【2021年】転職のリクルートエージェントの評判とおすすめ度を徹底解説

     

転職希望者の転職支援を行う「リクルートエージェント」。

転職支援実績No.1を公言しており、多くの転職希望者から注目されている転職エージェントです。

一方で、リクルートエージェントのサービスに疑問や不安を感じ、転職支援の依頼を思いとどめている人もいるかもしれません。

そこで本記事では、リクルートエージェントの評判やおすすめ度について解説します。

【2020年】転職のリクルートエージェントの評判とおすすめ度を徹底解説
  • リクルートエージェントは転職支援実績No.1
  • 転職支援サービスの特徴や評判を検証
  • リクルートエージェントのおすすめ度を解説
目次

転職のリクルートエージェントとは

転職のリクルートエージェントとは

出典:転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、リクルートキャリアが運営する転職エージェントです。

1977年の創業以来、累計45万名以上(2018年3月期)に転職サポートを行ってきており、同社調べによると転職支援の実績は業界No.1

長年にわたり培ってきた転職支援ノウハウや転職成功事例を保有している強みがあります。

また、「親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービス」(NTTコムオンラインNPSベンチマーク調査転職エージェント部門2018年第1位)としてトップに選出されるなど、外部からの評価も高いです。

下記にリクルートエージェントの概要を表にて記載します。まずは参考にご覧ください。

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルートキャリア
サービス内容 転職エージェント
求人件数 公開求人数108,062件、非公開求人144,045件 (2021年3月現在)
主な求人業種 IT・通信業界、Web・インターネット業界、機械・電気業界、化学・素材業界、商社、物流・運輸業界、小売・卸売・サービス業界、旅行・エンタメ業界、マスコミ・広告業界、人材業界、コンサルティング業界、金融・保険業界、不動産・建築業界、医療・医薬業界、インフラ・官公庁など
主な求人職種 営業・販売、経営・企画・マーケティング、事務系(経理・総務・人事)、IT・エンジニア、電気・機械・科学エンジニア、医療・医薬品・化粧品、コンサルタント、建築・土木技術など
求人対応エリア 日本全国、海外
主な求人企業 ソフトバンク、京セラ、住友重機械工業、弁護士ドットコム、日本電気、楽天、日本特殊陶業、PwC Japan、蔦屋書店、KDDI
など
利用料金 無料
公式サイト リクルートエージェント公式サイト

