寝苦しい夏の夜に役立つ冷感睡眠グッズ6選 &良質な眠りのコツ3つ

     
寝苦しい夏の夜に役立つ冷感睡眠グッズ6選 &良質な眠りのコツ3つ

だんだん暑さが本格的になってきて湿気や気温の高い日が増えてきました。そうなると気になってくるのが「熱帯夜」ですよね。すでに暑さで寝苦しい夜が増えてきているのではないでしょうか?夏バテ解消の為にもしっかりとした睡眠は大切です。

そこで夏の夜におすすめの睡眠グッズと気持ち良く眠りにつく為のコツをご紹介します。

寝苦しい夜も夏用寝具で暑くても寝心地Good!

皆さんは夏と冬で寝具を変えていますか?。最近の寝具は冷感タイプや肌触りのなめらかなものなど、季節に合わせた夏用寝具が数多く販売されています。

体感温度を下げてくれるような寝具を使えばエアコンを使う頻度が減るので省エネにもなりますね。まだ夏用寝具を使ったことのない方は今年の夏から試してみてはいかがでしょうか?

特殊素材で冷んやり感が長持ち|eccol冷感敷きパッド

出典:【楽天市場】MODERN DECO

熱伝導率の高い特殊な生地を使った敷きパッドなので、寝たすぐその後から体のひんやりした心地よさが実感できます。敷きパッドの中身はコットン100パーセントで、寝汗をしっかり外に逃がします。

ecoolひんやり冷感敷きパッドの詳細はこちら

ジェルだから可能な冷たさ!冷感納涼。

冷感素材の寝具は布製品が多いですがこちらはジェルを使用しているので、体感温度の冷たさは抜群!暑がりな方でもエアコン無しで眠れたとの口コミが数多くある優秀アイテムです。

敷くだけで簡単に使えるので、日中はソファなどのリビングに、夜はベッドに敷いてとマルチな使い方も出来ますね。

バラエティ豊富な冷感寝具|ニトリ Nクール シリーズ

バラエティ豊富な夏用寝具の展開で人気の高いニトリの「Nクールシリーズ」。数多くある夏用寝具の中でも比較的安価で手に入るのが嬉しいポイント。

敷きパッドやタオルケット、枕・布団カバーなど一式の寝具がNクールシリーズで展開されているので、使いたい部分だけからシリーズ使いと、自分に合わせた使い方が出来るのが魅力の一つです。

ニトリ Nクールシリーズの詳細はこちら

寝具だけじゃない幅広い商品展開

Nクールシリーズは寝具だけではなく、抱き枕ぬいぐるみやベビーカーシート・スリッパなど、バラエティ豊富な商品展開が人気の一つ。

中でもワンちゃん、猫ちゃん用の「Nクール ペットベッド」が大人気!暑い日にはペットも気持ちよく寝かせてあげたいですよね。今年の夏はペットと一緒に快適な夜を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

首元冷んやりで気持ちいい|ダイソー クールピロー

冷感まくらは数多く販売されていますが、ダイソーからも冷感まくらが登場。小さめサイズなので、普通のまくらに重ねて使ったり、お子様にも使いやすいサイズです。プチプラで手に入るのが一番嬉しいポイントですね♪

首元を冷やす事で体感温度を下げてくれる

首や脇の下などの太い血管が通っている箇所を冷やすと体全体の温度を少しづつさげてくれるので、暑い夜に程よい体温調節となります。

この体温を下げる方法は熱が出た時などにも応用出来るので、冷却ジェルやクールピローは一つあると安心なアイテムですよ!

冷房家電で快適な温度に

暑さの厳しい夜はエアコンを付けて寝たいところですが、電気代もかさばる上に寝冷えも気になりますよね。

エアコンの冷気に長時間当たっていると体の不調の原因となってしまう事もあるので、使いすぎには注意が必要です。寝る時はエアコン以外の空調で快適な温度に保つようにしてみましょう。

湿度の高い時の救世主!|シャープ プラズマクラスター 除湿機

 

出典:amazon.co.jp

寝苦しさの原因は暑さ以外にも湿度が関係しています。湿度が高いとベタベタとした汗が出やすくなり、寝苦しさを感じてしまいます。

「気温はそんなに高くないのになんだか寝苦しい」という時は湿度の高いサインかも。除湿機を使えばピンポイントで湿度を下げてくれるので、梅雨時にぴったりのアイテムです。

