イニスフリーパウダーの使い方21選|無限大の活用方法全て見せます!

     
イニスフリーパウダーの使い方21選|無限大の活用方法全て見せます!

粉砂糖や片栗粉のような、サラッとした肌触りのイニスフリーパウダー。

顔のテカリを抑えてくれる皮脂吸着パウダーのコスメです。

メイクだけでなく髪も体も全身に、色々な使い道たくさんあることでも知られています。

今回はイニスフリーパウダーの特徴と、便利すぎる使い方を全てまとめました♡

イニスフリーパウダーのまとめ記事はこちら♡

目次

コスメブランドのイニスフリーとは

出典:イニスフリー (innisfree) 公式サイト

まずはイニスフリーパウダーを発売している、イニスフリー(innisfree)について詳しくみていきましょう。

オーガニックコスメ好きの方は要チェックです。

自然派の韓国コスメ

イニスフリーは、2000年に誕生した韓国初の自然派ブランド。

コンセプトは「Natural Benefits from JEJU island(チェジュ島の自然の恵みをそのままに。)」

南の島にある、ユネスコ世界自然遺産・済州(チェジュ)島にある、ハーブなど天然素材をたっぷり使っていることが特徴です。

イニスフリーは、innis(イニス/島)と、free(フリー/自由) という意味が込められており、”肌に休息と与える島”を表しているブランドネームです。

肌をいたわりながら、キレイな表情を作ってくれます。2018年に日本初上陸をして、日本の女性たちにも愛用されやすくなりました。

大ヒットコスメのイニスフリーパウダー


コスメ、ボディケア、フレグランスなど900種類ものアイテムのあるイニスフリーですが、特に人気のあるのは皮脂吸着パウダーです。

イニスフリーパウダーとの愛称でも親しまれています。

イニスフリーパウダーは天然由来のミネラル成分が入っており、ベタついた肌の上からポンポンと叩いてお直しできます。

さらに、サラサラな肌に見せてくれるだけでなく、髪の毛や制汗剤のようにも使えるというのですから、驚きですよね。

ベタつく夏は、特に必須アイテムです。

イニスフリーパウダーの特徴

穴の空いた透明な中蓋があり、そこからパウダーをパフに移して使います。ベビーパウダーと同じ使い方です。

基本は真っ白なパウダーですが、キレイに馴染むので白浮きしませんよ。

【できること】

  • テカった肌をマットにしてくれるのでトーンアップ効果が期待
  • 毛穴をふんわりと隠して、マシュマロ肌に近づく
  • 【できないこと】

  • ファンデーションのようにシミなどを隠すカバー力
  • 手のひらに収まるコンパクトサイズなので、持ち歩きにもぴったり。

    パフも小ぶりですが指2本入るので、しっかりと肌にパウダーを乗せられます。

    イニスフリーパウダーの全種類


    イニスフリーパウダーは色んな種類があるので、全て見ていきましょう!

    ミントの香りがする「ノーセバムミネラルパウダー」が一番人気なのですが、その他のイニスフリーパウダーも優秀で、使い勝手がバツグンです!

    一番人気「ノーセバムミネラルパウダー」

    出典:イニスフリー (innisfree) 公式サイト

    ペパーミントカラーのパッケージがおしゃれな「ノーセバムミネラルパウダー」がダントツの人気です。

    ミントの良い香りがするので清楚感があり、肌も気持ちもリフレッシュできます。

    イニスフリーパウダー=ノーセバムミネラルパウダーと認識している方も多いのではないでしょうか。

    定番中の定番なので、初めての方はまずこちらをチェックしてみてください。

    限定パッケージが可愛い!