リクルートエージェントの転職サービス特徴

リクルートエージェントの転職サービス特徴

リクルートエージェントの転職サービス特徴

  • 公開・非公開ともに求人数は業界トップクラス
  • 効率的な転職活動を可能にする専用システム利用
  • 定期的に面接力が向上するセミナーを開催

公開・非公開ともに求人数は業界トップクラス

リクルートグループが多くの企業とのコネクションを持っていることもあり、業界トップクラスの求人数を保有しています。

公開求人は108,062件、非公開求人は144,045件 (2021年3月現在)と、求人の多くが非公開の案件。

リクルートエージェントを通さないと応募することはできない貴重な求人情報が多数あるようです。

効率的な転職活動を可能にする専用システム利用

リクルートエージェントの転職支援サービスを申し込むと、独自システム「Personal Desktop」の利用が可能に。

求人チェックや応募・面接などの進捗管理がスマホアプリでも簡単にでき、自分の選考状況がひと目で確認できます。

さらに職務経歴書が簡単に作成できる「レジュメnavi」も搭載しており、効率的な転職活動のためのシステムが充実しています。

定期的に面接力が向上するセミナーを開催

リクルートエージェントに登録すれば、面接力向上セミナーを受けることも可能です。

セミナーでは面接官の立場を疑似体験できるので企業側の視点で採用したくなる人物像が分かり、また不採用事例をもとに面接官がチェックするポイントも紹介しています。

参加者の99%の方が「満足」と回答しており、クオリティの高さは折り紙付きです。

現在はコロナ禍への配慮から、面接力向上セミナーのLIVE配信も行っております。

2021年3月現在は3月25日が最後のLIVE配信開催日時となっているので、興味のある人公式ホームページを確認してみてください。

新型コロナウィルスの影響で変わりつつある転職活動に対応するためにも、役立つコンテンツになりそうです。

リクルートエージェントの良い評判【メリット】

リクルートエージェントの良い評判【メリット】

次に、リクルートエージェントの評判・口コミからわかるメリットを3点挙げます。

リクルートエージェントの良い評判【メリット】

  • 多くの求人紹介があり比較・検討がしやすい
  • キャリアアドバイザーの提案力・交渉力が高い
  • 面接・書類の選考対策やセミナーが充実している

多くの求人紹介があり比較・検討がしやすい

他の転職エージェントで断られたり、紹介を受けたとしても数が少ないといった転職希望者の場合でも、リクルートエージェントであれば豊富な求人案件を紹介してもらえます。

多数の求人情報を比較しながら検討することができるため、「他にもっと良い企業があるかも」といった悔いが残るような転職活動にはならない可能性が高そうです。

キャリアアドバイザーの提案力・交渉力が高い

自分では考えもつかなかった強みを発見してくれたうえ、その特徴を活かした業界への転職を提案してくれるなど、各業界に精通したキャリアアドバイザーのおかげで転職が成功したと考える人が多いようです。

また、企業との給与条件面での交渉も行ってくれるため、6割以上の転職者が年収アップを実現していると言います。

面接・書類の選考対策やセミナーが充実している

リクルートエージェントでは、職務経歴書や履歴書の添削、面接を受ける企業の選考傾向の共有、面接対策など、内定獲得率アップに繋がるサポートが充実しています。

さらにリクルートエージェント登録者が無料で参加できる面接セミナーは、豊富な過去のデータをもとにした対策を解説してくれるなど、面接前に受ければ非常に有効と評判です。

リクルートエージェントの悪い評判【デメリット】

リクルートエージェントの悪い評判【デメリット】

続いて、リクルートエージェントの評判・口コミからわかるデメリットを2点挙げます。

リクルートエージェントの悪い評判【デメリット】

  • 担当者の良し悪しにばらつきがある
  • 転職活動が自分のペースで行えない

担当者の良し悪しにばらつきがある

キャリアアドバイザーに対する多くの高評価が見られる一方、細かな連絡ミスなどがあった担当者もいるようです。

多数の転職希望者を管理するリクルートエージェントでは、時としてそのようなことが起こるのかもしれません。

たとえ信頼の置けそうな担当者だとしても、特に重要な要件については自分からも確認するようにしましょう。

転職活動が自分のペースで行えない

リクルートエージェントでは、転職者に伴走しながら転職支援を行っていくため、マイペースに転職活動を進めることはできません。

また、内定が決まった時に決断を急かされたという口コミもあります。

自分の要望をしっかりと伝えることで、転職者の希望に沿ったスケジュールを調整してくれることもあります。

リクルートエージェントの転職者おすすめ度を総評

リクルートエージェントの転職者おすすめ度を総評</h2>

リクルートエージェントには、多くの求人紹介があり比較・検討がしやすいということから、求人の量と質、実績に関しては評価が高く、おすすめ度も高いと言えます。

また、面接・書類の選考対策やセミナーが充実している点でもおすすめ度は高い評価に。

提案力・交渉力が高い優秀なキャリアアドバイザーがいる一方、担当者の良し悪しにばらつきがあることから、サポート対応のおすすめ度は若干低くなります。

とはいえ、口コミの評判は総じて良いことから、総合的におすすめ度は高いと結論します。

求人数 ★★★★★
紹介企業 ★★★★☆
転職支援実績 ★★★★★
サポート対応 ★★★☆☆
評判・口コミ ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

