ダイビングで中性浮力が上手くなるには?コツと練習方法を解説!

     
ダイビングで中性浮力が上手くなるには?コツと練習方法を解説!

コツをつかむ方法はたくさん試すこと

どうしても浮かないように浮かないようにと海底を這いつくばってしまうダイバーがいますが、それではなかなか中性浮力は上達しません。

とにかく空気を入れて、どれくらい空気を入れたら自分は浮きやすいのだろうかという空気量を見極めることが大切です。

恥ずかしがらずどんどん空気を入れて試してみよう

空気を入れて中性浮力に必要な空気量を見極めることが大切だとお話ししました。

タイトルにある「恥ずかしがらずに」というのは、急浮上しそうになってインストラクターに助けてもらっても落ち込まないでほしいということです。

上手な人と一緒に潜っているとありがちなのですが、どうしても失敗しそうになってインストラクターに助けてもらうと落ち込んでしまう人がいます。

そこからなかなか挑戦しなくなってしまいます。しかしだれでも最初は中性浮力がうまくとれずインストラクターの手を借りていました。

周りと比較することなく自分のペースで上達していくということを常に心掛けて下さい。

各ダイビング団体が提唱する中性浮力SPに参加する

ダイビングには複数の団体が存在しています。

それぞれのダイビング団体にはほぼSP(スペシャリティ)とよばれるスキルや知識を挙げるためのコースがあります。

たとえばPADIならば【PPB(ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー)】SPというコース、NAUIならば【中性浮力SP】があります。

【公式サイト】PADI

これらのコースは中性浮力を練習してコツをつかむための内容に特化したコースなので、早めに中性浮力のコツをつかみたい人は受けることをお勧めします。

たくさん試したほうが中性浮力が早く身に着く

中性浮力は、なかなか身につけることが難しいダイビング技術のひとつです。

他の技術でも同じことが言えますが、他のダイバーと比較をして落ち込んだり試すことをやめないでほしいのです。

というのも、中性浮力のコツをつかみたかったら空気量について知る必要があるからです。

それにはBCDまたはドライスーツに空気を入れてたくさん試してみる必要があります。

また、空気を入れるときはゆっくり少量ずつ。空気を入れたらゆっくり呼吸することも忘れないでくださいね。

急浮上はやはり危険が伴うため、できるだけインストラクターの近くで試してみましょう。

こちらの記事も読まれています



1 2

ライフスタイルカテゴリの最新記事