リゼクリニック銀座院キャンペーン

フィジーでの過ごし方&楽しみ方特集!おすすめのホテルも紹介♡

     
フィジーでの過ごし方&楽しみ方特集!おすすめのホテルも紹介♡

南太平洋の海に囲まれた、300を超える島々で成り立っている国「フィジー」。

コストコや、海外のスーパーなどでよく販売している「Fiji Water」が製造されている国です!

そんなフィジーですが、フィジーと東京を結ぶ初の直行便が、7月3日から「フィジー・エアウェイズ」で就航されることになりました。

そこで今回は、初めてのフィジー旅行の楽しみ方や、おすすめホテルをご紹介します♡

魅力溢れる宝石箱で自然に癒される

日本列島の四国地方を同じぐらいの大きさのフィジーですが、人口は四国の約4分の1のフィジーには、大自然がたくさん!

主に、島々を360度囲む海を求めて、世界中から観光客が訪れます。今回は、フィジーのおすすめな自然をいくつかご紹介します。

日帰りツアーがたくさん「ママヌザ諸島」

小さな島々が集まって作られた「ママヌザ諸島」は、白浜のビーチにたくさんのヤシの木が生えている、絵に描いたようなリゾートエリアです。

美しく輝く海では、シュノーケリングを楽しんでいる観光客が多いです。

また、「ママヌザ諸島」の島々を周る日帰りツアーもたくさん!是非、憧れのリゾートライフをお楽しみください♡

海外リゾートといえば「ヤサワ諸島」

「青い珊瑚礁」で有名な「ヤサワ諸島」は、人の手があまり加わっていない、ありのままの自然が楽しめるスポットです。

上記で紹介した「ママヌザ諸島」は、設備が整っていて便利な上に、メインランドが近いこともあり、日帰りで行く観光客で溢れています。

「ヤサワ諸島」は、電気が出ないなどの不便さがありつつも、海や空気の綺麗さ、そして島全体の清潔感などはダントツです。

観光客も少ないので、ゆったりとした、落ち着いた時間が過ごせます。

なんと温泉が!「サブサブ」

シュノーケリングが楽しめるエリアとして人気のあるバトア島の「サブサブ」ですが、なんと温泉が出ているのです!

海辺から出ている湯気が温泉の目印。

日本の温泉のように、ゆっくり座って楽しめる場所はありませんが、足だけ入れてみると、冷たい海の水と、熱い温泉のお湯のバランスがとても気持ち良いです。

また、「サブサブ」の夕日も素晴らしいので、足湯に癒されながら、絶景をお楽しみください。

ネイティブな生活体験「フィジアンビレッジ」

フィジのメインランドで生活する、現地の人に仲間入り!そんな体験をできるのが、HISの旅行ツアー「プレミアム・フィジアンビレッジ体験ツアー」。

メインランドを囲むリゾート島とは違う、ローカルな体験ができます。

ツアーの予約はこちらから

「ナンディマーケット」を散策

ローカルな生活が楽しめる「ナンディマーケット」。新鮮な野菜やフルーツを求めて、朝から大勢の地元人で溢れています。

フィジーでは、バナナやパイナップル、パパイヤなどのトロピカルフルーツが格安で手に入ります!

また、マンゴーやドラゴンフルーツなどの季節の果物も。とにかく新鮮で美味しいので、是非買ってみてください。

お昼ご飯は手作り「ロボ料理」

フィジーの伝統料理「ロボ料理」を作ってみませんか?

掘った穴の中に、焼いた石を置いて、バナナの葉を敷き詰めた上に、葉っぱなどで包んだ食材を置き、更に上から土をかぶせて、数時間の間蒸し焼きにする伝統料理「ロボ料理」。

野菜やお肉、魚など、さまざまな食材で、美味しいランチを作る体験ができます。

1 2

海外旅行カテゴリの最新記事