お部屋のカビ対策まとめ|今すぐできる予防法/超おすすめグッズとは

     
お部屋のカビ対策まとめ|今すぐできる予防法/超おすすめグッズとは

まだまだあるカビの発生スポット

クロゼットや浴室の他にも、まだまだカビが発生しやすい場所があります。

カビは、湿度やホコリなどの条件さえ揃えば、いつでもどこでも発生&増殖!発生スポットと対策をご紹介していきます。

押し入れはすのこがおすすめ


季節物の衣類や家電などを収納して、閉め切っていることが多い押し入れもカビが発生しやすいです。

押し入れの防カビ対策には、すのこを敷くことをおすすめします。幅のバリエーションが豊富なので、押し入れの広さに合わせて選びましょう。

布団はすぐに上げない


押し入れに布団を収納している場合、乾燥させてから片付けましょう。寝ている間に汗をかいた布団は、湿気を含んでいます。

すぐには上げず、掛け布団を少しずらして湿気を飛ばしましょう。

エアコンのフィルターはマメに掃除


夏冬問わずに活躍するエアコンの内部は、カビの発生スポットです。フィルターをマメに掃除することで、防カビ効果に。

内部に水分が入るとカビが発生しやすくなります。専用クリーナーを使ったりフィルターを水洗いした時などは、必ず送風運転をして完全に乾燥させてください。

冷蔵庫や家具の後ろはスペースを空けて


普段動かすことがない冷蔵庫や家具の後ろ部分は、通気性が悪くカビが発生しやすいです。

壁にぴったりつけず、掃除機のノズルが入るくらいのスペースを空けておきましょう。掃除がしやすくなるだけでなく、通気性もグンとアップします。

洗濯機の使用後は水分拭き取りを徹底

水を使う洗濯機も、カビ発生に気をつけたいところです。洗濯後は残った水分を拭き取り、扉を開けて内部の乾燥を徹底的に。

また、洗剤がカビの栄養素になることも。過剰に使わず、適量を守るようにしましょう。

気をつけたい!カビ除去のNGとは

カビを間違った方法で除去すると、逆に増殖させてしまうことにもなりかねません。カビの習性を把握して、正しくキレイに除去しましょう。

ここでは、カビ除去のNGを解説していきます。

掃除機で吸い込む


掃除機を使っている時にカビを発見したら、一緒に吸いこむと容易ですが、実はNGです!

掃除機で吸い込んだカビの胞子は、排気口から出ていきます。部屋にカビの菌をまき散らす結果に。

カビを見つけた時は、その部分は避けて掃除機をかけましょう。

雑巾での水拭きや乾拭き


水分は、ホコリ同様にカビの大好物です。水拭きをすると、カビが増殖してしまいます。

また乾拭きではカビを拭き取れず、まき散らしてしまい逆効果です。黒くなったカビを取り除いたつもりでも、目に見えないカビの胞子は周りに飛んでしまいます。

お酢はカビの栄養素

「エコ掃除」の代表的なアイテムともいえるお酢ですが、カビ除去には不向き。

お酢の原料である穀物は、カビの栄養素です。除去したつもりが、増殖させてしまうおそれも。

歯ブラシでこする


細かい場所の掃除に便利な歯ブラシもNGです。こすった部分が傷つき、そこにカビの胞子が入り込んでしまいます。

ゴシゴシこすればこするほど、奥に押し込むことに。

1 2 3 4 5

ライフスタイルカテゴリの最新記事