夏の冷え性の原因を知って根本から対策!体ポカポカレシピも♡

     
夏の冷え性の原因を知って根本から対策!体ポカポカレシピも♡

夏なのに手や足の先が冷えてしまったり、上着が手放せない。なんて事はありませんか?それはもしかしたら冷え性の可能性があります。

女性に特に多く、現代病とも呼べる冷え性ですが、冬などの寒い季節だけでなく、夏も冷え性に悩む方は意外と多いと言われています。

そこで、夏の冷え性の原因といくつかの対策をご紹介します。

ついやってしまいがちな事が冷え性の原因にも

無意識にやってしまっている事が、実は冷え性の原因の一部になってしまっているケースもあります。

原因を知る事で根本から治す対策も取りやすくなるので、無意識に冷え性の原因となる事をやってしまっていないか、チェックしてみましょう。

原因1.冷房の効きすぎによる体の冷え

夏の冷え性の原因で一番多いのは冷房の効きすぎによる体の冷えです。外から室内に入った時に涼しいと感じる温度だと、夏は薄着な事が多いので長時間過ごすには少し冷えすぎな場合があります。

自宅にいる場合は最初に部屋を冷やして涼んだら、後は温度を1~2℃上げて過ごすのが良いとされています。

原因2.冷たい飲食物は内臓の冷えに

暑さが厳しくなってくるとつい冷たい飲み物をゴクゴクと飲みたくなってしまいますが、いつもキンキンに冷えた飲み物やアイスばかり食べるのはNG。

水分補給は大切ですが、冷たい物ばかりだと内臓を冷やしてしまい、体温の低下に繋がる事もあります。

また、胃腸が冷えて働きが悪くなり、消化不良や下痢の原因となってしまう事もあると言われているので、冷たい飲食物はほどほどにしましょう。

原因3.運動不足による筋肉量の低下

意外な原因の一つとして運動不足が挙げられます。運動不足で筋肉量が落ちてしまうと、体の熱を作り出すエネルギーが少なくなってしまい、体温の低下・冷え性に繋がる事があると言われています。冷え性に女性の方が多いのも、女性は男性に比べて筋肉量が少ないのが原因の一つ。

普段、運動をする習慣の無い方は運動不足からくる冷え性かもしれないので、自分の1日の運動量などを一度チェックしてみるのがおすすめです。

身近な事から出来る冷え性の対策 !

自分の冷え性の原因がなんとなくわかったら、それに合わせた対策を取っていきましょう!毎日続ける対策もあるので、生活の負担にならないよう簡単な事から始めて少しずつ冷え性を軽減していけるように頑張ってみてくださいね♪

冷たい物を食べ過ぎない!意識して温かいものを食べよう

夏はどうしても冷たい飲食物を摂る事が多いので、飲み物を常温にしたり、食事にスープ類の汁物を一品追加するなど、意識して温かい飲食物を摂るようにしましょう。

食材もしょうがやスパイスなど、体を温めてくれる効果のある食べ物を食べるとより効果的になります。

羽織物を1枚持ち歩いておくと便利

気温の高い外と涼しい建物内との温度調節のために、ストールや薄手のカーディガンなど、簡単に羽織れる羽織物を一枚持ち歩いていると便利です。

特に飲食店などのお店は人の出入りが激しいため、通常より冷房の温度を下げている場合が多く、思ったより体が冷えてしまう事があるので注意が必要です。

1 2

ライフスタイルカテゴリの最新記事