    イニスフリーパウダーには可愛い限定パッケージがあります♡

    こちらは「ノーセバム ミネラルパウダー」の発売13周年を記念して発売された限定デザインです。

    この可愛いウサギちゃんは、BUNNY(バニー)というネーミングで、韓国のイラストエッセイで一躍大人気になったキャラクター。

    どのイラストも魅力的で可愛いので、どれにしようか迷ってしまうかも。

    カバー力のある「ノーセバム カラーミネラルパウダー」

    出典:イニスフリー (innisfree) 公式サイト

    カバー力のない白い粉をした「ノーセバムミネラルパウダー」と違って、こちらは色がついています。

    皮脂吸着によるサラサラ感だけでなく、色調補正でトーンアップを叶えてくれますよ。

    カラーは全3色!
    ・1番Violet(バイオレット)
    ・2番Green(グリーン)
    ・3番Peach「ピーチ」

    紫色のバイオレットは、肌の黄みを補正して、くすみを減らしてくれます。血色の良い肌に見せるなら、ピンク色をしたピーチがおすすめです。

    ニキビ跡など、赤みが気になる方は、緑色のグリーンを使うとキレイに赤み補正できます。

    カバー力もあるイニスフリーパウダーが欲しい方は、こちらの3色を要チェックです。

    毛穴・こじわもカバー「ノーセバム ブラーパウダー」

    出典:イニスフリー (innisfree) 公式サイト

    「ノーセバム カラーミネラルパウダー」でカバーできない毛穴には、こちらを使ってみてはいかがでしょうか。

    こちらは自然なベージュ色をしているパウダーで、余分な皮脂を抑えるだけでなく、毛穴・こじわのカバー力もあります。

    透明感たっぷりの、陶器のようなソフトマット肌を作れますよ。

    テカリだけでなく、毛穴・こじわも気になっている方はぜひこちらもチェックしてみてください。

    潤いを残す「ノーセバム モイスチャーパウダー」

    出典:イニスフリー (innisfree) 公式サイト

    余分なテカリは押さえつつ、健康的な肌ツヤは残したままに。皮脂をコントロールして、ツヤツヤの肌に仕上げてくれます。

    特に、乾燥肌タイプの方は、「ノーセバム モイスチャーパウダー」がおすすめ。

    カバー力はありませんが、ふんわりベージュ色&皮脂吸着で、さり気なくトーンアップしてくれます。

    イニスフリーパウダーの使い方21選

    出典:イニスフリー (innisfree) 公式サイト

    それではイニスフリーパウダーの使い方を見ていきましょう!

    顔の皮脂・テカリを抑えるだけではない、意外なアイディアをご紹介します。

    基本はTゾーンのテカリ抑え

    まずは、付属のパフで軽くポンポンする基本の使い方から。皮脂やテカリの気になる部分に使えます。

    特にテカりやすい鼻筋、小鼻、おでこといったTゾーンの皮脂を吸着して、サラサラの肌に導いてくれますよ。

    ブラシを使って顔全体に


    持ち運びやすいコンパクトサイズのイニスフリーパウダーですが、逆に言うと少し小さいとの声もあります。

    顔全体にイニスフリーパウダーをつけたい場合は、ブラシを使うのがおすすめ。

    ブラシならササッと塗るだけで、顔全体につけられるので便利です。

    ただし、乾燥肌の方はTゾーン以外にイニスフリーパウダーを使うと、肌が乾燥してしまうかもしれないので、ご注意ください!