リクルートエージェントに転職相談がおすすめの人

リクルートエージェントに転職相談がおすすめの人

メリット・デメリットなどから、リクルートエージェントに転職相談をするのにおすすめな人を以下に考察しました。

リクルートエージェントに転職相談がおすすめの人

  • できるだけ多くの求人情報から選択したい人
  • プロのサポートによる転職活動をしたい人
  • できるだけ早く内定を獲得したい人

できるだけ多くの求人情報から選択したい人

リクルートグループならではの強力なパイプを活かした非公開求人は業界最大級の14万件以上にもおよびます。

ところが一般に公開していない非公開求人は、 キャリアアドバイザーに紹介してもらわないと応募することはできません。

選択肢が多ければ多いほど、自分の理想に近い仕事に出会うことができそうです。

プロのサポートによる転職活動をしたい人

キャリアアドバイザーは転職者の経験や希望を整理し、適職を明確にするサポートを行うなど、一人ひとりの強みを引き出すことに力を注いでいます。

採用動向や経験・スキルを考慮した、プロの視点によるキャリアプランを望む人にはおすすめです。

また、面接などの選考対策が自分一人では難しいと感じる人は、プロの力を活用すると良いでしょう。

できるだけ早く内定を獲得したい人

リクルートエージェントは求人企業の求める条件や希望を確認してから求人を紹介しているため、膨大な求人情報から自分に合った企業を探す手間が省けます。

また、面接日程や入社日の調整などもキャリアアドバイザーが代行するため、選考が進むにつれて複雑になりがちなスケジュール調整もスムーズに行うことが可能です。

さらに、交渉力に長けたキャリアアドバイザーならば、転職希望時期の内定獲得を推進してくれるでしょう。

リクルートエージェントの利用方法【登録から転職までの流れ】

リクルートエージェントの利用方法【登録から転職までの流れ】

ここで登録から転職までの流れを把握しましょう。

リクルートエージェントの利用方法【登録から転職までの流れ】

  1. リクルートエージェント公式サイトより登録
  2. 担当者との面談で転職の希望条件等を伝える
  3. 求人紹介を受け応募書類を作成。添削を依頼
  4. 希望する企業へ応募し面接準備と対策を行う
  5. 内定獲得後、入社日や給与条件等の調整依頼

