お部屋のカビ対策まとめ|今すぐできる予防法/超おすすめグッズとは

     
お部屋のカビ対策まとめ|今すぐできる予防法/超おすすめグッズとは

浴室はダブル換気&水滴シャットアウトでカビ対策


浴室は1年を通して最もカビが発生しやすい場所です。窓を開け、換気扇も作動させたダブル換気で効果を高めましょう。

また換気以外にも湿度を下げる方法があります。マンションなど、窓がない浴室におすすめです。

入浴後にチョットひと手間かけて


入浴後、お風呂から出る直前に温水シャワーで、カビの原因になるシャンプーや石鹸カスを流しましょう。

その後冷水に切り替えて、一気に室内の温度を下げます。急激な温度の変化は乾燥を早める効果アリです。

余裕のある方は、さらに水滴を拭き取ると、より時短で乾燥できます。

浴室ドアの通気口を利用する


「暖かい空気は下から上へ流れる」という性質を利用した換気法です。

浴室ドアの下部にある通気口を開けてドアを閉め、換気扇を回します。

下部の通気口から空気が入り、上部の換気扇から出ていく流れを作ることによって、浴室内の湿度を下げます。

浴室ドア全開はカビ発生の原因にも

 
入浴後に換気のためにドアを全開することがありますが、それが洗面所や廊下などのカビ発生の原因になることも。

お湯を使う入浴は、湯気が立ちこめます。ドアを全開すると、その湯気が周りの洗面所や廊下に行き渡り、カビが発生しやすい環境に。

入浴後は浴室の水気を素早く拭き取り、換気をすると湿度が下がります。

浴室のカビ除去には重層&クエン酸


浴室にできたカビは、皮脂汚れや水あかなどが原因となっています。それらを落とすには重層とクエン酸がおすすめです。

皮脂汚れには重層、水あかにはクエン酸が効きます。重曹はカビにそのままかけて使いますが、クエン酸は水に溶かしてスプレーとして使うのが効果的。

クエン酸スプレーはカビ予防にもなるので便利です。

黒ずみが気になる時はカビ取り剤で漂白


重曹やクエン酸でカビは除去できても、黒ずみが残ることがあります。特に頑固なカビはなかなか落ちにくいです。

そんな時は、漂白剤入りのカビ取り剤がおすすめ。ただ重曹やクエン酸との併用は、有毒物質が発生するため厳禁です。

日々の掃除には重曹&クエン酸、念入りに掃除をしたい時には漂白剤入りなどその都度使い分けをするようにしましょう。

カビ除去の後は予防剤で再発防止対策♪

カビを除去した後は予防剤も忘れずに。

こちらの予防剤は浴室用以外にも押し入れや下駄箱、シンク下などシリーズで出ているのでおすすめです。

1 2 3 4 5

ライフスタイルカテゴリの最新記事