部屋干しの多くなるこの時期におすすめ

衣類乾燥用に作られている除湿機なので、部屋干しの多くなる梅雨時にぴったりのアイテムです。部屋干ししたお部屋は特に湿度が高くなってしまうので、寝室で部屋干ししている場合は寝苦しさの原因にもなってしまいます。

除湿機を使えば洗濯物も早く乾く上に、部屋干し特有の生臭さも抑えてくれるので、一台あると大活躍してくれますよ♪

新しい形の扇風機|ダイソン タワーファン

出典:Dyson

羽が無いけどパワフルな風をしっかり部屋に送ってくれる新しいタイプの扇風機。縦型なので場所を取らず、どこでも設置する事が出来ます。

首振り機能、タイマー機能などが搭載されているので、寝る前に付けていても消し忘れの心配は無用。お掃除はさっと拭くだけなので、お手入れの簡単さもおすすめポイントの一つです。

ダイソン タワーファンの詳細はこちら

羽が無いから子供やペットも安心♪

小さいお子様やペットのいるご家庭では、羽のある扇風機だとファンの部分手を巻き込まれてしまったり、思わぬ事故が心配ですよね。こちらのタワーファンなら誤ってお子様が手を触れてしまっても怪我の恐れが少ないので、寝る前でも安心して使用出来ますね。

空気を循環させて快適な温度を保つ|パナソニック 創風機Q

出典:amazon.co.jp

空気を効率よく循環させるのに特化した独特な形状をしたサーキュレーターです。直進性のパワフルな風が部屋の中の空気を万遍なく循環させる事で温度のムラを無くし、過ごしやすい温度を保ってくれます。

もちろん扇風機としても使用可能で、最大360度回転してくれるので移動する事なく狙った位置に風を送る事が出来ますよ。

パナソニック 創風機Qの詳細はこちら

マルチな使い方の出来る空調家電

エアコンやその他空調家電で電気代の高くなりやすい夏は出来るだけ節電したいものですよね。

サーキュレーターとしてだけではなく、扇風機・天井扇など、あらゆる使い方で活躍してくれて一台あれば他の空調家電を使わなくても大丈夫なので省エネ・節電にも繋がりますね!

寝苦しい時に試してほしい「すんなり眠りにつく3つのコツ」

暑さだけではなく疲れや体調など、さまざまな原因が重なってなかなか寝付けない日もありますよね。そんな時に試してほしい「すんなり眠りにつくコツ」を3つご紹介します。

夏用の睡眠グッズと併用して試してみると、いつもより気持ちよく眠れるかもしれませんよ♪

1.湯船に浸かって体を温める

暑苦しい夜に寝付けない原因は体の体温が下がらないためと言われています。人は体温が下がる時に眠気が強くなるので、気温の高い日はしっかりと体温が下がらず、睡眠が浅くなったり寝付けなくなる事が多くなるそうです。

なので、夏こそ湯船にしっかりと浸かって体温を上げる事で、眠る時に体温が下がって眠りにつきやすくなります。寝る直前に入ってしまうと逆に目が冴えてしまう事があるので、浸かるタイミングは眠りにつく1~2時間前がベスト!

2.冷えすぎに注意!エアコンは寝付く前に使用する

特に暑い日にはエアコンをつけたまま眠る方も多いですが、設定温度に注意が必要です。起きている時と同じ温度にしていると冷えすぎて寝冷えの原因になってしまう事があるので、寝る時に使用する際は起きている時より1~2℃高い設定がおすすめです。

寝る前に部屋を快適な温度に冷やしておいて就寝時に消すようにすると、徐々に気温が上がっていき、体温と同時に自然な温度変化にしてくれます。

3.深い呼吸を意識してリラックス

眠りの浅い方やなかなか寝付けないという方は布団に入っても体が日中の緊張状態になっていてしっかりリラックス出来ていない事が多いと言われています。

布団に入ってから深い呼吸を意識しているとだんだんと体がリラックスしてきて眠りにつきやすくなりますよ♪

夏用睡眠グッズで寝苦しい夜から解放♪

夏バテや熱中症など暑さで体調の崩しやすい季節だからこそ、しっかりとした睡眠で体調を整えておきたいですよね。暑さで寝苦しい時は寝具一つを変えるだけで快適に眠れる事もあります。季節に合った寝具や家電を使って快適な睡眠をとれるよう、色々と試してみてくださいね♪

こちらの記事も読まれています



 

ライフスタイルカテゴリの最新記事