新型コロナ時代の就活・転職の面接エチケットと感染疑い時の対応方法

     
新型コロナ時代の就活・転職の面接エチケットと感染疑い時の対応方法
全身医療脱毛レジーナクリニック

新型コロナの感染拡大を受けて就活や転職活動のプロセスが変わってきました。

大規模転職フェアなどが中止になり、オンラインでの面接も増えています。

転職活動が変わったといっても、対面で面接をしている企業もあり面接時のエチケットや発熱した時の対応方法など迷うものです。

そこで本記事では、対面面接の時のエチケット、感染疑いがあるときの対応方法、オンライン面接時のヒントなどを解説します。

異例の状況下での就活・転職活動を乗り越えましょう。

新型コロナ流行時の就活と転職活動のエチケット
  • 面接時のマスク着用は許される場合もある
  • 感染拡大防止を優先し、体調不良を感じたら早めに連絡をする
  • オンライン面接が増えている
目次

新型コロナの影響より就活と転職活動に変化

新型コロナの影響より就活と転職活動に変化

新型コロナの流行が求職活動に与えた影響

  • リクナビやマイナビの大規模イベントが中止
  • 企業の採用スケジュールが長期化する
  • 面接方法を見直す企業が出てきた
  • 採用に消極的な企業もあるが人手不足の業界も

リクナビやマイナビの大規模イベントが中止

新型コロナの影響を受けて、就職活動と転職活動に変化がみられています。

2020年の春に開催予定だったリクナビやマイナビなどの合同会社説明会や転職フェアなどは中止になりました

マイナビ転職フェア(新宿)中止

マイナビ転職フェア(新宿)|マイナビ転職

今後、WEB上で合同説明会や転職フェアを開催することが予想されます。

実際に、就活では「マイナビ就職WEB EXPOオンデマンド(事前収録型のWEB合同企業説明会)」が開催されることになりました。
マイナビ就職WEB EXPOオンデマンド

今回の開催中止が、学生の皆さまの就職活動における機会損失とならないために、
代替となるWEBセミナー(事前収録型のWEB合同企業説明会)を下記の通り、開催いたします
イベントに出展予定だった企業の説明会動画を限定配信いたしますので、ぜひご活用ください。
『マイナビ2021主催イベント』開催方針について|マイナビ2021

2020年6月以降の合同説明会などはでは開催予定(2020年4月30日時点)と案内されていますが、新型コロナウィルス感染症の状況によっては中止する場合もあるようです。

就職に向け準備を進めている就活生や転職を希望する求職者にとって、説明会などが開催されないことはかなりの痛手となるでしょう。

各社も何らかの方法で転職者向けの新しいサービスを提供してくれる可能性があるので、就活・転職サイトの情報はこまめにチェックしましょう。

マイナビなどはWEBでの合同企業説明会を開催

企業の採用スケジュールが長期化する

新型コロナに関する経済産業省からの要請

出典:経済産業省|新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた就職・採用活動及び内定者への配慮について、関係団体に要請します

新型コロナが流行している影響で、企業の採用スケジュールが長期化する見込みです。

経済産業省は「関係団体に新卒採用は通年を通して行うよう要請している」と発表しました

採用選考日程を後倒しにするなど柔軟な日程の設定や秋採用・通年採用などによる一層の募集機会の提供を行うとともに、その旨を積極的に情報発信すること。
新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた就職・採用活動及び内定者への配慮について、関係団体に要請します|経済産業省

政府としては、採用活動や翌年以降の企業運営に影響が出ないよう、企業に呼びかけをしていますが、採用に関しては影響が出ているとの声が上がっています。

中途採用を見てみても、現時点で既に「人事担当者が在宅勤務になり面接日の調整に時間がかかるようになった」などの影響が出ています。

従来のような、スピード感のある採用活動が難しくなってきています。

新卒採用でも、このようなスケジュールの遅延が出てくる可能性があるので、企業の採用スケジュールにも、注意しておきましょう。

面接方法を見直す企業が出てきた

新型コロナの感染拡大を防ぐために新卒採用と中途採用の面接方法を見直す企業が、既に出てきました。

経済産業省からはインターネットなどの通信を使った面接を行うよう通知がでています

インターネットをはじめ多様な通信手段を活用した面接や試験を実施するとともに、その旨を積極的に情報発信すること。
新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた就職・採用活動及び内定者への配慮について、関係団体に要請します|経済産業省