1. リクルートエージェント公式サイトより登録

公式サイト上から「転職希望時期」や「希望勤務地」「現在の職種」「年収」などを入力して登録を申し込みます。

申し込みの最後に、転職求人検索サイト「リクナビNEXT」が提供している「スカウトサービス」への同時登録が選択できます。

登録しておくと企業やエージェントからオファーが届き、転職先の選択肢を広げることが可能に。

2. 担当者との面談で転職の希望条件等を伝える

申し込みから2~7日程度で、サービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

面談では専任のキャリアアドバイザーが転職者の経験や希望を確認し、求人の紹介やキャリアプランの提案が行われます。

3. 求人紹介を受け応募書類を作成。添削を依頼

面談で転職の方向性が明確になった後、求人企業の紹介が始まります。

採用担当者に「採用したい」と思われる職務経歴書の書き方などのアドバイスもサポートのひとつとして提供されます。

4. 希望する企業へ応募し面接準備と対策を行う

多くの求人が紹介されますが、気に入った企業のみ応募すればOK。

キャリアアドバイザーは応募の代行や面接日程の調整だけでなく、内定獲得のための面接対策もサポートしてくれます。

5. 内定獲得後、入社日や給与条件等の調整依頼

内定獲得後、入社日の調整をはじめ、年収や待遇の交渉などもキャリアアドバイザーにお任せすることができます。

さらに、退職手続きや引き継ぎ、挨拶まわりなど、内定後に必要な手続きについてもサポートしてくれます。

リクルートエージェントの有効活用方法【転職成功のコツ】

リクルートエージェントの有効活用方法【転職成功のコツ】

リクルートエージェントを活用し、転職の成功率を高める方法を3つご紹介します。

リクルートエージェントの有効活用方法【転職成功のコツ】

  • キャリアアドバイザーに本当の気持ちを伝える
  • 返事や報告などのレスポンスは早めに行う
  • 登録する自分の経歴やスキルなどを偽らない

キャリアアドバイザーに本当の気持ちを伝える

キャリアアドバイザーは、転職を成功へと導く転職者のパートナーです。気になることがある場合は、誠実に本音を伝えましょう。

「転職についてもっと熟考したい」「さらなる求人を紹介してほしい」などの要望をはっきり伝えることで、キャリアアドバイザーは求めに応じて行動してくれます。

きちんと自分の本音を伝えることで、満足するサポートを受けることができるでしょう。

返事や報告などのレスポンスは早めに行う

特にキャリアアドバイザーに対して様々な要望を伝えている場合は、メールへの返信や報告にはきちんと対応しましょう。

面接日の連絡に対する返信が遅かったりすると、他の転職希望者の選考が進むなど採用枠が埋まってしまうことも。

また、求人企業も積極的な人材を採用したいもの。連絡への反応が鈍い人の印象はあまり良いとは言えないでしょう。

登録する自分の経歴やスキルなどを偽らない

リクルートエージェントの有効活用を紹介しましたが、一番のポイントは信頼関係を築けるかどうかということです。

真実が発覚した場合は、真剣に転職活動をサポートしてくれるかどうか疑問です。

また、仮に偽った情報を元にキャリアアドバイザーが動いてくれたとしても、自分に合った転職ができるとは限りません。

【Q&A】リクルートエージェントについて多い質問

【Q&A】リクルートエージェントについて多い質問

リクルートエージェントの中でもサービスに関する疑問に答えていきます。

Q. リクルートエージェントの料金は本当に無料?

リクルートエージェントのビジネスは、求人企業が支払う紹介手数料で成り立っています。

利用する転職者は一切料金がかからず、安心して利用することができます。

Q. 今すぐ転職しないけど相談だけでも大丈夫?

キャリアアドバイザーとの面談をする人すべてが、転職の意思を固めているわけではありません。

まず、自分の思いを話し、その上で今後のキャリアプランを一緒に考えてくれますので、相談だけでも問題ありません

Q. サービスを利用したら転職しなくてはいけない?

転職するかしないかはもちろん自由。最終的な判断は自分ですることができます。

ただし、面談後にキャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」というアドバイスがある場合も。

じっくり考え直したうえで、再度、面談することも可能です。



リクルートエージェントと併用がおすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェントと併用がおすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェントと他の転職エージェントの強みを活かして併用するという方法もあります。3つの転職エージェントをご紹介しましょう。

2020年オリコン顧客満足度第1位 「パソナキャリア」

2020年オリコン顧客満足度第1位 「パソナキャリア」

出典:【パソナキャリア】転職エージェントが支援する転職・求人情報サイト

パソナキャリアは丁寧なサポートが強み。オリコン顧客満足度で第1位を獲得していることからもうかがえます。

求人数は圧倒的にリクルートエージェントが多いのですが、キャリアアドバイザーの丁寧なサポートはパソナキャリアが秀でているかもしれません。

サービス名 パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
サービス内容 転職エージェント
求人件数 公開求人数30,505件、非公開求人数不明 (2021年3月現在)
主な求人業種 製造業(メーカー)、商社、流通・小売・サービス、IT、マスコミ・広告、金融・保険、不動産・建設、物流・倉庫・交通、コンサルティング・士業、医療・医薬品、教育・人材ビジネス、環境・資源・エネルギーなど
主な求人職種 営業、管理・事務、IT・Webエンジニア、技術職(電気・電子・機械・化学)、クリエイティブ、マーケティング・企画、コンサルタント・士業、販売員・サービススタッフ、研究・開発(メディカル)、金融専門職など
求人対応エリア 日本全国、海外
主な求人企業 トヨタ、GMOあおぞらネット銀行、アクセンチュア、清水建設、村田製作所、Amazonジャパン、ヤマハ、オープンハウス、サイバーコム
など
利用料金 無料
公式サイト パソナキャリア公式サイト

