種類も幅広く、院内保育や事業所内保育所など希少な求人を見つけることもできます。

転職サイトとしても使えるため、転職活動はキャリアアドバイザーの手を借りず、自分で行いたい方にもおすすめです。

サービス名 マイナビ保育士
運営会社 株式会社マイナビ
求人件数 15,000件以上
求人施設 認可保育園/院内保育園/企業内保育所/病後児保育/幼稚園/こども園/学童施設/プリスクール・幼児教室など
求人対応エリア 全国(首都圏に特化)
利用料金 無料
公式サイト マイナビ保育士公式サイト

おすすめ2.保育のお仕事

保育のお仕事

出典:保育のお仕事

保育のお仕事のキャリアアドバイザーは保育業界に特化した知識を持っており、職場の雰囲気や人間関係に関する情報も教えてもらえます。

正社員の求人が多いですが、契約社員やパート、派遣社員など多様な勤務形態の求人を揃えています。

保育園の他、認定こども園や、託児所、学童保育、企業内保育など幅広い種類があることもメリットです。

全国対応しており、各地で転職フェアも開催しているため、ぜひ参加してみてください。

サービス名 保育のお仕事
運営会社 株式会社ウェルクス
求人件数 約10,000件
求人施設 認可保育園/院内保育園/企業内保育所/幼稚園/学童施設/放課後デイサービス/託児所/インターナショナルスクール/病児保育など
求人対応エリア 全国
利用料金 無料
公式サイト 保育のお仕事公式サイト

おすすめ3.保育士バンク

保育士バンク

出典:保育士バンク

保育士バンクは保育士求人・転職サービス6部門でNo.1を獲得した、利用満足度が高いエージェント。求人検索の条件を細かく設定することができることが特徴です。

「復帰率高」という条件もあるため、仕事と育児を両立させたい人におすすめです。求人件数は30,000件以上と非常に多く、正社員以外の求人を見つけることも可能です。

これまで100,000人以上の保育士の転職を成功させてきた実績あるサイトであり、安心して利用できることでしょう。

サービス名 保育士バンク
運営会社 株式会社ネクストビート
求人件数 約30,000件
求人施設 認可保育園/院内保育園/企業内保育所/幼稚園/学童施設/放課後デイサービス/託児所/児童養護施設/児童発達保育施設など
求人対応エリア 全国
利用料金 無料
公式サイト 保育士バンク公式サイト

保育士の転職で失敗しないための秘訣を改めて整理

保育士の転職で失敗しないための秘訣を改めて整理
保育士の転職で失敗する理由や、失敗しないための秘訣をご紹介してきました。応募先に関する情報収集が不足していると失敗する確率が高まります。

求人広告だけでなく、園のHPや第三者からの情報、職場見学なども利用し、幅広い情報を集めることが大切です。

自分一人で転職活動を行うことが難しそうであれば、転職エージェントを利用することもおすすめです。

担当のキャリアアドバイザーがつき、求人紹介から選考対策、企業との日程・条件交渉にいたるまで、転職活動のあらゆる局面でサポートしてくれます。

無料で利用できることもあり、利用して損をすることはないといえます。

転職エージェントを利用する場合は、この記事で紹介した保育士の転職に特化したエージェントを利用すると良いでしょう。

こちらの記事も読まれています

女性の転職カテゴリの最新記事