対面での面接が減少していくことを受けて、オンライン面接を取り入れる企業が増えてきています。

本記事で後述する「オンライン面接が流行の兆し」でも詳しく解説しているので参考にしてください。

経済産業省の後押しもありオンライン面接が流行の兆し

新型コロナの影響により人手不足の業界も

新型コロナウィルス感染症拡大による経済に与える影響はとても大きくなると予想されており、業績が傾き人材の採用に消極的になった企業も出ています。

逆に今回の状況により、業績を伸ばしている業界もあります。

新型コロナの影響で好調な業界例
  • ドラッグストアやスーパーなどの小売業
  • フードデリバリーなどを提供するサービス業
  • 衛生用品を生産する製造業
  • オンライン会議システムやテレワーク推進のためのシステムを提供するIT業界

希望している業界によっては、採用数拡大のチャンスとなる可能性もありますので、就活・転職サイトだけでなく、自分の希望する業界のニュースにも注目しておくと良いでしょう。

対面面接のときの新エチケット

対面面接のときのエチケット
新型コロナ感染症拡大の影響を受け、今までは常識でなかったことも、今後は面接における新常識となり得る場合があります。

対面で面接をするときに気をつけたいこと

  • 渡航歴があれば報告する
  • 検温などで日々の体調チェック
  • 面接前に手洗いうがい手指の除菌

14日以内に渡航歴があれば報告

オンラインでの面接も増えていますが、以前として対面での面接を行っている企業もあります。

「1次面接と2次面接はオンライン面接だけど最終面接は会いたい」という企業もあるでしょう

現時点(2020年4月時点)では海外からの入国には制限がありますが、海外留学からの帰国など、やむを得ない理由により海外渡航歴がある人もいるはずです。

対面での面接に臨むとき、海外渡航歴があれば事前に伝えるようにしましょう。

企業によっては、面接日をずらしたりオンライン面接に切り替えてくれたりと、対応してくれるはずです。

検温などで日々の体調チェック

日々、検温などで体調チェックをしておきましょう。

厚生労働省によると新型コロナは「感染しても自覚症状があまりでないケースもある」と報告されています

今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の2症例の報告がありました。2例はいずれも無症状病原体保有者です。
新型コロナウイルスに関連した無症状病原体保有者(*)の発生について|厚生労働省

熱がなくても感染している可能性もあるかもしれませんが、気づかないうちに感染を広げてしまわないためにも、熱だけでも定期的にチェックしましょう。

また、熱を測らずに面接会場に行っても面接会場の入り口で検温されて発熱していたら帰らされるケースがあります

学習塾の運営や就労支援事業などを行うLITALICOでは、面接等の実施における新型コロナウイルス対策を、採用ページで公開しています。

ご不安な場合は本社・拠点の検温器で検温いただき、熱が37.5度以上(目安)は別日で調整をする可能性がございます。
面接等の実施における新型コロナウイルス対策について|LITALICO

面接前に検温をして感染拡大を防止するための取り組みであり、今回の感染症が沈静化するまでは、導入する企業が増えていくかもしれません。

面接会場まで行って入り口の体温チェックで面接を受けられないことになれば、採用担当者や面接担当者の時間も無駄になり、就活生・企業の双方のデメリットとなります。

普段からの体調管理を心がけ、面接当日は必ず検温してから面接会場に向かいましょう

体調管理を心がけ、面接日の朝は検温する

面接前に手洗いうがい手指の除菌

面接会場についたら手洗いうがいをしましょう。消毒用アルコールを持っていたら手指の消毒も行います。

指の間や指先も入念に洗いましょう。手を洗ったあとも目や鼻などは触らないように心がけます。

また、会場に到着した時点から面接は始まっている、というのは以前からの面接の常識です。

トイレに行くときも求人企業の社員と一緒になることもあるので、礼儀正しい行動をとりましょう。

感染防止のため面接時のマスク着用は許される?