    日中のテカリを抑えるためにメイク直し


    テカリが気になる時に、メイクの上からイニスフリーパウダーをつけると、テカリを抑えることができます。

    あぶらとり紙のように気軽に使えます。

    少量のパウダーでテカリが目立たなくなるので、厚塗りの心配もありません。

    アイシャドウの崩れ防止

    出典:イニスフリー (innisfree) 公式サイト

    アイホールに塗ってからアイシャドウをすると、化粧崩れを防止してくれます。

    二重の幅にアイシャドウが溜まりやすい方も、メイク前にイニスフリーパウダーを使ってみてください。

    リップを高発色に


    リップ前にイニスフリーパウダーを使用すれば、リップの色がキレイに高発色します。

    リップが長時間持続しやすくなる効果も期待できますよ。

    ボリュームアップするマスカラ下地

    マスカラの下地にも、イニスフリーパウダーが活躍します。

    ビューラー→イニスフリーパウダー→マスカラという順番にすると、まつ毛がボリュームアップ。

    カールしたまつ毛が長持ちする効果もあります。

    しっかりとした眉毛に


    まつ毛だけでなく、眉毛に使うのもおすすめです。眉毛にイニスフリーパウダーを乗せてから、眉マスカラを塗ればしっかりとした眉毛が作れます。

    眉毛を短くしすぎた方や、立体感が欲しい方は、ぜひ取り入れてみてください。

    チークの肌なじみをよくする

    出典:イニスフリー (innisfree) 公式サイト

    肌の色にしっくりと馴染まないチークや、高発色チークが浮いて「おもてやん」になってしまったら…。

    そんな時は、イニスフリーパウダーを混ぜて使うのがおすすめです。

    キレイにふんわりと発色するので、ナチュラルに血色感をアップできます。

    リップをマットに変身

    ツヤのあるリップの上から、イニスフリーパウダーを乗せてみてください。たちまちマットなリップに早変わりします。

    軽くティッシュオフしてからイニスフリーパウダーをつけると、さらに色が長持ち。

    お気に入りのリップカラーをマットにして変化を楽しんでみてください。

    ファンデをしっかりしたマットに

    ファンデーションにイニスフリーパウダーを混ぜて使っても、マットな質感に。

    しっかりとした質感になり、カバー力もアップするのでコンシーラーの代用として使えます。

    コンシーラーのカバー力をアップ


    メイクを崩れにくくしてくれるイニスフリーパウダーは、コンシーラーの後につけるのもおすすめ。

    コンシーラーのカバー力があがるので、さらに崩れ知らずのメイクにできます。

    コンシーラーをぬった場所が小さい場合は、パフではなくて指でトントンとするとピンポイントで馴染みます。

    ドライシャンプーの代用

    頭皮のベタつきが気になる時、前髪が汗でベタベタする時。

    そういった時にもイニスフリーパウダーが活躍します。

    ドライシャンプー効果で、肌だけでなく頭皮もサラサラしてスッキリしますよ。

    ベタつく前髪をサラサラに


    汗をかきやすいおでこに、前髪がはりついてベタベタする時は、イニスフリーパウダーを使えば、サラサラの前髪に大変身!

    おでこにしつこく貼り付いてしまう前髪からすぐに解消されます!

    ヘアオイルをつけすぎた時にも


    お風呂上がりや、朝のヘアセット前に使うことの多いヘアオイル。

    髪の毛をツヤツヤにしてくれる優れものなのですが、つけすぎるとベトベトしてしまいますよね。

    そんな時もイニスフリーパウダーが活躍します。

    ヘアオイルをつけすぎた髪をサラサラにしてくれるので、ベタっと肌につかず快適です♡

    サラサラ&潤いのある手

    ハンドクリームを塗ると、どうしても手がベトベトしてしまいがち。

    そんな時はイニスフリーパウダーを少し足すだけで、サラサラな手になれます。

    潤いもサラサラも良いとこどり!手汗が気になる方も、イニスフリーパウダーで抑えることができます。

    汗をかくボディーに事前対策


    顔だけでなく、頭皮・手にも使えるイニスフリーパウダーは、もちろん体中に使えます。

    特に汗をかいてベトベトしやすい脇・首筋などにおすすめ。

    爽やかなミントの香りがするので、体のにおいを抑えるデオドラントパウダーの効果もあります。

    韓国のアイドルはダンスをする前に、イニスフリーパウダーを必ずといっていいほどつけるそうです。

    キラキラ輝くボディシマー

    デオドラントパウダーとしても使える、イニスフリーパウダーですが、グリッターと混ぜるのもおすすめです。

    イニスフリーパウダー単品では出せないキラキラ感がでます。全身を輝かせたい特別な日にぴったり♡

    余っているグリッターの活用にも良いですね。

    汗をかいた体を快適にする


    汗をかく前に使えば、肌のサラサラ感が長持ちしますが、汗をかいた後に使うにもおすすめです。

    体中がベタベタして不快な気分と、すぐにおさらばできます。

    日焼け止めのベタつきにも効果的


    日焼け止めを塗ってベタつきが気になる時も、イニスフリーパウダーをつけてみてください。

    サラッとした肌になるので、気持ちよく日中を過ごせます。

    とくにベタベタする夏はイニスフリーパウダーは必需品です!

    ポリッシュの下地


    ポリッシュには油分は大敵。

    イニスフリーパウダーを爪に塗っておけば、余分な油分をカットできるので、キレイにポリッシュを塗ることができます。

    セルフネイルをする機会が多い方は、ぜひお試しください。

    寝る前のナイトパウダー


    1日を締めくくる夜のスキンケアの、最後に乗せるナイトパウダーとしても使えます。

    ただし、イニスフリーパウダーに含まれている「マイカ」という成分は、睡眠中につけるのには良くないとの声も。

    毎日のナイトパウダーではなくて、お泊りの時のすっぴん風メイクの時だけに使ってみてはいかがでしょうか。

    1人1個は持っていたい!イニスフリーパウダー

    出典:イニスフリー (innisfree) 公式サイト

    基本はテカリを抑えるイニスフリーパウダーですが、顔がテカらない乾燥肌の方も嬉しい使い道がいっぱいあります。

    韓国では所持率がとても高くて、”国民パウダー”とも呼ばれています。

    コンパクトな見た目ですが、意外と減らないので長持ちするのが魅力♡

    ぜひイニスフリーパウダーを手に入れて、ご紹介した活用法をお試しくださいね。

    画像提供元:Qoo10

    メイク・コスメカテゴリの最新記事