20代転職者の信頼度No.1「マイナビエージェント」

20代転職者の信頼度No.1「マイナビエージェント」

出典:転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト

マイナビエージェントはリクルートエージェント同様、人材大手の一社ですが、求人数はリクルートが圧倒的。

また、マイナビエージェントの強みは「20代」「第二新卒」のため、これに当てはまる人は併用する価値がありそうです。

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
サービス内容 転職エージェント
求人件数 公開求人数23,951件、非公開求人は全求人の80% (2021年3月現在)
主な求人業種 IT・通信業界、インターネット・広告・ゲーム業界、メーカー、人材サービス、商社、金融業界、コンサルティングファーム、監査法人、不動産・建設業界、小売、運輸・物流、サービス、医療・介護、教育・学校など
主な求人職種 システムエンジニア、営業、機械設計、生産技術、生産管理、薬剤師、保育士、会計コンサルタント、税理士、投資銀行系業務、マンション管理、プロデューサー、ディレクター、総務・人事、経理・財務、経営企画、事務、カスタマーサポート、施工管理、設備保守など
求人対応エリア 日本全国、海外
主な求人企業 建設システム、エスケー化研、カプコン、ぐるなび、三井住友銀行、アビームコンサルティング、農林中央金庫
など
利用料金 無料
公式サイト マイナビエージェント公式サイト

日本最大級の紹介実績を誇る「dodaエージェントサービス」

日本最大級の紹介実績を誇る「dodaエージェントサービス」

出典:転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト

リクルートエージェントのように大手や優良企業の非公開求人を数多く保有していますが、dodaエージェントサービスにしかない案件があるかもしれません。

併用して比較するなど、自分に合った求人を見つけると良いでしょう。

サービス名 dodaエージェントサービス
運営会社 株式会社パーソルキャリア
サービス内容 転職エージェント
求人件数 公開求人数76,854件、非公開求人数不明 (2021年3月現在)
主な求人業種 IT・通信業界、インターネット・広告・メディア業界、メーカー、商社業界、医薬品・医療機器業界、金融業界、建設・不動産・プラント業界、コンサルティングリサーチ業界、小売業界、人材業界、飲食業界、運輸・物流業界、エネルギー業界、旅行・宿泊・レジャー業界、警備・清掃業界、理容・美容業界、教育業界、農林水産・鉱業業界、官公庁・学校・研究施設、冠婚葬祭業界など
主な求人職種 営業、企画・管理、事務・アシスタント、販売・サービス職、専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)、金融系専門職、公務員・教員・農林水産関連職、エンジニア・SE、組み込みソフトウェア、機械・電気、建設・建築・不動産専門職、工場・プラント専門職、化学・素材関連技術職、食品・香料関係技術職、医療系専門職など
求人対応エリア 日本全国、海外
主な求人企業 トヨタ、カカクコム、大東建託、楽天、マツダ、コジマ、松屋フーズ、パーソルテンプスタッフ、王将、セブン&アイホールディングス
など
利用料金 無料
公式サイト doda公式サイト

評判のリクルートエージェントに転職相談しよう!

評判のリクルートエージェントに転職相談しよう!

  • 求人数やプロのサポートを重視する人、早期内定したい人におすすめ
  • 担当者の良し悪しはコミュニケーションで防ぐ
  • リクルートエージェントで足りない部分は他を併用して補う

リクルートエージェントは求人の量と質、実績、面接などの選考対策を重視した転職活動を希望の方におすすめの転職エージェントと言えます。

また、キャリアアドバイザーのサポート対応の質も高く、初めての転職活動で不安な方でも安心して利用できます。

転職エージェントのサポートを受けて転職活動を成功させたい方なら、まずはリクルートエージェントへ相談してみましょう。

     

女性の転職カテゴリの最新記事

}