感染防止のため面接時のマスク着用は許される

マスク着用の是非について

  • 従来の面接ではマスク不可
  • 新型コロナ対策のためマスク着用を推奨
  • 事前に企業からマスクについての連絡があるケースも

従来の面接ではマスク不可

新型コロナが発生するまではマスクの使用は推奨されていませんでした。

マスクを着用したままでは、顔の表情が見えず、声も通らなくなり話している内容も面接官に伝わりにくくなるためです。

新型コロナウィルス感染症が発生する前にマスクをして面接する人はほぼいなかったため、よほどの事情がない限り、常識のない人だと取られかねませんでしたが、流れは変わってきています。

新型コロナ対策のためマスク着用を推奨

新型コロナの脅威がある今は、マスク着用が推奨する企業が増えています(2020年4月現在)。

「マスクをお持ちでなければ当社入り口に設置してあるマスクをご利用ください」という企業もあるほどです

企業から、マスクについて事前に案内がなくても、持参するようにしましょう。

ハンカチ1枚で手作りマスクを作ることもできますので、感染症拡大防止する姿勢を見せることが望ましいでしょう。

新型コロナをきっかけにマスクを着用したままの面接もOKに

事前に企業からマスクについての連絡があるケースも

面接でマスクを着用していいか迷っている人は多いものです。「面接ではできる限りマスクの着用をお願いします」というメールを送ってくれる企業もあります。

マスクを着用する面接官も増えています。面接官がマスクをしている場合は、求職者のマスク着用も必須です。

迷う場合は、面接日を決める際のやり取りの中で、マスクについて尋ねておくことをおすすめします。

新型コロナウィルスによる感染症と勘違いされないためにも、花粉症やぜんそくなどの持病や症状がある場合は、先に伝えておくほうが面接官を不安にさせません。

感染が疑われる場合の対応方法

感染が疑われる場合の対応方法

発熱したときにチェックしたい3項目

  • 早めに応募先企業へ連絡する
  • 面接をあきらめることも覚悟

早めに応募先企業へ連絡する

熱っぽいなど体調不良の兆候があるなら、早めに応募先企業に連絡しましょう

連絡方法は、メールか電話で行います。一刻も早く企業に伝えるためにも、可能な限り電話で連絡してください。

体調不良を自覚したのが夜間であれば、夜のうちにメールで連絡を入れておきましょう。翌日電話で連絡すれば、誠意が伝わるはずです。

面接官は面接のために時間を空けてくれていたので、謝罪の言葉も伝えつつ、面接日を変えてもらうことはできないのか、などを確認すると良いでしょう。

高熱が出ているわけでない場合などは、オンライン面接に切り替えてもらえる可能性もあります。

面接をあきらめることも覚悟

就職活動においては、あらかじめ採用スケジュールが決まっていることもあり、あらためて別の日に面接日を設けることが難しい可能性もあります。

だからといって、体調不良の状態で面接に行くのは危険です。

もし、自分がウィルスに感染しているなら電車や面接会場で誰かに感染させてしまう可能性があります。ただの風邪だとしても、免疫力が低下していると自分自身が感染するリスクも高まります。

面接までせっかく進んだにもかかわらず、残念ではありますが、緊急事態宣言が出されているほどの感染症であることを考えて、面接をあきらめることも選択の一つだと考える必要があるかもしれません。

いかなる状況や体調であれ、迷う場合は採用担当者に相談してください。

熱があるなら面接に行かない

オンライン面接が流行の兆し

オンライン面接が流行の兆し

オンライン面接のメリット・デメリット

  • オンライン面接とは専用のシステムを利用してオンライン上行う面接のこと
  • メリットはお互い接触せず面接できること
  • デメリットは双方のイメージが正しく伝わりにくい

オンライン面接とは専用のシステムを利用してオンライン上行う面接のこと

前述のように、経産省からの要請もあった通り、対面面接の感染リスクを考慮して、自宅にいながら面接ができる「オンライン面接」に移行する企業が増えてきました

オンライン面接とはインターネット回線を使ってパソコンやスマホで使える専用のシステムを利用して行う面接です。

必要なものは、Wi-Fi環境、パソコンかスマホ、またそれにインストールされたアプリです。インストールせずにブラウザで使用できるものもあります。

企業側でオンライン面接専用のシステムを用意しているケースがあります。

気軽に導入できるシステムとして一般的なのは、SkypeZoomなど現在まではウェブ会議で利用されてきたものです。LINEでもグループ会議が可能です。

上記にあげたシステムのビデオチャット機能は、個人間でも利用ができます。

面接当日を迎える前に、友人や家族などと事前にテストを行うなどして、システムに慣れておくと良いでしょう。

オンライン面接は自宅で受けられる面接

メリットはお互い接触せず面接できること

オンライン面接のメリットは、面接官と求職者が接触せず面接できることです。

双方の感染リスクを下げることができます。

対面による面接のマナーを把握しておくのが社会人になるために必要なマナーでもありますが、自宅で行うことにより入室時のノック回数など細かいマナーに気を遣う必要がなくなります。

