鎌倉へ紫陽花を見に行こう♪絶対おさえておきたい名所6選

     
鎌倉へ紫陽花を見に行こう♪絶対おさえておきたい名所6選

梅雨時期になるときれいに咲いて華やかに彩る紫陽花!中でも「紫陽花と言えば鎌倉」と言われるほど鎌倉には紫陽花の名所が沢山あります。

鎌倉観光をしながらこの時期だけの特別な景色も楽しめます。そんな鎌倉の紫陽花の名所と見どころをご紹介します。

1.由比ヶ浜を望む紫陽花の名所/長谷寺(はせでら)


出典:鎌倉 長谷寺

江ノ電長谷エリアで高徳院の“鎌倉大仏”と並ぶ人気の観光スポットである長谷寺は1年を通して藤やツツジなど様々な花が楽しめると有名です。

中でも紫陽花の時期は整理券が配布されるほど参拝客が集まります。

鎌倉有数の紫陽花の名所“眺望散策路”


出典:鎌倉 長谷寺

長谷寺の経蔵裏にある眺望散策路は「観音山あじさい路」呼ばれ、2500株を超える色とりどりの紫陽花が植えられています。

あじさい路の上段からは由比ヶ浜の海を眺めることもできる絶景スポットでもあります。

例年5月中旬からヤマアジサイなどが咲き始め、6月中旬ごろに見ごろを迎えます。

長谷寺
【住所】神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
【アクセス】江ノ電「長谷駅」より徒歩5分

長谷寺の詳細はこちら/鎌倉 長谷寺

2.落ち着いて鑑賞できる/光則寺(こうそくじ)

長谷寺から徒歩3分ほどの光則寺。1274年創建の日蓮宗の寺院で、鎌倉の花寺としても有名。

梅雨時期の紫陽花や、春のカイドウ、夏の藤など四季折々の美しい光景が楽しめるスポットです。

風情ある景色になじむ紫陽花

長谷寺に比べると混雑は少ないのでゆっくりと落ち着いて紫陽花を鑑賞することができる穴場スポットとしても知られています。

約200種類の紫陽花が植えられていて、6月中旬ごろに見ごろを迎えます。

両側に紫陽花が咲き誇る土牢石段や、本堂横の庭園など鎌倉らしい景色と共に紫陽花が楽しめます。

光則寺
【住所】神奈川県鎌倉市長谷3-9-7
【アクセス】江ノ電「長谷駅」より徒歩6分

光則寺の詳細はこちら/鎌倉市役所 かまくら観光

3.参道に紫陽花が咲き乱れる/明月院(めいげついん)

北鎌倉にあり、紫陽花寺としても知られる明月院は長谷寺・成就院と並んで鎌倉の「アジサイ三大名所」の一つと言われています。

方丈の丸窓「悟りの窓」などの景色も有名ですが、5月下旬から7月上旬までの紫陽花の時期には境内に約2500株の紫陽花が彩ります。

明月院ブルーと呼ばれる青一色の世界に

明月院に咲く紫陽花はほとんどが「ヒメアジサイ」で、境内は淡い青色の花で染まります。

この光景を「明月院ブルー」と呼ばれるほどの美しさで、特に山門前の参道は人でにぎわいます。

明月院
【住所】神奈川県鎌倉市山ノ内189
【アクセス】JR横須賀線「北鎌倉駅」から徒歩10分

明月院の詳細はこちら/鎌倉市役所 かまくら観光

4.絶好の撮影スポット/御霊神社(ごりょうじんじゃ)

境内の目の前を江ノ電が走る御霊神社は撮影スポットとしても人気。紫陽花の時期には江ノ電と紫陽花を一緒に撮影できると更に人でにぎわいます。

撮影する場合にはマナーとルールを守って安全に行いましょう。

もう一つの見どころ「紫陽花小道」

社殿背後には「紫陽花小道」があり、カラフルで様々な紫陽花が植えられています。見ごろは6月中旬から下旬です。

御霊神社
【住所】神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9
【アクセス】江ノ電「長谷駅」から徒歩5分

御霊神社の詳細はこちら/神奈川県神社庁

こちらの記事も読まれています

1 2

旅行カテゴリの最新記事