人気校の英語レッスンがワンコインで!動画配信サービススタート

     
人気校の英語レッスンがワンコインで!動画配信サービススタート

外出自粛で自宅時間がたっぷりの毎日。

あの手この手で、お子さまとの時間を過ごされている方も多いはずです。

そんな今、お子さまと自宅で楽しく英語レッスンをはじめてみるのはいかがでしょうか。

ここでは、人気のインターナショナルプリスクールKids Academy Noahがはじめた動画配信サービス「Noah Home」について、ご紹介していきます。

お子さまのプリスクールを検討している方も、参考にしてみてくださいね!

インターナショナルプリスクールとは?


インターナショナルプリスクールとは、英語学習に特化した幼稚園・保育園型の幼児教育施設のことです。

「プリスクール」なので小学校就学前までの児童を対象としています。

最近耳にする機会も増えましたが、授業料が高額なことや、限られた立地にしかないことなど、ハードルの高いプリスクールといった印象を持っている方もいるかもしれません。

インターナショナルプリスクール「Kids Academy Noah」が人気な理由

出典:PR TIMES

今回、動画配信サービス「Noah Home」をはじめた「Kids Academy Noah」は、入園が順番待ちになるほどの人気のインターナショナルプリスクールです。

それほど人気を集める理由は、オリジナルカリキュラムの質の高さにあります。

保育士による発達面と外国人講師による英語学習面の両方の側面から構築されたカリキュラムになっているのがポイントです。

発達に応じた無理のないカリキュラムのおかげで、子供たちは自然と英語に親しむことができると、評判を集めています。

ワンコインではじめられる動画配信サービス「Noah Home」の魅力

出典:PR TIMES

そんな人気のインターナショナルプリスクール「Kids Academy Noah」がはじめた、英語レッスンの動画配信サービス「Noah Home」の魅力をご紹介していきます。

全国どこでも自宅で受講できる


従来は限られた立地にしかないため、評判は良くても子どもたちを通わせることを断念した方も多いはずです。

「Noah Home」ならば、全国どこでも自宅で受講することができます。

時間を選ばず受講できるのも、忙しい親御さんには嬉しいポイントです。

授業料はワンコインから!


本来ならば高額な授業料がかかるインターナショナルプリスクール。

動画配信サービス「Noah Home」なら、なんと500円コースからはじめられます!

授業料が高額で、なかなかハードルが高い…と感じていた方にも試しやすい価格なのが嬉しいポイントです。

選べる2種類コース

対象年齢に合わせてコースが選べるようになっています。

小学生も対象にしたコースもあるので、英語塾を検討していた方も参考にしてみてくださいね。

500円/月コース

対象年齢: 0歳~2、3歳程度
・単語やお話など、英語初心者や英語に慣れるためのコース
・お子さまをバイリンガルに育てたい妊婦さんの胎教としても利用できる

1,000円/月コース

対象年齢: 年少~小学生程度
・会話やフォニックスなどを重点的に、少し難しいレッスン動画も有り
・EDUコースではすべてのFUNコースの動画も見ることが可能
・すでに英語教育を始められているお子さんも、
 違う視点からのレッスンを受けることでさらなる英語力向上が期待できる

「Noah Home」のコースの詳細はこちら/Noah Home公式サイト

おすすめポイントも盛りだくさん

出典:PR TIMES

「Noah Home」の英語レッスン動画のおすすめポイントを厳選して5つご紹介します。

ココがおすすめ!

・適性年齢タグ付きだから、初心者もはじめやすい
・すべての動画は、子供が集中できる3分に設定されている
・アニメーションではなく、実際の先生がレッスンしている動画
・実際Kids Academy Noahで保育、レッスンをしている講師が出演
・実際のレッスンを受けているかのような構成になっている

Kids Academy Noahの実際の先生のレッスンを体験できることや、お子さまの視点に合わせた動画になっているのが嬉しいポイントです。
 

「Noah Home」を活用してお子さまと一緒に英語を楽しもう


月額ワンコインからはじめられる英語レッスン動画配信サービス「Noah Home」について詳しくご紹介しました。

人気校のレッスンが自宅にいながら体験できるのが魅力。

今後は、保育士による子育てに役立つ講座も配信を予定しているので、お子さまに限らずお母さんに役立つ情報もあるはずです。

自宅時間を有効に活用する方法のひとつとして、検討してみてはいかがでしょうか。

ライフスタイルカテゴリの最新記事