面接官と画面を通して話すことで直接会って面接を行うよりも緊張せずに済む人も多く、面接で緊張してしまいがちな人も、オンライン面接なら実力を発揮できる場合もあります。

とはいえ、十分に準備をして、対面での面接と同様の心構えで臨むことが大切です。

デメリットは双方の意図が伝わりにくいこと

オンライン面接のデメリットは画面越しに会話するのでお互いの正確なイメージが伝わりにくいことです

「お互いの意図が伝わりにくく対面での面接より集中力を要する」という意見もあります。

画像が荒く、お互いの表情が見えにくい場合があります。面接官が2、3人いる複数での面接の場合、双方の通信速度によっては画質が粗くなることもあるので注意が必要です。

また、遠隔からカメラを通しての面接となることもあり、いつもより明るい笑顔を意識することがおすすめです。身振り手振りを多めにして、うるさすぎない程度に快活な印象を心がけましょう。

オンライン面接で注意したいこと

オンライン面接で注意したいこと

オンライン面接前のチェック項目

  • 通信状況は安定しているか
  • 部屋の私物は映りこまないか
  • カメラの向きと位置
  • 録画されている可能性も考慮

通信状況は安定しているか

オンライン面接で1番注意したいことは通信状況です

Wi-Fiが安定しているか確認しましょう。通信状況が良いと、途中で音声や画面が途切れることもなくスムーズなオンライン面接になります。

途中で通信状況が悪化してもあわてず落ち着いていましょう。通信状況が悪くなっている原因は求職者側ではなく企業側の可能性もあります。

画面が途切れてもリセットしたら回復することもありますし、トラブル時は落ち着いて対応するほうが評価も高くなります。

オンライン面接のときは通信が安定しているかチェック

部屋の私物は映りこまないか

自宅でオンライン面接をする場合は部屋の私物が映りこんでいないか確認しましょう

スマートフォンで面接を行うならインカメラに代えて、どの範囲まで映り込んでいるのかあらかじめチェックしておいてください。

背景に部屋を映さないように、背景画面を合成するサービス提供しているシステムもあります。

家族と同居されている方なら、オンライン面接中に話しかけられたり部屋に入室されたりしないように、あらかじめお願いしておきましょう。

カメラの向きと位置

カメラの向きと位置も確認しておきます。パソコンにWEBカメラを取りつけて行う場合、モニタに映る面接官の顔を見ることで、カメラ目線にならないことがあります。

面接官側のモニタには、目線がそれているあなたが映し出されています。

面接官も求職者とモニタ上では目線が合わないことを理解してくれていますが、目線の合うほうが印象もよくなります。

面接官の表情が気になるのでモニタを見たくなりますが、カメラを見ることを気に留めておきましょう

スマホはインカメラとモニタの位置が近いので、モニタを見ながらでも目線が合いやすです。目線が気になる場合はスマホの利用がおすすめです。

スマホ利用時の注意点は、縦置きか横置きかによって、面接官側モニタに映し出される向きが変わります。

調整のしやすいアームスタンドなどをスマホにつけておくと、面接官から「スマホの向きを変えてほしい」と言われてもすぐに対応ができます。

録画されている可能性も考慮

面接官は応募者の評価を採用チーム内で共有するために、録画している可能性もあります。システムによっては、自動録画するものもあります。

「録画されて社内の他の人に見られるかもしれない」と心づもりしておきましょう。

新型コロナ対策を続けて転職活動を乗り越えよう

新型コロナ対策を続けて転職活動を成功させよう

新型コロナ流行下での転職活動
  • 対面で面接するときはマスクの着用も許される
  • 発熱したら、早めに企業に報告
  • オンライン面接が流行している

新型コロナが就活と転職活動に与える影響について解説しました。

感染拡大を防ぐために大規模な合同説明会や転職フェアは中止となっています(2020年4月現在)。

面接においても、影響が出ており、対面面接でのマスク着用が認められるなど、従来の面接方法やマナーが変わり始めています。

また、政府によるオンライン面接の推奨もあり、Web上のシステムを使った面接が流行から常識にかわりつつもあります。

変わりつつある求職活動のプロセスを把握しておき、就職や転職を成功させましょう。

女性の転職カテゴリの最新記事