新型コロナウイルスを予防しつつ日常生活を送る対策

     
新型コロナウイルスを予防しつつ日常生活を送る対策

新型ウイルスのパンデミック・エンデミックや、予防対策について多くの流言(噂)や誤った情報が大量に流布されているようです。

また、潜伏期間が最大2週間、感染しても自覚症状がない、発症しても軽い熱と咳だけで新型コロナウイルスと気づかないまま収束してしまうなど、症状も様々です。

このため、自分もかかっているかもしれないが家族にうつさない、もちろん自分も予防するといった工夫が必要です。

新型コロナウイルスの予防と習慣

新型コロナウイルスの感染予防に効くのは、うがい・手洗い・アルコール消毒です。加えて調子悪い、咳が出るといった自覚症状があるなら「マスク」をつけることを強く推奨します。

マスクをつけるのは予防のためでもありますが、他者への感染リスクを減らすためにも重要です。

飛沫感染と接触感染

飛沫感染では感染者のくしゃみやせき、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出。

別の方がそのウイルスを鼻や口から吸いこむことにより、感染。

特に、学校や満員電車など多くの人が集まる場所で起きやすい。

感染者がくしゃみやせきを手で押さえ、その手で周りの物に触れるとウイルスが付着。

さらに、別の方がウイルスが付着した物に触り、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染。

そのため、電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど多数の方が触れる場所には注意が必要。

新型コロナウイルスの弱点

新型コロナウイルスは感染者からの濃厚接触(ツバや咳を直接受ける)で感染確率が増えますが、それ以外にも菌がついた手から口への状態でも感染リスクは多少あるとされています。

新型コロナウイルスはエンベロープウィルスであり、膜が破壊されると感染できなくなる特性があります。

この膜はアルコールによって破壊可能なため、アルコール消毒液が有効です。

新型コロナウイルスのエンベロープ

出典:サラヤ株式会社

よってアルコール除菌が何よりも有効となります。

手から口へ菌が運ばれるリスクは手周りをしっかり除菌することで防げます。

特に触れるだけで感染することはないものの、頻繁に手を口に当てるなどの行為から感染リスクにつながることを考えると、そうした直接のウイルス摂取を防ぐ上ではマスクをつけていることは一定の防御になるでしょう。

マスクは必須か?

マスク自体は新型コロナウイルス通過の可能性もあるので絶対ではありません。

ただ、つけておいた方が感染者(他者)との濃厚接触は減るため、一定の防止にはなります。

何よりも自らの手についたウイルスが口に運ばれる無意識の行為を防止する役割は高いでしょう。

しかし、現在マスクは品薄。売り切れているからとパニックにならず、マスクがない時なりの対処をするのも重要です。

感染予防のための基本行動

  • 外出したらまず手洗い
  • 外出中でも手洗いをこまめにできれば、なお良い
  • 外出後はオフィスでも自宅でもうがいをする
  • 手や口周りはアルコール消毒も有効
  • お子様の持ち物にもアルコール消毒が有効
  • 公衆のトイレに入った時は念入りに手洗い
  • アルコール除菌できるジェルやシートは玄関口やオフィスのデスクなどにも

飲食前の手洗いは基本

経口感染、粘膜感染を防ぐためにも食事前の除菌は重要。

念入りな手洗いはもちろんのこと携帯用のアルコール消毒シートやスプレーも効果を発揮します。

正しい手洗いを身に付けることがまずは重要です。

正しい手洗い方法の手順

1. 石けんをつけ、手のひらをよくこする。

2. 手の甲を伸ばすようにこする

3. 指先・爪の間を念入りにこする。

4. 指の間を洗う。

5. 指先と手のひらをねじり洗いする。

6. 手首も忘れずに洗う。

携帯用の除菌グッズも活躍

携帯用の除菌グッズも衛生を保つためにも重要です。ただし、多くの製品は新型コロナウィルスに対する有効性は証明されていません。

あくまでも衛生補助グッズとして使用しましょう。

エリエール ウェットティッシュ 除菌 アルコールタイプ

イソジン除菌ウェットシート携帯用

手ピカジェル

消毒液 ハンドキュール

キレイキレイ薬用ハンドジェル

ハンドスキッシュ EX

キレイキレイ 薬用泡ハンドソープ

除菌グッズの大半は99.9%だが・・・

特にアルコール系の除菌グッズの大半は99%以上をうたっていますが、すべての菌を殺せる・不活性化させられるわけではありません。

また、アルコール自体がアレルギー、あるいは頻繁な手洗いは乾燥が気になるという方もいるでしょう。

そのような場合は慣れた石鹸を使い、水洗いを正しく、しっかりすれば防げます。乾燥には携帯用の保湿クリームを使用しましょう。

外出後のうがいは必須。出先から会社に帰った後も。

正しいうがいの手順を確認し、うがいを習慣付けましょう。

正しいうがい方法の手順

1. 適量のうがい液(もしくは水)を口に含む。

2. 唇を閉じて頬の筋肉を動かすように「グチュグチュ」とし、吐き出す。

3. もう1度うがい液(もしくは水)を含み、上を向いて「お~」と数回声を出す。

4. 口に含んでいるうがい液がぬるく感じてきたら吐き出す。

据え置き用のうがい薬

イソジンクリアうがい薬

イソジン

明治うがい薬

サラヤ うがい薬 コロロ

携帯用のうがい薬

サラヤ うがい薬 コロロ

興和新薬 新コルゲンうがいぐすり

浅田飴AZうがい薬

基本は手洗いとうがい

基本はあくまで正しいうがいと手洗いです。

現在、うがい薬、携帯用除菌スプレーなども品切れが続いてますが、そのような場合は大型サイズを買って、100均などで売っている持ち歩き用の容器に詰め替えるなど工夫してしのぎましょう。

むしろ、その方が経済的です。

ライフスタイルカテゴリの最新記事